UMIDIGI F1 Playのスペック情報と特徴まとめ

2019年コスパ最強スマートフォンをついに開封!【UMIDIGI-F1-Play,前半】

UMIDIGI F1 Playのスペックと特徴をまとめました。

提供:UMIDIGI

UMIDIGI F1 Play

【公式ページ】UMIDIGI F1 Play

【Amazon】UMIDIGI F1 Play

 

スペック

基本情報
製品名 UMIDIGI F1 Play
発売日 2019年4月25日
OS Android 9.0
Antutu 約138,000点
デザイン
本体サイズ 156.9 x 74.3 x 8.8 mm
┣ 重量 193g
┣ 材質 金属
┗ カラー ブラック
レッド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 1080 x 2340 px
┗ 比率 19.5:9
ハードウェア
CPU MediaTek Helio P60 MT6771
┣ 周波数 4x 2.00GHz ARM Cortex A73 + 4x 2.00GHz ARM Cortex A53
┗ コア数 8コア
GPU ARM Mali G72 MP3 700MHz
RAM 6GB
ROM 64GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 対応
3.5mm Jack 対応
カメラ
アウトカメラ 4800万画素
800万画素
インカメラ 1600万画素
通信
対応バンド 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
┗ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM or microSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
GPS A-GPS
Beidou
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
急速充電 18W
その他
付属品 1x Phone
1x Screen Protector (pre-applied)
1x Phone Case
1x Type-C Cable
1x Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
その他特徴 NFC

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

UMIDIGI F1 PlayはUMIDIGI F1の後継機種です。
お値段は2000円程度高くなりますが、メモリとカメラ性能が向上しています。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (1)

 

カメラ画素数は驚きの4800万画素です。
画素数ですべてが決まるわけではないですが、低いよりは高いほうがいいものです。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (2)

 

画面は、ウォータードロップノッチタイプの高画質ディスプレイです。
スマートフォン史上最強レベルと言ってもいいでしょう。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (3)

 

CPUスペックもHelio P60となかなかハイスペックです。
antutuスコアも約138,000点と高い点数があるため、荒野行動も快適に遊べます。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (4)

 

バッテリー容量は大容量の5150mAhです。
長時間電池が持つというのはいいことです。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (5)

 

OSも最新のAndroid 9.0です。

UMIDIGI F1 Play 特徴 (6)

UMIDIGI F1 Play 特徴 (7)

 

動画

2019年コスパ最強スマートフォンをついに開封!【UMIDIGI F1 Play】

 

ネット上の声

  1. バッテリー持ちは、5時間使って20%減る程度でした。スピーカーは大きな音が出るが音質はそこそこ。カメラは良い感じに撮れる。指紋認証・顔認証も問題ない。ということで、iPhoneは辞めました。
  2. iPhone 7から移行しました。iPhoneを触ったあとに、こちらを触るとこっちのほうがいいなと感じます。ここに9万円の差がある意味がわかりませんでした。
  3. 6時間ほどノンストップで設定,ゲーム,動画などでいじっていたところ、残りバッテリーは55%でした。発熱もしません。AirPodsも使えました。宗教って恐ろしいですね。盲目になっているのに気付かされました。
  4. au不可と書かれていますが、UQ mobile SImで利用できました。通話もSMSも使えます。ポケモンGOも問題ありません。
  5. UMIDIGI A3 Proよりも動作がサクサクで良かったです。画面もきれいだし買ってよかったです。

 

ポイント

良い点

  1. 激安
  2. ハイスペック
  3. カメラも結構きれい
  4. 画面が綺麗
  5. ノッチが小さい
  6. バッテリー容量がでかすぎる
  7. 3.5mm Jack付き
  8. USB Type-C
  9. docomo,ソフトバンクプラチナバンド対応

気になる点

  1. 少し重ため
  2. auは使えるかもしれないが公式非対応

 

まとめ

コスパ最強ですね。
バッテリー持ちも最強で、サイズも程よいサイズで持ちやすいです。
このサイズのバッテリーを搭載しておきながら、重量もなかなか頑張っています。

ウォータードロップノッチのおかげで画面も非常に広々と使えます。
ノッチがでかいスマホが多い中、この低価格でこの品質のものを出してくれるというのは素晴らしいです。
画面の反応も十分で、綺麗さも文句ありません。

UMIDIGI F1と迷っている方はカメラを使うかどうかで検討してみると良いでしょう。
F1の方がROMが64GB→128GBと大きいですが、カメラスペックはF1 Playの方が断然高いです。
また、RAMはF1 Playの方が4GB→6GBと大きいため、動作の安定性はF1 Playの方が上となります。
お値段自体、そこまで大きく変わらないため、迷ったらF1 Playを買っておいたほうが無難だとは思います。

UMIDIGI F1 Playはまさにコスパ最強のスマートフォンです。

【公式ページ】UMIDIGI F1 Play

【Amazon】UMIDIGI F1 Play

【Amazon】UMIDIGI F1

コメント

  1. 匿名 より:

    最後は、A3proでは無くS3proですね!

  2. 匿名 より:

    Amazonの評価を見たら約50%程度が星3以下で半分がハズレ個体というイメージ
    そして星1が確か17%程度あり買うのが怖い