Android搭載のプロジェクターって実際どうなの???【TOMTOPプロジェクターセール】

Android搭載のプロジェクターってあるじゃないですか。

すっごい憧れるんですが、普通よりも高いんですよね。

実際、選ぶメリットってあるんですかね?

その辺を調べてみました。

TOMTOPとは?

tomtop top

中国を拠点とする海外ガジェットをたくさん扱う通販サイトです。

TOMTOPは2004年から創業していて、元はAlibabaでの販売店舗として活動していたようです。

業界最安値を目指しているらしいので、価格のチェックはしておきたいところです。

【TOMTOP】トップページ

 

XGIMI

Android搭載プロジェクターで有名なメーカーと言えば、XGIMIです。

XGIMI(エックスゲェミィ、エックスジェイミ)というメーカーは2017年1月5日にラスベガスにて開催された、国際家電見本市にも出店したメーカーです。

そのため、謎の激安中国メーカーとは一線を画するメーカーです。

2017-9-18_10-40-35_No-00

 

XGIMIの本社は中国でメンバー7人も中国人です。

2017-9-18_10-44-40_No-00

 

XGIMI プロジェクター

現在XGIMIは3つの種類のプロジェクターを作っています。

それぞれを簡単にご紹介します。

 

XGIMI H1

1つは、家庭据え置き型のAndroid搭載プロジェクターです。

【TOMTOP】XGIMI H1

2017-9-18_10-49-22_No-00

 

AndroidOSをカスタマイズした、独自のOSになっていて、リモコン操作がしやすくなっています。

Google Playは使えないみたいですが、Fire OSのように独自のストアーはあるみたいです。

そのため、普通のプロジェクターよりも汎用性は高いですね。

YouTube等のアプリは最初から入っているみたいなので、プロジェクター単体で映像を楽しむことが出来るみたいですね。

How To Use XGIMI H1 DLP Projector

 

また、Fire OSと同じようにGoogle Playストアーを無理やりインストールすることが出来るみたいなので、色々カスタマイズはできそうですね。

Ставим на проектор XGIMI Google Play и русскую клавиатуру

 

普通のプロジェクターでは、スマホやタブレットを接続させる必要がありましたが、これは、単体で楽しむことが出来るので、使い勝手は格段に良さげですよね。

また、Harman/Kardonの大迫力のスピーカーも搭載しているので、スピーカー代金も込みの金額ということになります。

そして、最大スクリーンサイズは最大300インチとかなり大きく出来るみたいです。

数万円のプロジェクターとはスペックが根本的に違う、ということですね。

 

XGIMI Z4 Aurora

もう1つは、持ち運び可能な薄型Android搭載プロジェクターです。

【TOMTOP】XGIMI Z4 Aurora

2017-9-18_10-49-29_No-00

 

薄型になりました。

XGimi Z4 Aurora review: Android home projector awesomeness

 

 

3つ目は、持ち運び可能な薄型プロジェクターXGIMI X4 Airです。

2017-9-18_10-50-13_No-00

 

ポケットにも入るサイズまで小型化されました。

XIAOMI – XGiMi Z4 Air Multimedia projector. Review $408

 

まとめ

現在、XGIMIのセールが開催中なので、興味のある方はチェックしてみてもいいかと思います。

プロジェクターとしては、高級機になりますが、その分スペックはかなり高いので、日本で販売されているような高級プロジェクターを検討していた人は、こちらのモデルを検討して見る価値があるかと思います。

普通のプロジェクターよりも、Android搭載で単体でも使用できたほうが、圧倒的に実用的ですからね。

プロジェクター単体で、迫力のあるスピーカーとAndroidが全部セットになっているのは、設置するという面でも便利ですよね。

【TOMTOP】XGIMIセール

 

日本でメジャーなモデルと比較してみるのも良いかもしれませんね。

【価格.com】プロジェクターランキング

コメント