【Xiaomi Redmi Go 開封レビュー】発展途上国向けの端末をゲットしました!

Xiaomi-Redmi-Go-サムネイル

提供:GearBest

発展途上国向けのスマホ

発展途上国向けのスマホってすごい気になりますよね。
じつは、あのPocophone F1も発展途上国向けのスマホなんですよ。
発展途上国向けだからこそ、無駄な機能は一切入っておらず、むしろ僕たちにとってもメリットが盛りだくさんだったりするんです。

そして、発展途上国向けのAndroid GOというAndroid OSを搭載したスマホがXiaomiから登場したのでご紹介いたします。

【GearBest】Pocophone F1

 

Xiaomi Redmi Go

【GearBest】Xiaomi Redmi Go

【GearBest】Xiaomi Redmi Go で検索

Xiaomi Rdmi go

 

スペック

基本情報
製品名 Xiaomi Redmi Go
発売日 2019年2月頃
OS Android 8.0
Antutu 約32,000点
デザイン
本体サイズ 70.1 mm x 140.4 mm x 8.4 mm
┣ 重量 137 g
┣ 材質 プラスチック
┗ カラー ブラック
ブルー
画面サイズ 5インチ
┣ 解像度 1280 x 720 px
┗ 比率 16:9
ハードウェア
CPU Qualcomm Snapdragon 425 MSM8917
ARM Cortex-A53
┣ 周波数 1.4 GHz
┗ コア数 4コア
GPU Qualcomm Adreno 308
RAM 1GB
ROM 8GB
認証センサー なし
USBタイプ microUSB
microSDスロット あり
3.5mm Jack あり
カメラ
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
通信
対応バンド LTE: B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 28 / 38 / 40
WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B8 / B20
GSM: B2 / 3 / 5 / 8
┣ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1
GPS A-GPS
Beidou
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 3000mAh
急速充電  
その他
付属品 Cell Phone: 1
Charger: 1
SIM Needle: 1
USB Cable: 1
その他特徴 ゴリラガラス3

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
   
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

Xiaomi Redmi GoはAndroid GO OSに対応したスマートフォンです。
Android GOというのは、発展途上国向けの超低消費データ通信に対応したアプリが使えるOSです。
そのため、インターネットのスピードが激遅でも、快適に使える設計になっているのです。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (1)

 

全体的なスペックは低いのですが、その分お値段が激安です。
当然ゲームを快適に遊ぶ用の端末ではございません。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (2)

 

画面サイズは5インチと最近のスマホとしては小さめです。
iPhone 8より少し大きめの大きさとなります。

Xiaomi Redmi GO:70.1 x 140.4 x 8.4 mm
iPhone 8:67.3 x 138.4 x 7.3 mm

Xiaomi Redmi GO 特徴 (3)

 

カメラ画質もそこそこですが、Xiaomiはカメラのソフトウェア技術は世界一なので、少し期待してしまいます。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (4)

 

スピーカーはこの価格なので、期待はできないですが、本人は自信満々です。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (5)

 

バッテリー容量は、一般的な3000mAhです。
ただし、OSが超軽量なので、最大10日間のスタンバイに対応しているとのことです。
スタンバイなので、通常使用時の時間ではないですが、普通のスマホよりは長持ちしそうです。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (6)

 

Xiaomi Redmi GOのROM容量はわずか8GBしかありません。
しかし、通常のAndroidとは全く異なるOSなので、単純比較はできません。
Android GO OSの容量も小さく、Android GO専用アプリも非常に軽量です。

Android 8.0:約5.5GB
Android GO 8.0:約3GB

さらに、Android GO用のYouTubeアプリ(YouTube GO)は動画のダウンロードにも対応しています。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (7)

 

Android GOのスマートフォンはCPUが貧弱です。
ただし、OSやアプリの機能を絞っているので、問題なく動くよう設計されています。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (8)

 

そして、NanoSIMカード2枚を使いながら、microSDカードも使えるトリプルスロット対応となっています。
ROM容量が8GBしかないので、microSDカードは必須ですね。

Xiaomi Redmi GO 特徴 (9)

 

動画

▼特徴まとめ開封動画

YouTube

 

▼検証動画

YouTube

 

ネット上の声

  1. 価格の割に素晴らしいビルドクオリティーです。まともなバッテリーでまともなカメラもついています。アプリ切り替えもスムーズでストレージも十分です。
  2. 祖父母のために買いました。ちょっと電話をかけたり、ちょっとインターネットをするには最適です。
  3. この小さな電話が大好きです。動作もスムーズです。手に持ちやすく、画面は明るくくっきりしていてスピーカーは十分に大きいです。
  4. 私の父のためにこのスマホを買いました。手の小さな父はこの端末が気に入ったようです。
  5. 価格が安く素晴らしいスマホです。動作もちゃんとしていて、バッテリーの持ちも素晴らしいです。とても満足しています。

 

ポイント

良い点

  1. 超激安
  2. 思いの外スムーズに動く
  3. 画面は十分に綺麗で明るい
  4. スピーカー音質が結構良い
  5. 専用のGOアプリが使える
  6. 案外カメラがきれい
  7. 小型軽量

気になる点

  1. YouTube GOアプリでダウンロード機能が使えなかった
  2. ゲームを遊ぶのは厳しい
  3. 指紋認証なし

 

まとめ

思ったよりもサクサク動いてくれました。
Antutu3万点とRAM1GBというスペックだけを見てしまうと、もっさり感が半端ないと思ってしまいがちですが、OSやアプリが軽量化されているので、動作はスムーズです。
ハイスペックスマホの方が更にスムーズですが、これなら普通の人は問題なく使えることでしょう。

ゲームは無理ですね。
軽量そうなアプリも結構もっさりとしてしまいます。
ROM容量が8GBしか無いため、ゲームをインストールするスペースがそもそもあまりありません。

このスマホを使って使えるおすすめの機能はこちらです。

  • 検索
  • YouTube
  • ゲーム以外のアプリ

GO専用アプリを使うと、データ通信量を節約できるので、400円くらいの格安SIMを入れて使うのに良いかもしれません。

【GearBest】Xiaomi Redmi Go

【GearBest】Xiaomi Redmi Go で検索

コメント