1万円界のiPhone Xs!?開封レビュー【UMIDIGI A3 / A3 Pro】

今回は、8000円台で買えちゃう、iPhoneXsを真似たスマートフォンを開封いたします。

提供:UMIDIGI

目次

【目次】UMIDIGI A3

UMIDIGI A3 / A3 Pro

iPhone Xs発表会後に発表された、iPhoneXsシリーズをパクったスマホ第1段です。
激安ですが、docomoのBadn19に対応した、グローバルバンド対応スマホです。
今回開封するモデルはUMIDIG A3ですが、似たようなスペックのUMIDIGI A3 Proというモデルもあります。

【UMIDIGI】公式ページ

【AliExpress】UMIDIGI A3

 

スペックの詳細はこちらをご確認ください。

UMIDIGI A3 / A3 Proの違い

【AliExpress】UMIDIGI A3 Pro

 

開封

UMIDIGIスマホはすべてのスマホパッケージが同じ物を流用しています。
賢いコスト削減方法ですね。

 

モデルはA3、カラーはスペースグレーです。

 

グローバルバンド対応ですが、auバンドには非対応です。
これは、対応していても、使う人が限りなく少ないので良い選択だと思います。

 

すでに開封済みなので、疑似開封となります。

 

付属のTPUケースは厚手で、安っぽくなく結構高品質です。
指紋認証センサーの周りが大きく広がっているのは考えられていますよね。

 

端子周りも、適当にガバっと穴が空いている訳でもなく、綺麗に最適な穴となっています。

 

ボタンも押しやすいです。

 

カメラ部分はケースを付けると若干凹みますので、レンズが傷つく心配はありません。

 

ニッチなストラップホールも付けてくれる優しさを感じますね。

 

左上の角にも穴が空いていますが、ここにストラップを付けてもいいのかな?

 

本体の下には綺麗な紙が入っています。

 

中にはSIMピンとマニュアルが入っていました。

 

更に下にはmicroUSBケーブルと海外端子のACアダプターが入っています。

 

そして、こちらが本体です。
背面のガラスパネルがシンプルなんですが、とても美しいです。

 

ご覧の通り、ピカピカなので、鏡のように反射するほどです。

 

透明のガラスの下に見えるスペースグレーがおしゃれです。

 

UMIDIGIのロゴもかっこいいですね。

 

指紋認証もガラスパネルと同じ色とデザインで統一感がありますね。

 

下側面にはスピーカー , microUSB , マイク , 3.5mm Jackを搭載しています。

 

右側面には音量ボタンと電源ボタンを搭載しています。

 

ボタンの作りも文句ありません。

 

上側面には何もありません。

 

側面にシルバーアルミはサラサラとした質感とデザインになっていました。

 

左側面にはSIMカードスロットを搭載しています。

 

SIMピンで取り出すタイプです。

 

スロットは、かなり便利なトリプルスロットタイプです。

 

2枚のNanoSIMを入れつつ、microSDカードも入れることが可能です。

 

ディスプレイには予め保護フィルムが貼られていました。
とても綺麗に貼られており、気泡一つなく、ズレもない完璧な状態でした。

 

下のベゼルはこんな感じ。

 

上のベゼルはこんな感じ。
フィルム貼りが凄い上手ですよね。

 

早速起動させました。
すでに初期設定済みです。

 

楽天モバイルのdocomo SIMもしっかりと認識してくれました。
我が家はプラチナバンド非対応だと、3Gになってしまうエリアですが、全く問題なく4Gが電波MAXで繋がりました。

 

設定メニューも全て日本語になっています。

 

Google Playにもしっかりと対応しています。

 

通信速度も大丈夫ですね。

 

お昼の12時にこのスピードなら、問題ないですね。

 

ポイント

良い点

  1. 超激安
  2. トリプルスロット搭載
  3. 片手でも持ちやすいサイズ
  4. グローバルバンド対応
  5. バッテリー容量がきちんと確保されている
  6. 指紋認証搭載
  7. 顔認証搭載
  8. ガラスパネルがとても綺麗

気になる点

  1. RAMは2GBしかない
  2. ROMは16GBしかない
  3. microUSBがゆるい
  4. 指紋認証のスピードは遅い
  5. 動作スピードは全体的に遅い

 

まとめ

まだ、開封して間もないですが、筐体デザインはとても満足度が高いです。
ガラスパネルは滑り止め効果があり、サイズも小さいことから、とても持ちやすいです。
iPhone 5レベルではありませんが、このサイズとお値段なら、ケースなしで使ってもいいなと感じました。

動作スピードは全体的に少し遅いと感じます。
フリーズするほどではありませんが、普段ハイスペックな機種を使っている人だとサブとしてはちょっと物足りないと感じるかもしれません。
Web検索や動画鑑賞する分には問題無いので、スマホ自体それほどこだわっていない人にとっては、十分なスピードだと思います。

ディスプレイは若干白っぽいなと感じました。
明らかに白っぽいわけではなく、比較するとそう見える程度なので、使っていて困ることはありませんでした。
コントラスト比が低いディスプレイを使っているのかと思います。

使っていて気になったのは、microUSB端子がゆるいという点です。
刺した状態で、放置した状態では問題ないのですが、充電しながらスマホをいじると、すぐに抜けてしまいました。
他の端末と比較してみても、明らかにゆるいですね。
もともときつめのケーブルを使えば、ちょうどよい感じでした。

1万円なので、当然それ以上に高い機種と比べると、劣る点は多々ありますが、値段を考えれば十分凄い端末だと思います。
スマホにお金を掛けたくない人は、まずこれを検討するのが良いかと思いますよ。

次回は、カメラやベンチマークなどを検証してみようと思います。

【UMIDIGI】公式ページ

【Amazon】UMIDIGI A3

【Amazon】UMIDIGI A3 Pro

【AliExpress】UMIDIGI A3

【AliExpress】UMIDIGI A3 Pro

 

目次

【目次】UMIDIGI A3

コメント