激安中華ジンバルをいろいろ調べてまとめてみた。

Xiaomiの新型アクションカメラの発売の少し後に、同じブランドのMijiaからジンバルが発売しました。

今回は、このジンバルについてチェックするついでに、激安中華ジンバルについて調べてまとめてみました。

Xiaomi Mijia Camera Mini

4K 30fpsを60Mbpsという高ビットレートで撮影することが出来る革命を起こしたアクションカメラです。

中華GoProとは一線を画する、筐体の作りもポイントで背面液晶はタッチパネルとなっています。

映像の綺麗さは本当に凄いので、大半の人はGoPro Hero 6なんて必要ないと思えるクオリティです。

ちなみに読み方は、「しゃおみ みーじゃぁ」です。

【GearBest】Xiaomi Mijia Camera Mini

Xiaomi Mijia action camera 現在価格

 

ジンバルとは?

アクションカメラやスマートフォンを取り付けて、ブレを押させる為の装置です。

ジンバルに取り付けることで、強力な手ぶれ補正を付けることが出来るようになります。

▼昔はこのような、重りを付けて安定させる仕組みでした。

2017-11-9_3-18-15_No-00

 

▼最新のものでは、電子制御されてブレを抑えてくれるため、電子ジンバルと呼ばれています。

2017-11-9_3-18-33_No-00

 

代表的なジンバル

ジンバルで最もメジャーなのは、GoProとDJIから発売しているモデルです。

しかし、GoPro,DJIですから、見なくてもわかりますよね?

めっちゃ値段が高いんです。

 

Zhiyun Smooth-Q

そこで、人気が出ているのが「Zhiyun Smooth-Q」です。

GoProジンバルの半額以下で、スペックも高いため非常に人気です。

しかし、アクションカメラを取り付けることは出来ず、スマートフォン専用品です。

電子ジンバルが欲しいなら、現在ではこれ以外に選択肢はないと言われているくらい、激安です。

【GearBest】Zhiyun Smooth Q 3

 

▼Amazonで買うと、おまけのミニ三脚が付いてきますが、それ以外はGearBestと同じです。

イイじゃん!スマホ用ジンバル【Zhiyun Smooth-Q】スマホ撮影の可能性を広げるマシン

 

Xiaomi Mijia アクションカメラ専用ジンバル

そして、今回のXiaomi Mijia 専用電子ジンバルですが、値段はジンバルの中でもかなり安いです。

しかし、欠点としては専用ジンバルなので、スマホやそれ以外のアクションカメラを取り付けることが出来ないという点があります。

【GearBest】Xiaomi 3-axis Stabilization Brushless Handheld Gimbal

xiaomi mijia アクションカメラ 電子ジンバル

 

▼スペックはかなり高く、ヌルヌル映像の撮影をすることが出来ます。

Xiaomi Mijia 4K Action Camera 3-axis Stabilization Gimbal -Gearbest.com

 

▼専用品のメリットは、microUSBでジンバルと接続して、ダイレクトに接続することが出来るため、すぐに使える、バッテリーの省電力化、専用品なのでジンバル上のボタンから操作可能、という点があげられます。

Xiaomi Mijia 3-axis Stabilizing Gimbal (TBA!)

 

他の激安ジンバル

AmazonだとダントツでZhiyun Smooth-Qが安くて、人気ですが、海外通販のGearBestでチェックしてみると、さらに安い電子ジンバルが存在しています。

FY FEIYUTECH Vimble c

かなり安いです。デザインは丸っこくて可愛らしいので、好みが分かれそうですがスペックはZhiyun Smooth Q 3と同等レベルです。

アクションカメラ、スマートフォン両方に対応しています。

アクションカメラを取り付ける際は、スペーサーを取り付けて挟むだけなので、激しい運動には不向きです。

【GearBest】FY FEIYUTECH Vimble c

2017-11-9_3-56-58_No-00

Feiyu Vimble C – Gimbal for Smartphones & GoPro – Review

 

AFI A5

サイズがコンパクトなアクションカメラ専用ジンバルです。
性能もしっかりとしています。

【GearBest】AFI A5

2017-11-9_4-15-23_No-00

Kamisafe AFI A5 Gimbal Review for the gopro hero 5, 4, or 3.

 

FEIYUTECH SPG C

今まで紹介したジンバルの中で最安値です。

  • かっこいいデザイン
  • 持ち運びに便利なスリムデザイン
  • 3軸
  • 激安
  • ハイスペック

【GearBest】FY FEIYUTECH SPG C

2017-11-9_4-20-34_No-00

 

▼極端に安いですが、性能は変わらずハイスペックです。

Feiyutech SPG C Smartphone Gimbal Review
✅ Feiyutech SPG C smartphone 3-axis gimbal stabilizer

 

電子ジンバルの注意点

電子ジンバルの多くは3軸タイプですが、中には2軸タイプもあります。

3軸タイプは上下、左右、ひねりの3方向の衝撃を吸収してくれますが、2軸だと吸収してくれる方向が一つ減るため、大きなメリットがありません。

2軸と3軸ではかなり大きな違いがあるため、オススメは3軸です。

めちゃくちゃ安い(数千円)の電子ジンバルもあるのですが、それらはすべて2軸タイプなので、注意が必要です。
※2軸が駄目なわけではないため、必要であれがそれを選択するというのもありです。

 

まとめ

最初、この記事を書く前は、最初に紹介した「Zhiyun Smooth Q 3」の圧勝だろうなぁ・・・、と思っていたのですが、実際は最後に紹介した「FY FEIYUTECH SPG C」の圧勝でした。

Zhiyun Smooth Q 3 も安いのですが、ほぼ同じ機能でデザインも問題なく、値段差がここまであると、圧倒的にFY FEIYUTECH SPG Cの方が良いですよね。

 

今回紹介した電子ジンバルの殆どは、アクションカメラを取り付けることは出来ませんが、マウントプレートを使うことで、取り付けられるようになります。

▼まさにこれですね。

FeiyuTech SPG c 3軸 ジンバル アクションカメラ用プレート付 紹介・操作

 

ジンバルプレート最安値

GoPro(アクションカメラ)を取り付けるためのプレートの最安値を探してみました。
それほど大きな値段差は無いので、お好きな所で買うと良いかもしれませんね。

店舗 商品 価格
【GearBest】 ジンバルプレート 1338円
【Bang good】 ジンバルプレート 1518円
【geekbuying】 ジンバルプレート 1054円
【TOMTOP】 ジンバルプレート 1434円
【AliExpress】 ジンバルプレート 1177円
【Amazon】 ジンバル プレート 1799円

 

つづき

【アクションカメラ、Xiaomi Mijia Camera Mini】レビューまとめ

コメント