Zeblaze Thor 4 PROのスペック情報と特徴まとめ

Zeblaze Thor 4 PROのスペックと特徴をまとめました。

提供:Zeblaze Thor 4 PRO

TOMTOP

スマートフォンやニッチなガジェットを格安で購入できる通販サイトです。

【TOMTOP】トップページ

TOMTOP 使い方 まとめ

 

スマートフォンはもうオワコン?

スマートフォンで電話やメール、ちょっとした検索、地図しか使わないのであれば、もうスマホはいらないかもしれません。
今回ご紹介するスマートウォッチは、なんとこれら機能が備わってしまったのです!

今すぐスマートフォンを窓から投げ捨てて、この最新スマートウォッチだけで生活をしちゃいましょう!

 

Zeblaze Thor 4 PRO

【TOMTOP】Zeblaze Thor 4 PRO

Zeblaze (1)

 

スペック

基本情報
製品名 Zeblaze Thor 4 PRO
発売日 2018年12月頃
OS Android 7.1.1
Antutu  
デザイン
本体サイズ ダイヤル直径:4.67cm
ダイヤル厚み1.57cm
バンド横幅:2cm
バンド長さ:25cm
┣ 重量 76g
┣ 材質 レザー
シリコン
合金
┗ カラー ブラック
ブラウン
画面サイズ 1.6インチ
┣ 解像度 320*320px
┗ 比率 1:1
その他特徴 タッチパネル
CORNING Gorilla Glass 3
生活防水
ハードウェア
CPU MTK6739 Quad Core
┣ 周波数 1.25GHz
┗ コア数 4個
GPU  
RAM 1GB
ROM 16GB
認証センサー  
USBタイプ  
microSDスロット  
3.5mm Jack  
付属品 1 * Smart Watch
1 * Charging Cable
1 * User Manual
カメラ
アウトカメラ 500万画素
┣ センサー  
┗ F値  
インカメラ 万画素
┣ センサー  
┗ F値  
その他特徴  
通信
対応バンド GSM—850(B5)/900(B8)/1800(B3)/1900(B2);
WCDMA—850(B5)/900(B8)/1900(B2)/2100(B1);
4G FDD—2100(B1)/1900(B2)/1800(B3)/850(B5)/2600(B7)/900(B8)/B12/800(B20);
TDS-CDMA—B34/B49;
TDD—B38/B39/B40/B41
┣ SIMタイプ Nano SIM
┗ DSDS 非対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0
GPS GPS
GLONASS
バッテリー
バッテリー容量 600mAh
スタンバイ時間48時間
急速充電  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

GPSとSIMカードが入ってしまうハイスペックなスマートウォッチがついに登場しました。

Zeblaze (4)

 

腕と接触する面は優しいシリコン。
そして、表面はレザーとなり、見た目と装着感を両立したバンドとなっています。

Zeblaze (3)

 

各種センサーだけでなく、GPSも備わっているため、スマホを持たずこれ単体で正確な距離などを計測可能です。

Zeblaze (2)

 

スマートウォッチとしてはかなりハイスペックです。
ROMも16GBと大容量です。

Zeblaze (5)

 

SIMカードも入るため、完全にスマホがいらずに使えます。
グローバルバンド対応ですが、日本のdocomoプラチナバンドには非対応です。

Zeblaze (6)

 

画面は1.6インチの高解像度な320x320pxです。
円形のカラーディスプレイにベゼルもなかなか細くかっこいいです。

Zeblaze (7)

 

文字盤は様々なかっこいいデザインが用意されています。

Zeblaze (8)

 

各種モード時のデザインもかなりおしゃれです。
キーボード入力もできますが、サイズが小さいので、快適ではないでしょうね。

Zeblaze (9)

 

ゴリラガラスのおかげで、フィルムなしでも傷が付きづらく、かなりのハイスペックモデルとなっています。
Google Playストアーにも対応しているようですが、画面サイズでは上手く動かないアプリがほとんどだと思います。

Zeblaze (10)

 

 

Zeblaze (11)

動画

スマートフォンはもうオワコン…。スマホいらずのスマートウォッチが登場です。

 

▼実機レビュー

【1万円/Google Play搭載】Android最強スマートウォッチ Zeblaze Thor 4 Pro 実機レビュー

 

ネット上の声

  • Androidスマートウォッチといえば、Wear OSを採用したものがありますが、このTHOR 4 ProはフルバージョンのAndroid端末となっています。解像度の問題から起動しないアプリもあります。GPSも内蔵されているため、お好きなフィットネスアプリをインストールして活用できます。生活防水にも対応しています。
  • 液晶画面は完璧で美しいです。バッテリーの持ちはあまり良くありませんが、SIMを入れて16時間は余裕で持ちます。
  • これは、AMOLEDディスプレイですか?それなら買いたいです。

 

ポイント

良い点

  1. まぁまぁ安い
  2. SIMが入る
  3. GPS内蔵
  4. Google Play対応
  5. 解像度が高い(320×320)
  6. ROM容量も大きい(16GB)
  7. カメラ搭載
  8. ベルト交換可能

気になる点

  1. そこそこ厚みがある
  2. 待受画面の自由なカスタマイズは不可?
    お好きな画像に変更可能という情報をいただきました。
  3. Android アプリは動かない場合が多い

 

クーポン

クーポン:STEJP
価格:11072円

 

まとめ

Androidフルバージョン搭載のスマートウォッチ新型が登場しましたね。
この手のモデルは、昔からありましたが、スペック不足であまり快適に動きませんでした。
時代が進化して、スマートウォッチなのに格安スマホ並のスペックを搭載しているので、動作はかなり快適そうです。

Google Playにも対応しているというのはすごいですね。
ただし、お好きなアプリは自由にインストールできますが、動作する保証はありません。
液晶解像度が320しか無いのと、丸いですからね(汗)
お好きなフィットネスアプリをインストールして使えるというのがいいところなのかもしれません。

サイズは一般的なスマートウォッチといった感じです。
若干厚みがあるような気がしますが、まぁ仕方ないでしょう。

バッテリー持ちはあまり良くありません。
約1日です。
毎日充電して使いましょう。

1万円というこのスペックを考えたら安いですが、使い方を誤るとゴミと化す可能性を秘めています。
ただし、もともとスマートフォンでたくさんのアプリを活用していない人は、もうスマホがいらないと感じてしまうかもしれません。
そう考えると、かなり便利ですよね。

単体でGPSが付き、SIMも入り、Google Playも使えてまぁまぁなスペックがあるという点は素晴らしいので、自分の使い方に合致していると思う方は検討してみてください。

【TOMTOP】Zeblaze Thor 4 PRO

【TOMTOP】トップページ

コメント

  1. sugar より:

    日本国内での通常使用は電波法違反になるのではないでしょうか?