【Windows10】標準の新機能「付箋」がびっくりするほど便利だった!

Windows10の最新バージョンにすると、画面にお絵かきが出来たり、3Dペイントというお絵かきソフトが増えています。

そして、ボクにとって最も便利につかえている機能が「付箋」でした。

Windows10 付箋とは?

ここ最近配信された、Windows 10 Creators Updateという最新のWindows10にすると(無料)、Windows Vista?の時に使えた付箋機能がまた使える用になります。

当時の付箋はサイズが小さくて、なんだかイマイチ使いづらかったのですが、Windows10の付箋ではシンプルで動作も軽いため、非常に使い勝手が向上していました。

 

使ってみた

最新のWindows10にアップデートすると、自動的に右下に新しいマークが追加されています。

ペンで線を書いている様なマークです。

2017-6-10_20-50-21

 

そこをクリックすると、付箋とスケッチパッド、画面スケッチというのが表示されます。

スケッチパッドは簡易ペイントソフトで、画面スケッチはいま表示している画面にお絵かきをして画像として保存できる機能です。

migisita

 

現在ボクが使っている付箋はこんな感じです。

書いているところは消していますが、ブログの記事案やTodoなどを書いています。

常に画面に表示されて、Windowsが起動すると自動的に書いていた内容が表示されるので、手間入らずです。

デュアルディスプレイ環境で使っているので、邪魔ではありませんが、画面が1つだとじゃまになるかもしれませんね。

当然最小化も出来ます。

Windows10 付箋

 

付箋で出来ることは、サイズ調整と色を変えることだけです。

文字のフォントを変えたり、サイズを変更することも出来ません。

書いた文書を保存することさえ出来ず、一度消してしまうと復元すら出来ません。

husen

 

まとめ

本当に極限まで簡易的にした付箋だと思います。

それ故、起動していても重たいと思うこともなく、快適に使えています。

機能がないお陰で、非常にわかりやすいというのが使いやすいポイントかもしれません。

 

ボクの壁にはホワイトボードが貼ってあるんですが、それよりも手軽に書いたり消したりが出来るので、すごい便利です。

今までは、Google Keepを使っていたりもしたんですが、Google Keepを起動(アクセス)するのが案外手間で、時間がかかるので、この付箋はかなり便利です。

手で文字を書くよりも、打ったほうが速いですし、消すのも簡単です。

 

Windows10でいろいろな機能が加わりましたが、案外この機能がボクの中で最高に便利だと思いました。