【Xiaomi Huami AMAZFIT Bip・スマートウォッチ】バッテリー持続時間検証編

理論上は45日間バッテリーが持つことで有名なAmazfit Bipですが、実際はどのくらいバッテリーが持つかを検証してみました。

目次

【目次】Xiaomi Huami AMAZFIT Bip・スマートウォッチ

 

Xiaomi Huami AMAZFIT Bip

AMAZFITブランドはこの他にも幾つか販売していますが、今回のBipモデルはより日常生活でも使いやすいデザインのコンパクトなモデルとなっております。

そして、なんと!45日間も連続で使用できる省電力設計になっているが、こいつの最大の特徴でもあります。

毎日充電しなければいけないAplle Watchよりも魅力的に感じてきた人も多いのではないでしょうか?

【GearBest】Xiaomi Huami AMAZFIT Bip

【GearBest】AMAZFIT 一覧

Xiaomi Huami AMAZFIT Bip026

 

バッテリー持続時間

このAmazfit Bipのスペック状のバッテリー持続時間は驚きの45日間です!

しかし、あまりにも長過ぎるため、本当にこのくらいバッテリーが持ってくれるのか疑問ですよね。

ということで、実際にフル充電してから、バッテリーが切れるまでの期間を計測してみました。

 

充電開始

まずは、商品が到着して最初にレビューした日に100%まで充電をしました。

この日が2017年9月2日となります。

Xiaomi Huami AMAZFIT Bip005

 

バッテリーが切れるギリギリ

そして、ほぼバッテリーが切れる2%を終了のタイミングとしました。

この日は2017年10月8日です。

 

途中経過

一部ですが、途中経過も計測していました。

ランニングなどはせずに、時刻や通知の確認程度の使い方であれば、1日2%くらいしかバッテリーは消耗しないみたいです。

2017-09-02 18:00 100%
2017-09-03 18:00 94%
2017-09-04 20:00 92%
2017-09-07 17: 00 85%
2017-09-08 19:00 84%
2017-09-10 4:00 82%

 

 

まとめ

これらの結果から、最低36日間は持ったことになりました。

今回の使い方だと45日も持たないみたいですが、それでも世の中のスマートウォッチの中で、最もバッテリー持ちが良いといえますね。

本当に素晴らしいです。

Apple Watch 3は連続で18時間しか持ちませんから、桁が違います。

 

スマートフォンとペアリングをして使っていたので、スマホに通知が来るたびに連動してAmazfit Bipがバイブレーションしていました。

そのため、それだけでもかなりバッテリーが消耗しそうな気がしますが、それでも36日も持ったと言うのは凄いとしかいえませんね。

サイズも小さく、重量も軽いので、本当に革命と言っていいくらいのクオリティだと思います。

 

GPSを使った計測をするほどバッテリーの消耗が激しくなります。

同じように、液晶ライトを付けるほどバッテリーの消耗が激しくなります。

おそらく、ほとんどGPS機能、液晶ライトを使わなければ、45日間持たせることが可能かと思います。

 

常に液晶がついた状態で普通に使っていても1ヶ月もバッテリーが持ってしまう最強のスマートウォッチということが判明しました。

【GearBest】Xiaomi Huami AMAZFIT Bip

 

目次

【目次】Xiaomi Huami AMAZFIT Bip・スマートウォッチ

コメント