Xiaomi Mi Max 3の開封レビュー【スペック情報と特徴まとめ】

Xiaomi-Mi-Max-3-サムネイル

Xiaomi Mi Max 3のスペックと特徴をまとめました。

提供:geekbuying

geekbuying

海外のガジェットを安く手に入れる事ができる、ITガジェット中心の海外通販サイトです。
ここでしか変えないちょっと変わったガジェットもあったりするので、見ているだけでも面白いです。

【geekbuying】トップページ

 

貴重な7インチタブレット

タブレットが欲しいけれど、どれも大きすぎると思っている人は多いと思います。
最近の主流は8インチ以上で、昔多かった7インチモデルはほとんどありません。
でも、ギリギリ片手でも持てるサイズを考えると7インチが最適です。

7インチなら、持ち運びにも適していて、なおかつ画面も大きい丁度いいサイズなんですよね。
そこで、検討したいのがXiaomi Mi Max 3です。

こちらはスマートフォンですが、画面サイズが6.9インチとほぼ7インチなんです。
更に、スペックも結構高く、お値段も安いので、タブレットとして利用するのに十分です。

 

Xiaomi Mi Max 3

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (1)

 

スペック

基本情報
製品名 Xiaomi Mi Max 3
発売日 2018年7月頃
OS Android 8.1
MIUI 10
Antutu 119,590点
デザイン
本体サイズ 87.4 x 176.2 x 8.0 mm
┣ 重量 221g
┣ 材質 金属
┗ カラー ブラック
ブルー
ゴールド
画面サイズ 6.9インチ
┣ 解像度 2160 x 1080 px
┗ 比率 18:9
その他特徴 Double Amplifier stereoスピーカー
ハードウェア
CPU Qualcomm Snapdragon 636
┣ 周波数 4x Kryo 260 1.8 GHz+ 4x Kryo 260 1.6 GHz
┗ コア数 8個
GPU Adreno 509
RAM 4GB
ROM 64GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 搭載
3.5mm Jack 搭載
付属品 Mi Max 3
Type-C Cable
SIM Pin
User Manual
EU Power Adapter
充電器変換アダプター
カメラ
アウトカメラ 1200万画素
500万画素
┣ センサー Samsung S5K2L7
┗ F値 1.9
インカメラ 800万画素
┣ センサー Samsung S5K4H7
┗ F値 2.0
その他特徴  
通信
対応バンド

4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B4 (1700/2100 AWS 1), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B20 (800), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)

3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900)

2G
CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)

┣ SIMタイプ NanoSIM x2
┗ DSDS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
GPS A-GPS
Beidou
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 5500mAh
急速充電 Quick Charge 3.0
9V/2A 18W

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

Xiaomi Mi Max 3はXiaomiの大画面スマホシリーズ第3弾です。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (2)

 

ただ画面が大きいだけでなく、Xiaomiならではの高クオリティー端末となっています。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (3)

 

大画面スマホは増えてきましたが、ここまででかくて安い、そして普通に使えるスマホは他にはありません。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (4)

 

でかいと言っても、縦長の18:9インチの狭額縁ディスプレイですから、メインスマホとしても全く問題ありません。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (5)

 

更に嬉しいのがバッテリー容量がでかいという点です。
一般的なスマホが3000mAhですから、2倍弱の容量となります。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (6)

 

タブレットの大半はカメラスペックが貧弱です。
しかし、Mi Max 3はカメラスペックもハイレベルで、インカメラ・アウトカメラ両方とも綺麗な撮影が可能となっています。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (7)

 

そして、パワーも素晴らしいです。
XiaomiのOS(MIUI)のおかげもあり、ほとんどのアプリやゲームを快適に遊べます。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (8)

 

スピーカーはデュアルステレオスピーカーを採用しています。
大画面でアニメや映画を見るのにも適しています。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (9)

 

大画面を活かした、マルチウインドウにも対応しているので、使い勝手はかなり良さげです。

Xiaomi Mi Max 3 特徴 (10)

 

開封

それでは、早速開封してみましょう。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (1)

 

Xiaomi端末はChinaバージョンとGlobalバージョンがあるので、ご注意ください。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (2)

 

こちらはきちんとグローバルバージョンとなります。
グローバルバージョンは日本語とGoogle Playに対応しています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (3)

 

色はブラック、4GB 64GBのモデルです。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (4)

 

開封すると、本体が登場です。
保護フィルムなどは付属していません。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (5)

 

その下にはマニュアルなどが入っています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (6)

 

SIMピンも付いています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (7)

 

付属品はこれで以上です。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (8)

 

充電器は海外端子となります。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (9)

 

USBは長めのUSB Type-Cケーブル

Xiaomi Mi Max 3 開封 (10)

 

本体

そして、こちらがXiaomi Mi Max 3本体です。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (11)

 

背面

Xiaomi Mi Max 3 開封 (12)

 

アルミ製の綺麗な品質ですね。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (13)

 

Xiaomi端末でよく見る形状と材質です。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (14)

 

カメラと指紋センサーの位置も一般的です。
カメラは若干出っ張っています。
ケースを付ければちょうどいい感じになりますが、ケースは付属しませんので、一緒に購入しおきましょう。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (15)

 

USB C端子左がスピーカー、右がマイクになっています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (16)

 

側面は若干カーブを描いています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (17)

 

右側面に音量ボタンと電源ボタンが付いています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (18)

 

上側面には嬉しい3.5mm Jackが付いています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (19)

 

左側面にはSIMカードスロットが付いています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (20)

 

SIMスロットはこんな感じです。
SIM1はmicroSDと共用でSIM2はNanoSIMのみです。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (29)

 

NanoSIMとmicroSDを入れるとこんな感じになります。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (30)

 

ディスプレイはノッチなしのディスプレイです。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (21)

 

手に持ってみると、かなりでかいです。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (22)

 

ノッチが無いですが、ベゼルは結構細めです。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (23)

 

下ベゼルは若干ありますが、許容範囲内です。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (24)

 

起動

それでは、起動させてみましょう。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (25)

 

MIUI10がインストールされていました。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (26)

 

グローバルバージョンなので、日本語にも対応しています。

Xiaomi Mi Max 3 開封 (27)

 

地域も日本に対応しています。
(ただし、地域で日本を選択すると、顔認証が使えないので、僕は台湾を選択しています。)

Xiaomi Mi Max 3 開封 (28)

 

検証

Antutu

Antutuスコアは119,590点でした。

 

Geekbench 4はこの様になりました。
Single:1339
Multi:4942
GPU:4556

Geekbench 4 (1)Geekbench 4 (2)Geekbench 4 (3)Geekbench 4 (4)Geekbench 4 (5)

 

SIM

はじめ、楽天モバイル(docomo)SIMカードを入れて使ってみたのですが、なぜかインターネットに接続できませんでした。
APNを5度ほど確認、再起動、通信先の固定等いろいろ試してみたのですが、改善しませんでした。
そこで、ファクトリーリセット(工場出荷状態・初期化)してみたところ直りました。
もし、同じような症状が出たら、完全リセットしてみてください。

リセット

 

サイズ比較

左から「Nexus 7 → Mi Max 3 → Mi Mix 3 → One Plus 5T → iPhone5」を並べてみました。
Nexus 7は7インチで、Max 3は6.9インチ。
ほぼ同じサイズなのに、これだけサイズが違うのには驚きです。

 

▼左からOUKITEL U16 Max(6インチ)、Max3(6.9インチ)、iPhone5(4インチ)

IMG_20190131_210036

 

重量は222gでした。

IMG_20190131_210554

 

画面分割

画面分割(スプリット)に対応しているアプリなら、この様に2つ同時に使うことも可能です。
画面が大きいという点を生かして、アズールレーンをしながら、YouTubeを見ながら、コメントを書き込むことも快適にできてしまいます。

 

びっくりしたことに、スプリット下画面サイズがちょうどiPhone5と同じ4インチでした。

 

動画

YouTube

 

ネット上の声

  1. 大容量バッテリーと大画面で思う存分動画を楽しめます。OSのMIUIも期待していなかったのですが、予想以上に使いやすいです。カメラも期待していなかったのですが、ポートレートで撮影した時の、被写体とぼけた背景の境目が自然で、廉価デュアルカメラとしては満足です。
  2. 余計なアプリも少なく、画面も大きく、PUBGモバイルもサクサクできるので良かったです!
  3. Huawei P7から買い替えですが、ゲームもスムーズで、バッテリーも大容量なので、以前は半日しか持たなかったのですが、そういった心配はなくなりました。外で仕様するには大きいですが、自宅で使用する分には快適な大きさです。買って間違いのない機種です。
  4. グローバルバージョンを購入しました。docomo SIMで運用しています。一部LTEのバンドに未対応ですが、圏外になること無く使えています。NFC未対応、防水非対応ですが、大画面、大容量バッテリーを探しているなら、間違いなく買いです!以前使っていたP20 Liteよりも良いです。一度このサイズに慣れてしまうと、他のサイズが小さく感じます。大満足です。
  5. 上下分割表示の機能が一番気に入っています。YouTubeを見ながら、Chromeを開くとかなり便利です。設定でカメラの音も消せます。

 

ポイント

良い点

  1. なかなか安い
  2. 画面が超でかい
  3. ベゼルは結構細い
  4. ケースや保護ガラスが充実している(ロングセラーモデルなので)
  5. CPUスペックも悪くない
  6. カメラスペックも悪くない
  7. 大容量バッテリー5500mAh
  8. 指紋・顔認証機能付き
  9. OSの完成度が高い(MIUI)

気になる点

  1. 重量はそれなり(221g)
  2. docomoプラチナバンド非対応

 

まとめ

やはり最高の大画面スマホでした!
大画面といえば、Xiaomi Mi Maxですよね。
スペックも、程よくハイスペックで、メイン端末としても十分に使える高性能です。

CPUスペックはSnapdragon 636のAntutu12万点です。
このスペックがあれば、すべてのアプリが快適に動いてくれます。
ただ、荒野行動、PUBGのような3Dマルチプレイゲームを最高画質で遊ぶことはできないので、画質を下げて遊ぶ必要があります。

カメラスペックは思ったより高いです。
最上位モデルのXiaomi Mi Mix 3ほど高くはありませんが、カメラアプリはとても使いやすく、AIカメラ機能も付いていて、非常に綺麗に撮影できます。
特別カメラマニアと言うわけではなければ、十分に満足できる画質です。

画面の大きさを活かした使い方がいろいろとできます。
画面を上下分割して2つのアプリを同時に使うのにも便利です。
大画面を活かした動画端末としても最高です。
老眼の方にも最高です。
スピーカーも音が大きく、スマホとしては悪くない音質です。
そして、イヤホン端子も付いているので、使い勝手最高です。

画面が大きなスマホが欲しい人は、この端末がベストです!
小さめなタブレットが欲しい人にもこの端末がベストです!
お値段も結構安くて、スペックも申し分ないXiaomi Mi Max 3はコスパ最強の約7インチ端末で決定です!

コメント

  1. 第九惑星 より:

    いつもレビューを参考にさせて頂いています。

    私もMi Max3を購入し、exciteモバイルのSIMを挿して利用しようとしたのですが、
    アンテナピクトは表示されるものの通信ができず困っていました。
    アドバイスを参考にファクトリーリセットを試した所、無事繋がるようになりました。

    これで無事ファブレットライフを堪能できます。
    ありがとうございます。