2万円の結構安いTECLAST M40Sを開封して使ってみた。

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今回は、TECLAST M40Sを開封して使ってみました!

提供

TECLAST M40S 記事一覧

TECLAST M40S 記事の一覧はこちら

TECLAST M40S

スペック

基本
ブランド Teclast
シリーズ Teclast M
型番 台电M40S
OS Android 11
SoC UNISOC Tiger_T610
ROM 128GB(eMMC)
RAM 4GB(LPDDR4)
発売日 2022年06月30日
発売時価格 14,000円
本体
サイズ 243 x 163 x 9.3 mm 520g
カラー ブラック
ディスプレイ
解像度 1920 x 1200
サイズ 10.1 インチ (IPS) (21.8×13.6 cm / 8:5)
リフレッシュレート 60 Hz
インカメラ位置 ベゼル
バッテリー
容量 6000 mAh
充電 有線 10W
アウトカメラ
カメラ1 500 万画素, 通常レンズ
インカメラ
カメラ1 200 万画素, 通常レンズ
ネットワーク
WiFi a / b / g / n / ac
SIM
サイズ nanoSIM
枚数 2
DSDS Volte
機能
GPS A-GPS, GPS
Bluetooh 5
USB USB Type-C
MicroSD, 3.5mm ジャック
情報
公式サイト https://www.teclast.com/zt/M40s/
中国版
799元(約1.4万円)

引用:スマホ博物館

 

開封

まずは、パッケージからチェックしてみましょう。

 

TECLAST M 40S タブレット 10インチ 新品

 

型番は、U3092139PVみたいです。

 

きれいなパッケージです。

 

裏面

 

蓋を開けると、内側にスポンジが入っていました。
梱包は問題無さそうです。

 

付属品は、充電器とUSB Cケーブル、SIMピンが入っていました。

 

充電器は5V 2A 10Wのものです。

 

マニュアル

 

裏面には保護フィルムが貼られていました。

貼ったままでも良いかもしれませんが、剥がしてみました。

 

技適マークはシールで貼られていました。

 

カメラは四角いデザインでした。

 

カメラ画質は、必要最低限です。
暗い部屋でカメラアプリを開いた画像ですが、ノイズが凄いです。
初期カメラアプリは、ほぼ機能が無く、動画撮影機能も搭載していないほど、全く力を入れていませんでした。

 

インカメラも同様です。
つまり、本当に必要最低限ということです。

 

右側面には何もありません。

 

下側面にはスピーカーが2つありました。

 

ステレオ確認してみたところ、きちんとステレオになっていました。
そして、音質に関しては、想像以上に良かったです!
2万円のタブレットの音質は、基本的に良くなくて、シャリシャリ音が強くて、ひどいと音割れもするレベルです。
しかし、このTeklast M40Sは低音こそほとんどないですが、普通に聞ける高音質でした。
最大音量も大きくて、スピーカーに結構力を入れて作られていると感じました。

 

左側面には、USB Cポート、マイク、音量ボタン、電源ボタンが搭載していました。

 

格安タブレットですが、充電ポートがUSB Cなのは嬉しいですね。

 

電源ボタンと音量ボタンはガタツキもなく押しやすいです。

 

上側面には3.5mm JackとSIMカードスロットが搭載していました。

 

3.5mm Jackがあれば、有線ヘッドフォンを繋げて利用できます。

 

ご自宅のスピーカーと繋げれば、超高音質で音楽や映画も楽しめます。

 

SIMカードとmicroSDカードにも対応しています。

 

デュアルSIMに対応し、Volteにも対応しています。

 

ドコモ 5GのSIMを入れて使ってみます。

 

なんの設定もせずに、インターネットに繋がりました。

 

4Gアンテナも立っています。
ただ、プラチナバンドには非対応なので、電波強度は低めです。

 

4G回線による通話のボタンもあるため、きちんとVolteにも対応しているようですが

 

電話をしてみても繋がりませんでした。
また、通知バーにVolte表示もされませんでした。
なぜかは不明なので、もし通話したい場合は、Volte非対応でも使えるSIMを使ったほうが良いのかもしれませんが、そもそもドコモ 5G SIMはVolteに対応していないと、データ通信もできないはずなので、よくわかりません。

 

タブレットの表面には保護フィルムが貼られておりました。

 

表面のを1枚剥がすと、1枚残るタイプでした。

 

ベゼルは太めですが、持ちやすいとも言えます。

 

インカメラ部分はきれいに保護フィルムが避けられていました。

 

カドッコはこんな感じです。

 

それでは、起動させて使ってみましょう!

 

日本語にはしっかり対応していました。

 

初期セットアップ後のホーム画面はこんな感じです。
Android 11のベーシックな画面です。

 

タブレットなので、横表示にも対応しています。

 

ストレージ容量は128GBあるので、たくさんデータを保存できます。

 

ベンチマーク

Antutuスコア(9.4.1)の点数は
合計:196,609点
CPU:65,015点
GPU:31,922点
MEM:38,539点
UX:61,133点

 

ストレージテストの点数は6765点

 

Geekbench 5.4.4のスコアは
Single:349点
Multi:1228点

 

Valkanのスコアは795点

 

Widevine

WidevineレベルはL1なので、Amazon primeなどは高画質で視聴できません。
SD画質での視聴になります。

 

ファーストインプレッション(第一印象)

2万円の格安中華タブレットという所で、全く期待していなかったんですが、思いの外動作は問題なく、スピーカーの音質がとても良くてびっくりしました!

筐体のデザインはよくある格安中華タブレットでした。
金属筐体らしいのですが高級感は感じられませんでした。

動作に関しては、2万円としては案外よく動いてくれると思いました。
Antutuテストだと19万点あるため、妥当な結果ですね。
アクションゲームは厳しいですが、ポチポチゲーなら普通に遊べました。

そして、スピーカー音質に関しては、想像以上に良かったです。
これなら、アニメ、映画、YouTubeを見るように購入してOKなタブレットといえますね。

同じ様なタブレットとしては、Amazon Fire HD 10タブレットがありますが、次回はそれと比較してみようと思います。

TECLAST M40S 記事一覧

TECLAST M40S 記事の一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました