UMIDIGI スマートウォッチ UWatchのスペック情報と特徴まとめ

UWatchのスペックと特徴をまとめました。

提供:UMIDIGI

スマートウォッチに5万円は高すぎない?

スマートウォッチといえば、Apple Watchですが、Apple Watchは電池持ちが悪すぎるスマートウォッチとしても有名です。
いろいろな機能を詰め込みすぎて、高機能なんですが、連続使用時間は18時間と非常に短いです。
各種機能を制限して、電池持ちを良くしても2日しか持ちません。
そして、そのお値段52,704円(税込み)です。

ペンダントや指輪感覚でつけていると思ったほうが良いかもしれませんね。
そんな、Apple Watchに真正面から勝負を仕掛けてきたスマートウォッチが登場しました。
その名も、UMIDIGI UWatchです。

 

UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

 

スペック

商品 UWatch
ブランド UMIDIGI
ASIN B07KHV94QY
言語 日本語
カラー

ブラック(鋼ブラック)
71g

ブラック(シリコン)
ブラック&レッド(シリコン)
60g

サイズ 文字盤:43.8mm
文字盤厚み:12mm
バンド幅:22mm
画面 1.33インチ
240×240 px
バッテリー 180mAh
リチウムポリマー
電源 5V 0.9A
CPU Nordic 52832
連続使用時間 スタンバイ:25日
通常利用:7~10日
充電時間:3時間
Bluetooth  4.0
対応OS Android 4.4 以上
iOS 9.0 以上
防水 生活防水
付属品 UMIDIGI Uwatch
充電ケーブル
マニュアル

 

特徴

Uwatchは今、スマートフォン界でも最も乗りに乗っているメーカーUMIDIGIが発売した、激安スマートウォッチです。

 

UMIDIGIらしく、最低限必要な機能を搭載させ、価格を下げつつデザイン性を損なわない工夫がされています。

 

UMIDIGIは、日本の顧客を強く意識しているため、早くもAmazonでの販売を開始しました。
そのため、日本語にもしっかりと対応しています。

 

画面サイズは1.33インチです。
スマートウォッチとしてはよくあるサイズで、解像度も高く、カラー液晶なので、見やすいかと思います。
ただし、タッチパネルではないため、操作は若干慣れが必要です。

 

筐体は完全メタルボディーです。
さらに、バンドも鋼タイプを選べば完全メタルボディースマートウォッチとなります。

 

歩数や距離などの運動量の計測も可能です。
ただし、Uwatch本体にはGPSが付いていないため、どのくらい正確な計測ができるかは使ってみなければわかりません。

 

各種通知も表示できます。
LINEやメールが確認できるのは便利ですね。

 

心拍数の計測も可能です。
人によっては、心拍数を気軽に計測できるというのはとても重要です。

 

睡眠モニター機能も付いています。
ただし、どの程度の精度かは物によってだいぶ異なるため、こちらも使ってみなければなんとも言えません。

 

設定や連携は、スマホアプリから行えます。
アプリの出来も、使いやすさに直結する部分なので、ここもとても重要です。

 

バッテリー持ちはかなり長いです。
通常利用時は、7日程度持つらしいので、Apple Watchの2倍近い長いです。

 

デザインは全部で3種類あります。
Amazonではレッド色の販売はされていないため、レッドが欲しい方は海外通販サイトを利用する必要があります。

 

サイズはこの様になっています。

 

動画

【悲報】Apple Watch 完全敗北【UMIDIGI UWatch特徴まとめ】

 

ネット上の声

  1. 質感は上々です。金属のベルトも安っぽくありません。アプリも日本語対応でした。操作は画面下のボタンをタップして行います。入門機としては良いかと思いました。
  2. 日本語で使えて、軽くて、防水対応でした。1週間くらい電池が持ちました。設定はアプリと接続するだけでとても簡単です。文字盤は好きな画像に変更できます。LINEやTwitterの通知も問題なく表示されます。画面は明るく、昼間の外でも見やすいです。丸型ですが、画面が四角いので余白がもったいないなと思いました。いい買い物をしたと思います。
  3. 他社のスマートウォッチを使ったことありますが、機能に大きな違いはありませんでした。LINE通知が見れるのはやっぱり便利です。特筆すべき点は見た目の高級感です。この価格帯だと安っぽいものがほとんどで、バッテリー持ちも悪いですが、Uwatchはガラス画面と金属ボディーなので高級感があります。壁紙をカスタマイズできるのも良いと思いました。ただし、バイブレーションが少し弱いです。
  4. 使用直後は待受画像を変更できてとてもいいと思いましたが、凄い勢いでバッテリーが減っていきます。初期不良かもしれませんね。
  5. 金属タイプのつけ心地は、マグネットで自由な位置に固定できるので、ゆるすぎることもきつすぎることもなく、とても良かったです。バッテリーの持ちは、公式だと7日持つと書かれていましたが、2~3日くらいでした。スマートウォッチの入門機としては安くて良いと思います。

 

ポイント

良い点

  • 激安
  • 高品質なデザイン
  • バンドがかっこいい
  • 文字盤のデザインは自由に変更可能
  • 心拍数測定可能
  • LINE、Twitterなどの通知もチェック可能
  • 日本語対応
  • Amazonで買える

気になる点

  • タッチパネル非対応
  • バッテリーは使い方によってだいぶ変わる?(2日~7日程度)
  • GPS非搭載
  • 機能の追加などはできない

 

まとめ

激安でこの品質はかなり良さげですよね。
この価格帯のスマートウォッチはたくさんありますが、どれもプラスチッキーで安っぽいのがほとんどです。
お金を出せば、高級感のあるモデルも買えますが、3000円程度でこの高級感は他には無いかもしれません。

筐体が金属という点が凄い良いですね。
重量も70g程度とそこまで重たくないので、普通のゴツ目の腕時計くらいだと思います。
個人的に金属タイプのバンドモデルは1万円クラスのデザインに思えてしまいます。

画面はカラーで壁紙も変更可能という点がすごいですね。
安いスマートウォッチはたいていカスタマイズができません。
この低価格でカスタマイズ性も取り入れている点がユーザーに寄り添った作りをしていると思えますね。
壁紙って凄い大事ですからね。

Apple Watchの凄いところは、いろいろな機能を追加できる点です。
逆に、機能を追加しないなら、Apple Watchである必要はありません。
時刻を見て、歩数を計測して、心拍数を計測して、通知をチェックして…くらいしか使わないなら、UWatchで十分かもしれません。

次回は実際に開封した様子をご紹介致します。

【GearBest】UWatch

 

目次

【目次】UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

コメント