Surface Go対抗馬の中華PC Chuwi CoreBookのスペックを徹底比較【Chuwi CoreBook , ノートPC】

Chuwi-CoreBook-サムネイル

今回は、発売したばかりのSurface GOとデザインもスペックも似ているChuwiの新端末を比較してみました。

GEAR BEST

中華タブレットを買うならまずはこのサイト!
あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。
海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

【GearBest】トップページ

 

Chuwi CoreBook

Surfaceとデザインが非常に似ているタブレットパソコンです。
2017年11月15日にINDIEGOGOにて出資受付を行い、無事ゴールした端末です。
6月頃には出資した方に到着したようですが、現在一般販売が開始しました。
ドッキングタイプのキーボードとペンが付属します。

【GearBest】Chuwi CoreBook

【GearBest】Chuwi CoreBookで検索

Chuwi CoreBook 現在価格

中国Chuwiが本気でSurfaceGoを作ったらコスパ最強だった【Chuwi CoreBook】

 

Surface Go

Surfaceの低価格帯のモデルです。
Surface Proよりもスペックと価格が低下しており、サイズも小さくなっています。

 

スペック

製品名 Chuwi CoreBook(CWI542) Surface Go
価格

合計:56,409円
(本体,キーボード,ペン)

本体:69,984円(64GB)
89,424円(128GB)
キーボード:16,632円
ペン:12,744円
合計:99,360円(64GB)
118,800円(128GB)
ダークグレイ シルバー
OS Windows 10 Windows 10
CPU Intel Core M3 7Y30 Pentium Gold 4415Y
GPU Intel HD Graphics 615 HD Graphics 615
RAM 8GB 4GB
8GB
ROM 128GB(SSD) 64GB(eMMC)
128GB(SSD)
microSD 最大128GB 対応
WIFI 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 a/b/g/n/ac
SIM 非対応 非対応
DSDS 非対応 非対応
画面 13.3インチ
1920 x 1080px
10インチ
1800 x 1200px
カメラ 背面:500万画素
前面:200万画素
背面:800万画素
前面:500万画素
インターフェース microSDカードスロット
USB Type-C
microUSB
3.5mm Jack
microSDカードスロット
USB Type-C
充電端子
3.5mm Jack
GPS 非搭載 非搭載
Bluetooth 4.0 4.1
バッテリー 連続使用8時間
充電速度3時間
連続使用9時間
付属品 タブレット
EUプラグ充電器
マニュアル
タッチペン
キーボード
不明
サイズ 42.00 x 27.50 x 7.00 cm
1046g
1.8kg(本体+キーボード)
245 x 175 x 8.3 mm
522g
773g(本体+キーボード)
ドラクエベンチ
(最高FHD設定)
約3400点 なし
Antutu Ver6 約218,000点  
発売日 2018年6月頃 2018年8月

 

特徴

美しいデザインだけでなく、スペックも高いため、メインのノートPCがとして利用可能なレベルとなっております。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (1)

 

13.3インチのため、サイズは結構大きいです。
そのため、重量も1.7kgと重たいです。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (2)

 

筐体

持ち運び可能な薄型ボディーです。
重量こそありますが、カバンに入れて十分持ち運び可能です。
丸みのあるアルミのカーブデザインを採用しています。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (3)

 

薄型化するための技術が採用されているそうです。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (4)

 

ディスプレイ

13.3インチのFHD、タッチディスプレイです。
付属のタッチペンは1024段階の筆圧にも対応しているので、使い勝手は良さそうです。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (5)

 

CPU

Chuwi CoreBookの特徴でもあるCPUスペックは結構高いです。
Intel Core M3 7Y30のスペックがあれば、大抵のことは難なくこなせます。
動画編集もある程度可能ですから、メインPCとして利用しても良いかもしれません。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (6)

 

RAMとROM

RAMは8GBと大容量です。
ROMも128GBと大容量です。
ROMはSSDですから、格安タブレットに搭載されているeMMCよりも読み書きが高速です。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (7)

 

microSDカードも挿入可能なので、データ保管容量として利用すると便利かもしれません。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (8)

 

指紋認証

ディスプレイの下部には、指紋認証センサーが搭載しています。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (9)

 

キーボード

キーボードは別売りではなく、セットになっています。
ある程度ストロークがあるため、押しやすいらしいです。
配列はUS配列ですが、日本語も入力可能です。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (10)

 

タブレットにはスタンドが付いておらず、キーボードにスタンド機能が付いています。
Surfaceとはこの部分が異なります。
ただし、Surfaceと同様に角度は変更可能です。

タブレットとの接続は有線の端子なので、載せるだけですぐに使えます。
キーボードを閉じると自動的に画面がOFFになります(連動します)。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (11)

 

タッチペン

1024段階のタッチペン対応です。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (12)

 

OS

Windows10搭載です。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (13)

 

電源

充電はUSB Type-Cから行います。
12V 3Aの高速充電に対応です。
Quick Charge 2.0対応なので、スマートフォンと充電器をまとめられます。
USBは充電だけでなく、データ通信用としても使えるので、microUSBとType-Cの2つのポートが利用可能です。
USB Cは外部ディスプレイ出力にも対応しています。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (14)

 

ポート

ポートはこの様になっています。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (15)

 

バッテリー

バッテリーは連続8時間利用可能です。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (16)

 

サイズ

厚みは薄いですが、ベゼルが少し広めです。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (17)

 

言語

Windows10が内蔵しているので、日本語にも対応しています。

Chuwi CoreBook スペックレビュー (18)

Chuwi CoreBook スペックレビュー (19)

 

CPUスペック比較

Chuwi CoreBookにはCore m3-7Y30が搭載しており、Surface GoにはPentium Gold 4415Yが搭載しています。
これらCPUの性能はCore m3-7Y30の方が1.5倍ほど高いスペックとなります。

 

ゲーム

League of legendsも60fpsで遊ぶことが可能なスペックです。

Chuwi Corebook ゲームプレイ (1)

 

Counter strike Global offensice(FPS)も60fpsで遊べます。

Chuwi Corebook ゲームプレイ (2)

 

動画

▼PV

Chuwi CoreBook Powerful 2-in-1 Intel Tablet Notebook

 

▼レビュー(英語)

Chuwi CoreBook Unboxing & Full Detailed Review

 

▼開封

Unboxing Chuwi Corebook

 

▼動作の様子

Demo Video of CoreBook T2 Stage Prototype

 

ポイント

良い点

  1. 液晶が綺麗
  2. タッチパネルの反応が良好
  3. RAM 8GB
  4. 高いCPUスペック
  5. 指紋認証センサーの反応良好
  6. スピーカー音質もGood

気になる点

  1. ポート類が上部にあるため、他のタブレット&PCとは異り違和感がある
  2. バッテリーは5~6時間
  3. マイク音質は悪い
  4. スタイラスペンの性能は低い

 

まとめ

まず、この価格でこのCPUが搭載している点が素晴らしいです。
今まででは、XiaomiのノートPCがその対象でしたが、あちらはノートPCなのとOSが中国語なので、ちょっと難ありでした。
Chuwi CoreBookは普通のノートPCとしても十分利用できるスペックですが、更に2in1タブレットとしても利用できるので、使い勝手はかなり良さそうです。

CPUスペックがここまで高ければ、インターネット検索、動画鑑賞で困ることはまずありません。
更に、動画編集からゲームも遊ぶことが可能です。
今まで、格安中華PCというと、低スペック故使い方を限定する必要がありましたが、この製品に関してはほぼなんでもできる性能があります。
もちろん、デスクトップPCや複雑な動画編集やPUBGを最高画質で遊ぶというのは難しいので、そういった利用を想定している人はデスクトップPCを購入しましょう。
この価格帯のノートPCとしては、かなり高いスペックという意味です。

タブレットとしてみると、ベゼルは少し太めに感じました。
両サイドは細いのですが、上下のベゼルが普通より2倍ほど厚みがあります。
おそらく、指紋認証やCPUなどいろいろと詰め込みつつ、厚みを薄くした結果この様になったのかと思います。

この価格でキーボードが付属するというのは非常に嬉しいですね。
Surfaceの場合、キーボードだけで、16000円しますからね。
キーボードの作りは結構よく、押しやすいらしいです。
キックスタンドも適度な硬さがありますが、Surfaceほど、寝かして使うことはできないようです。
普通に使う分には問題なさそうです。

スタイラスペンはスペック上は1024段階あり、かなり使いやすそうですが、実際はパームリジェクションが無いことを覚えておいてください。
パームリジェクションというのは、手のひらを画面に乗せた状態でも、問題なく線を書ける機能です。
これがあれば、普通の紙のように手を置いて絵を書くことが可能です。
Chuwi CoreBookで絵を書く場合は、この機能が無いため、手を空中に浮かした状態で描くか、手袋を付けて書く必要があります。
ここは、Surface Goより劣る点ですが、価格を考えれれば十分満足できると思います。
手袋さえ買えば、良いのですから、ちょっとお絵描きしたい人も良いかもしれません。

USB Type-Cポートはかなり優秀です。
充電だけでなく、データ通信、ディスプレイ出力にも対応しているので、ポートが有効活用できます。
更に、充電がQC2.0対応という点が素晴らしいです。
これにより、無駄に専用充電器を持たず、QC2.0対応の充電器を持てば良いので、持ち物が一つ減りますし、万が一充電器が壊れても困りません。
Surfaceは専用充電器ですから、こういった点はChuwi CoreBookの勝利と言えそうです。

総評すると、この価格でこのスペックはかなりコスパが高いと言えます。
気になった方は、チェックしてみてください。

【GearBest】Chuwi CoreBook

【GearBest】Chuwi CoreBookで検索

【GearBest】トップページ

コメント