今週のおすすめ.Still003

Chuwiと聞くと心が安心してしまうのはボクだけでしょうか。

その時の時代によって信頼の置ける中華メーカーはすぐに変わりますが、個人的に今の時代はChuwi だと思っています。

そのChuwiのコスパ最強の8インチWindows & Androidタブレットを購入したので、開封レビュー、使用感をレビューいたします。

Chuwiって何?

NoName2016-6-11-No-000

2004年に深センから始まったタブレットメーカーです。

中華タブレット好きに聞いたら知らない人はいないというべき新興企業の中では大手と言っても良いかもしれません。

ホームページも今風のかっこいい感じ(英語)なので、タブレットに興味がある方は覗いてみてもいいでしょう。

Chuwi HP

 

GearBestにて購入

NoName2016-6-11-No-001

今回はいつも利用させていただいている、GearBestにて購入しました。

値段はよく変動するので、興味がある方はチェックしてみてもいいでしょう。

Chuwi hi 8 pro の現在の価格を確認する。

何故か日本のamazonではChuwi 端末が結構安い金額で買えてしまうので、海外通販がめんどいって方はこちらでも良いかもしれないです。

ちなみに、ボクが購入した時はこの値段でした・・・^w^

 

スペック

商品名:Chuwi Hi8 Pro Tablet PC – WINDOWS 10+ANDROID 5.1 WHITE
CPU: Cherry Trail Z8300(1.44GHz,Quad Core )
OS:Windows 10 + Android 5.1
RAM: 2GB
ROM: 32GB
microSD: 最大 128GB (付属しない)
WIFI: 802.11b/g/n
Bluetooth: Yes
Screen type: IPS (10-Point)
Screen size: 8 inch (1920 x 1200)
カメラ:正面200万画素、後ろ200万画素
USB:Type C
Micro HDMI:Yes
3.5mm Headphone Jack: Yes
Battery Capacity(mAh): 4000mAh (動画再生約3時間)
AC adapter: 100-240V 5V 2A
サイズ: 21.12 x 12.32 x 0.93 cm
重量:350g

 

開封

※購入してから時間が経っているので、購入時を再現して撮影しています。

Chuwiらしいシンプルで清潔な箱。

IMG_3161

 

この色合とか書き方がなんだかハイスペックの様な錯覚を起こしてしまう。

IMG_3162

IMG_3163

 

中華タブレットの洗礼として、箱の角は見事に潰れている。

箱は箱であって、商品ではないということですね。

IMG_3164

 

そして、本体。サワサワの袋に入っている。

IMG_3165

 

内容物は、本体、AC、紙、USB Type Cケーブル(写真無し)です。

IMG_3166

 

真っ白なACアダプター

IMG_3167

 

ACは出力2Aのハイ出力だけれど・・・。

IMG_3168

 

コンセントに穴が空いていません。一応、使用上問題はないです。日本でも使えます。ただし、日本の製品で穴がないのって無いのでなんだか不安です・・・。

(穴は抜けにくくするタイプのコンセントに挿す時に必要な物なので、一般的なコンセントだと無くても問題はないらしいです)

IMG_3169

 

何かに合格した証も入っています。合格したってことは多分いいことなんでしょう!

IMG_3170

 

こちらも、何かに合格した証が。

IMG_3171

IMG_3172

 

そして、これが本体!

IMG_3173

 

表面のを剥がしても、2枚重ねの保護フィルム方式になっているのでありがたい。

IMG_3174

 

そして、この横ラインの金属バーがかっこいい!これが今回のタブレットの売りでもあります(適当)。

IMG_3175

IMG_3176

 

microSD

IMG_3177

 

ネジが出ている感じが、ゴツくていい感じです!

IMG_3178

IMG_3179

IMG_3180

 

左から、3.5mmヘッドフォンジャック 、 micro HDMI 、 USB type C

注意点はUSB Type Cになっているところ。ただ、1本付属します。

IMG_3181

IMG_3182

 

裏面

IMG_3183

 

いい感じでヘアライン加工されているので、さらさらしていて、触り心地が結構いい感じです。

IMG_3184

IMG_3185

IMG_3186

IMG_3187

 

起動させると、Windows 10 or Android の運命の選択画面が出てきます。

タッチパネルは効かずに、音量の上下で選びます(上Android , 下Windows)

IMG_3189

 

Windows10側の初期空き容量はこのくらい

スクリーンショット (19)

 

Androidの空き容量はスクリーンショットを保存するのを忘れていたけれど、大体6.5GBほど。

初期アプリは、ファイルマネージャーとメモリークリーナーの2つ以外はAndroid初期アプリだけという案外良心的な状態でした。

 

簡単なWindws10日本語化手順

 

完全日本語化はこちらを参照してください。

【中華タブ】史上最強のコスパモンスター8インチタブレット!?Teclast X80 Pro のレビュー

 

Windows 、 Android 切替時間

それぞれの切り替え時間を計測したものと、簡単な使用感を動画にしてみました。

 

まとめ

全体的な使用感は案外さくさくで、ゲームもプレイすることができる。

そして、パズドラは起動できなかったが、中華タブレットだと案外動かないモンストもプレイすることが出来た。

更に言うと、huluも見ることが出来たので、ボクの映画ライフにも支障が出ない。

 

しかし、欠点を挙げるとAndroidで使っているときはフリーズする時がたまーにあった。

そうなると、電源長押しで強制終了させるしか無いが、決まったアプリだけを使い続けている間は生じなかったので、何かのアプリが悪さをしていたのかもしれない。

そのへんは要検証したいと感じた。

 

使い勝手は断然Androidの方が良いが、それはアプリの出来次第と言っても過言ではない。

基本はAndroid、必要なときにWindowsという使い方になると感じた。

 

結論を言うと、スペック、見た目、価格、どれをとっても最高のタブレットだと感じた。

似たようなタブレットにTeclast X80 Proという8インチタブレットもあるが、それぞれの使い方でTeclastタブレットと比較してみると良いかもしれない。

だいたい、デザインくらいしか違いはないけれど。

【中華タブ】史上最強のコスパモンスター8インチタブレット!?Teclast X80 Pro のレビュー

GearBestのChuwi hi 8 pro の販売ページ

 

 

Pocket