【DLPミニプロジェクター】この小ささなのに、普通に使える高出力!(使ってみた編)

このサイズなので、普通のプロジェクターとは比較にならないほど出力が低いのかと思っていましたが、全然違いました!

1万円以下の大型プロジェクターと同等かそれ以上のスペックがありますよ!

DLPミニプロジェクター

手のひらサイズのミニプロジェクターがあると、どんなところも一瞬で映画館にすることができちゃいます。

microUSBからの充電にも対応しているので、バッテリー切れの心配もありません。

そして、価格もプロジェクターとは思えない低価格を実現されたため、お手軽に使うことが可能になりました。

 

ミニサイズ

普通のプロジェクターの1/10くらいのサイズしか無いので、本当に小さいです。

 

今回実際に使って見たとこの状況は以下のとおりです。

距離:3m

スクリーン:横111cm 、縦63cm 、斜め130cm、

スクリーンサイズ:約50.1インチ

 

 

動画

🔴こんなに小さなプロジェクターって見たことある!?

 

 

まとめ

この小ささではありますが、しっかりとしたパワーが備わっていました!

想像以上に強い光が出てくれているので、部屋が少し明るくても見えますよね。

部屋を真っ暗にしてしまえば、普通のプロジェクターとして全く問題なく使うことができます。

 

起動スピードも早いのと、バッテリーも搭載しているので、即座に使うことができました。

連続で40分使用することができるので、ちょっとしたホームビデオを見るならこれ一つだけで使えますよね。

長く使いたいときも、スマホ用の充電器と接続したり、コンセントがなくてもモバイルバッテリーで充電ができるので、利便性は抜群です。

 

スピーカーの音質はあまり良くはないので、外部スピーカーがあったほうが良いですね。

プロジェクターの横に座って、二人くらいで見るなら、内部スピーカーでも十分かと思いました。

外部スピーカーに接続して使うと、本格的なプロジェクターと同じように使うことができました。

 

次回は詳細な使い方を解説しようと思います。

 

つづき

【DLPミニプロジェクター】関連記事・まとめ・リンク集

コメント

  1. ぐー より:

    スマホ入力あれば神なのに

  2. Kazuhiro kazuhiro より:

    ぐーさん、こんにちは。

    そうですね。
    外部入力が無いのが唯一の欠点ですね。
    その分価格を抑えているのかと思います。
    ストリーミング再生がリアルタイムで表示できないのは利便性が下がりますね。