中華スマホの大半はBand19というプラチナバンドが対応していません。

そのため、日本でSIMを入れて使う場合、普通のスマホよりも電波が繋がりにくいと言われています。

今回は、どのくらい繋がりにくいかを検証してみようと思います。

Band19とは?

日本独自の繋がりにくい電波です。独自なので、海外スマホはほぼ対応していません。

こちらに詳しく書きましたので、チェックしてみてください。

海外スマホを買う前に知っておきたいdocomoのBandの話(band 1,3,19,21,28)

 

場所

今回使った実験場所は、2階建ての鉄筋コンクリートのビルです。

イオンの様な建物をイメージしていただければよいかと思います。

イオン

 

使うスマホとSIM

1,Xiaomi mi Mi5s

【中華スマートフォン】世界最強のスペックとコスパのモンスター!Xiaomi Mi5s (開封レビュー)

SIM:楽天SIM(docomoの電波)

 

2,Xiaomi mi Max

【中華スマートフォン】6.44インチの超馬鹿でかファブレット!Xperia Z Ultra からの移籍はこれに決まりだ!(Xiaomi Mi MAX開封レビュー)

SIM:0Ssim by so-net(docomoの電波)

 

実験スタート

まずは3階部分に相当する屋上での電波状況です。

屋上なので屋外と同じですから、アンテナ5本の4Gがつながってくれています。(Mi5s)
スピードも良好ですね。

3 車内 mi5s

 

MAXの方はアンテナはバッチリですが、スピードは激遅です。これは、電波状況は関係なく、0SIMがただ遅いだけです。

4 車内 max

 

屋上から建物に入った直後の測定です。まだまだしっかりとつながってくれています。(Mi5s)

5 ビル入ってすぐ3階 mi5s

 

一階分下におりた2階部分に来ました。一気に電波が悪くなりましたが、速度は十分に出ています。(Mi5s)

6 ビル 2階 mi5s

 

そして、1階のお店フロアに来ました。店内にアンテナが設置されているのか、電波が良くなりました。(Mi5s)

7 ビル1階 mi5s

 

電波の繋がりが悪そうな、お店の奥のトイレに来ました。案の定ギリギリつながるという感じです。(Mi5s)

8 ビルのトイレ mi5s

 

そして、地下1階に来ました。ここはお客が一切来ない所なので、アンテナの補強がされていないのか、圏外になってしまいました。(Mi5s)

9 ビル 地下1階 mi5s

 

ちょっとまってみましたが駄目でした。(Mi5s)

10 ビル 地下1回 mi5s

 

MAXの方でも駄目です。

11 ビル地下1階 max

 

地下は天井なしの中庭があるので、近くで測定してみると、3Gでつながってくれました。

12 ビル地下1階 窓際 mi5s

 

店内で再度測定してみると、良い感じでつながってくれます。

13 ビル 1階お店内 mi5s

 

まとめ

人が多いところは、電波がつながるけれど、人が通らないような奥になると、電波が繋がりにくくなる。

測定した地域は4G対応はしているけれど、かなりの田舎町のオンボロビルなので、電波的条件はとても悪いかと思います。

都会のビルであれば、電波の補強がされている場合も多いかもしれませんが、地下の小さいお店とかになると、そうも行かないので、繋がりにくくなるかもしれません。

ボク個人的にはそういった場所にはほぼ行かないので、問題はありませんが、行く人は少し考えたほうが良いかもしれませんね。

 

中華スマホは日本のスマホよりも数倍コスパが高い分、こういったところがデメリットになるので、参考にしてみてください。

 

おまけ

測定したビルのゲームセンターでは、使用前に申請を出さないといけないみたいです。田舎ってすごいね(汗)

14 ビルゲームコーナーが廃れる