楽天Wi-Fiポケットの接続台数を無限にして、家の固定回線として活用する方法

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今回は、お好きなポケットWi-Fiやスマホのテザリングの接続台数を無限にする方法をご紹介します。

接続台数は制限がある

フレッツ光などを契約して、無線LANルーターを使って家のインターネット環境を作れば、接続台数は特に気にする必要はありません。
ハイスペックな無線LANルーターであれば数十台、ものによっては制限なしで接続可能です。

例えば我が家では、「TP-Link Deco M9 Plus」という無線LANルーターを使っており、接続台数の制限はありません。

TP-Link Deco【Amazon】

TP-Link Deco M9 Plusの開封レビュー【スペック情報と特徴まとめ】

 

しかし、楽天Wi-Fiポケット(各種ポケットWi-Fi)やスマホのテザリングの接続台数は8~10台程度であり、たくさんの機器を接続することはできません。
スマホ、パソコン程度であれば、それでも困りませんが、数人家族で暮らしている場合は、接続機器が増えて、さらにIoTなども接続してしまうと10台以上になってしまうでしょう。
また、我が家のエリアはフレッツ光未対応エリアであり、ポケットWi-Fiでインターネットをするしかない環境となります。

 

今回は、ポケットWi-Fi(スマホのテザリングも含む)を家庭用の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)に接続して、Wi-Fi接続台数を無限台にする方法をご紹介します。

 

完成図

まず、僕の家のWi-Fi利用環境をご紹介します。
リビングの真上の2階部分が最も電波の受信感度が良いため、2階窓際に楽天Wi-Fiポケットを設置しております。倉庫にWi-Fiルーター本体を置き、リビングの玄関側にもメッシュWi-Fiである増幅器を設置することにより、画像右の家の外まで電波が届くようになります。

ポケットWiFiは電波の出力が弱いため、1台では家全体のをカバーできないため、WiFiルーターを設置することは接続台数だけでなく、電波の増幅という意味でもメリットがあります。

 

使用機材

  1. 楽天Wi-Fiポケットなど、ご契約しているポケットWi-Fi
    (接続台数は最大10台まででした)
    楽天モバイル公式サイト
  2. 無線LANルーター
    今回は家全体をカバーするためにメッシュWi-Fiを使用しました。なんでもOK
    TP-Link Deco メッシュWi-Fi【Amazon】
  3. 無線を有線にするルーター
    すべての無線LANルーターにこの機能が付いているわけではないので、きちんと調べて買ってください。
    わからない人は僕と同じものを買えばOKです。
    TP-Link WIFI Nano 無線LAN ルーター TL-WR802N【Amazon】

 

接続方法

 

こちらが今回利用する楽天Wi-Fi Pocketです。
現在本体代金無料、契約料金無料、1年間通信費無料で全部無料なので、契約しました。

 

こちらが無線を有線に変換するルーターです。

 

有線LANが出てますよね。

 

その有線LANがこっちの無線LANルーターに接続されます。

 

この様に差し込まれています。

 

こちらが2台目のメッシュWi-Fiです。

 

まずは、無線を有線にするルーターに接続します。

 

そして、設定画面に行き、クイックセットアップします。

 

様々なモードが選べますが、今回は無線を有線にしたいので、クライアントモードにします。
無線の機能がないテレビやゲーム機でネットをする場合に使うモードです。

 

次に、どの電波をキャッチさせるか選びます。
今回は、楽天Wi-Fiポケットの電波をキャッチしたいので、「Rakuten-FA44(端末ごとに微妙に名前が異なるかも)」を選択します。

 

次に、パスワードを入れて接続します。

 

これでOKです。

 

次に、家のWi-FI(メッシュWi-Fiのことですが、廃墟ネットと名前をつけております)に接続して、ネットができているか確認します。

 

楽天Wi-Fiポケットは一番電波がいいところに設置しましょう。
ストラップホールが付いていたので、紐をつけて、窓のカーテンレールにぶら下げました。

 

とりあえずスマホをたくさん接続してみました。

 

本来であれば、10台までしか接続できないはずの楽天Wi-Fiポケットですが、15台接続できました。

 

動画

 

ポイント

良い点

  • 接続台数を増やせる
  • 電波強度を強くできる

気になる点

  • 追加の出費が必要
  • 普通じゃない使い方なので予期せぬ不具合が出るかも
    例:iOSはネット接続が無いとテザリングが自動的にOFFになる。
    例:何故かネットができなくなり、無線を有線にするルーターを再起動したら直った
    例:ルーターを経由することでスピードが遅くなる場合がある。ポケットWi-Fiで直接つないだほうが速い事がある。

 

まとめ

今回構築した環境は完璧ではありません。
ポケットWi-Fiから接続したほうがスピード速いことがあるため、よく使う機器はPocket Wi-Fi、サブの端末はルーター経由で使うと最大限速いスピードで利用が可能です。
その代わり、IoTなどが別のWi-Fiとなると操作できなくなるため、その点はご注意ください。

 

また現在楽天Wi-Fiポケットは通信環境が良ければ、60Mbpsほどのスピードが出るため、非常に快適です。
我が家は残念ながら窓際でギリギリ電波を拾える環境なので、最大でも10Mbps程度しか出ませんが、それでも1年間無料で、本体代金が無料で、契約代金が無料で全部無料という点を考慮するとコスパ最強としか言えません。

https://twitter.com/rururu_minimal/status/1376380438088839168

 

しかし、このセールも2021年4月7日で終了してしまうため、まだ契約していない方はぜひお申し込みしてみてください。
1年経過しても1GBまでなら無料なので、解約を忘れても、知らずしらずのうちにお金が払っていたということもありません。
また、解約料金も無料なので、全く使わなかったら解約も可能です。(使わなければ無料なので解約しなくても良いですが)

おすすめの使い方としては

  1. 家の固定回線代わり
    (家の通信スピードが速ければ)
    新生活を始める方も多いでしょうから、フレッツ光を申し込む前に試しに楽天を使ってみるのがおすすめです。
    もし、通信速度が早ければ1年間無料で使えますから、フレッツ光の金額約4000円x12ヶ月=48,000円が無料になります。
  2. 外でYouTubeを見る用
    スマホの契約が使い放題ではないなら、楽天Pocket Wi-fiを契約して外で動画を見るときはこれを使いましょう。
    使い放題なので、YouTubeも見放題です。
  3. 海外旅行で使う用
    楽天モバイルは、なんと海外利用も使い放題です。
    普通は海外に行く前にイモトのWi-Fiなどをレンタルして、帰ってきたら返却する必要がありますが、楽天モバイルなら申込不要でただ持っていけばOKです。
    2GBまではスピードが速く、それ以降は128kbpsと結構遅いんですが、地図を見るくらいなら十分使えます。詳細はこちら
  4. なんかあったとき用
    今は使わないけど、なにか緊急時用としてもおすすめです。
    なぜなら、楽天モバイルは1年間は完全無料、1年後も使わなければ0円なんです。つまり、震災時などギガが無くなって検索ができなくなっても楽天Wi-Fiポケットを持っておけば、通信ができちゃうんです。とりあえず契約しておいて、防災バッグに突っ込んでおけばOKです。

 

楽天モバイルはめちゃくちゃお得で、契約するしかありません。
僕も父親も母親もとりあえず契約しておきました。
皆さんも、家族全員で申し込みしておきましょう😊

 

別の方法

YouTubeコメントにて別の方法を教えていただきました。
単純にSIMを挿して使えるルーターを買うという方法です。

SIM ルーター【Amazon】