CUBOT X20 Proのスペック情報と特徴まとめ

CUBOT X20 Proのスペックと特徴をまとめました。

提供:CUBOT

格安タピオカメラ

タピオカメラが欲しくてiPhone 11 Proが欲しい!と思っている人に朗報です。
CUBOTさんが、激安でタピオカメラ搭載スマホを発売してくれました!

その名も、CUBOT X20 Pro!!

 

CUBOT X20 Pro

【GearBest】CUBOT X20 Pro

【CUBOT】公式ページ

 

スペック

基本情報
製品名 CUBOT X20 Pro
発売日 2019年10月頃
OS Android 9.0 Pie
Antutu(Ver7) 約135,000点
デザイン
本体サイズ 157.1 x 74.6 x 8.1 mm
┣ 重量 233g
┣ 材質  
┗ カラー ブラック
ブルー
ゴールド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340 x 1080 px
┗ 比率 19.5 : 9
ハードウェア
CPU MT6771 Helio P60
┣ 周波数 4x 2.00GHz ARM Cortex A73 + 4x 2.00GHz ARM Cortex A53
┗ コア数 8コア
GPU ARM Mali- G72
RAM 6GB
ROM 128GB
認証センサー 顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 搭載
3.5mm Jack なし
カメラ
アウトカメラ 1200万画素(メイン)
2000万画素(深度)
800万画素(広角125度)
インカメラ 1300万画素
通信
対応バンド 4G FDD-LTE:
Band: B1 / 3 / 7 / 8 / 19 / 20
3G WCDMA:
900 MHz / 2100 MHz
2G GSM:
850 MHz / 900 MHz / 1800 MHz / 1900 MHz
┗ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM or microSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
GPS GPS
A-GPS
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh
急速充電  
その他
付属品 スマートフォン本体
充電器
Type-Cケーブル
マニュアル
ケース
保護フィルム(貼付け済み)
その他特徴  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
   
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

CUBOT X20 Proは、お値段が1万円台と非常にお安い端末ですが、必要十分なスペックにトリプルカメラを搭載したミドルスペックスマートフォンです。

 

使い勝手の良い、125度の広角レンズも付いているため、狭い所でも広い画角で撮影できます。

 

通常のカメラ・レンズだと78度の画角ですが、広角レンズを使えば、よりワイドな写真が撮影できます。

 

AIカメラも搭載しているため、そのシーンに合った最適な設定をしてくれます。

 

インカメラの性能もなかなか高いそうです。

 

CPUはHelio P60を搭載しているため、FPSゲームも快適に遊べる性能があります。
ただし、最高画質で遊ぶとスムーズに動かない可能性があります。

 

ディスプレイはウォータードロップノッチのベゼルレスディスプレイです。
画面がとても広いです。

 

指紋認証センサーは搭載しておらず、インカメラのFace IDのみとなります。
iPhone 11 Proの様に、専用センサーが搭載しているわけではないため、セキュリティー精度はそれほど高くは無いでしょう。

 

バッテリー容量は4000mAhと十分な大きさです。

 

カラーは全部で3種類です。

 

本体デザインはシンプルかつ高級感があります。

 

デュアルSIM対応です。

 

各種インターフェースはこの様になっております。

 

動画

▼PV

 

▼開封

 

▼特徴まとめ動画

1万円台でiPhone11Proそっくりスマホ誕生!【CUBOT X20 PRO】

 

▼開封レビュー

 

ネット上の声

  1. 広角レンズがぼやけてしまっていて、全く使えない!!そして、重量が重たい…。
  2. 安くて、ROMとRAMがでかいのは良い。
  3. 重量は重たいが、それ以外は不満なし。
  4. Xiaomi Mi A2から乗り換えようかと思ったけど、今のままでいいかな?
  5. カメラ目的の方はこのスマホを選んではいけません。

 

ポイント

良い点

  1. 結構安い
  2. トリプルレンズ
  3. 大容量RAM6GB,ROM128GB
  4. ドコモ、ソフトバンク対応

気になる点

  1. カメラ性能は微妙?
  2. 指紋認証センサー無し
  3. 結構重たい(233g)

 

まとめ

安くて、普通に使えて、デザインもなかなかかっこいいスマートフォンみたいです。
ただし、ケチっている部分もたくさんあるようです。
最大のケチりポイントは広角レンズです。

通常のレンズに無理やり広角パネルを載せて、画角を広げたと思えるような品質でした。
これでは、使えるとは言えません。
見た目はタピオカメラっぽいので、おまけと思ったほうが良いでしょう。

本物のタピオカメラスマホと比較すると、カメラ周辺のデザインが異なります。
おそらく、発表前の情報を元に作成された筐体なのでしょうね。

▼発表前のタピオカメラスマホ

CPUはHelio P60が搭載されているので、動作はスムーズに動くでしょう。
ゲームも快適に遊べるので、カメラと重量を気にする人以外は問題なく使えると思います。

次回は、実際に使ってみて、検証してみようと思います。

【GearBest】CUBOT X20 Pro

【CUBOT】公式ページ

コメント