【2018年最新版】1万円台で最もおすすめする360度カメラ【Wunder360 C1】

この360度カメラはすごい!

目次

【目次】Wunder360 C1 , 360度カメラ

360度カメラ

360度撮影可能なカメラは大手メーカーから中華メーカーからも様々なモデルが発売されています。

日本で最も有名なブランドと言えば、Insta360ですよね。
スマホに挿してすぐに使えるのが特徴です。
ただし、値段が高く、対応機種以外では使えません。

 

次に有名なのがリコーTHETAですが、同様に値段が高いです。

 

そして、360度カメラの最上位スペックがGoProです。
かなり綺麗に撮影できますが、パソコンを買えるくらいの金額となります。

 

そして、気になるのが中華360度カメラです。
値段は1万円台からあるため、だいぶ手を出しやすく、画質もInsta360やTHETAのローモデルと変わりありません。
しかし、撮影後に編集をしなければ360度映像として認識してくれない場合が多いため、ひと手間が必要となります。

そして、今回新たに登場した格安中華360度カメラ「Wunder360」がどちらの欠点も克服した注目の360度カメラとなります!

 

wunder360

安くて綺麗、撮影したらそのまま投稿可能な動画フォーマットになっています。
使いやすさも抜群で、初心者でも簡単に使えます。

【AliExpress】wunder360

【Amazon.com】wunder360

Wunder360 特徴 (1)

【2018年最新版】1万円台で最もおすすめする360度カメラ【Wunder360 C1】

 

スペック

商品 Wunder360
ブランド Wunder360 C1
CPU Rockchip RK1108
解像度 1600万画素
レンズ f=0.94mm F2.4
センサー CMOS
写真解像度 4096 x 2048 px
動画解像度 3040 x 1520 px @30fps
2160 x 1080 px @60fps
画角 360 x 360度
microSD 最大128GB
ディスプレイ 32x64px
バッテリー 1000mAh
WIFI 対応
手ぶれ補正 対応
9-axis
(EIS 電子手ぶれ補正)
LIVE放送 対応
VR 対応
防水 非対応
スマホアプリ Android対応
iOS対応
サイズ 109.3 x 45 x 35mm
95g

Wunder360 特徴 (6)

 

特徴

wunder360は新しい新興企業(ベンチャー)の360度カメラです。
中華激安カメラとは思えないくらいしっかりとしています。

Wunder360 特徴 (2)

 

約1.7万円で買える360度カメラですが、スペックはかなり高いです。
写真だけでなく、動画撮影もしっかりと使えるスペックが搭載しているので、旅の記念も気軽に撮影可能です。
更に、中華360度カメラとしては初?の手ぶれ補正も付いています。
持ち歩きながらの撮影も問題ありません。

Wunder360 特徴 (3)

 

持ちやすい手持ち部分が付いた目玉の親父タイプになっています。

Wunder360 特徴 (4)

 

小さいですが、ディスプレイも付いているので、スマホとペアリングせずともすぐに使えます。

Wunder360 特徴 (5)

 

360度カメラなので、両面に魚眼レンズが搭載しています。

Wunder360 特徴 (7)

 

動画撮影時には、画質は低下しますが60fpsの撮影も可能です。
綺麗に撮影したい場合は30fps。
激しい動きのときは60fpsで撮影すると良いでしょう。

Wunder360 特徴 (8)

 

写真撮影モードでは、4K画質で撮影が可能です。
集合写真もワンクリックで瞬時に撮影可能です。

Wunder360 特徴 (9)

 

スマホなしで単体で使えるのも特徴です。

Wunder360 特徴 (10)

 

タイムラプスなどの様々なモードも搭載しています。

Wunder360 特徴 (11)

 

格安360度カメラとしては初と言ってもいいくらい珍しい手ぶれ補正が搭載しています。
大手メーカー品を買わないとこの機能付きの360度カメラは手に入らなかったので、これは素晴らしいです。
手ぶれ補正がつくと、歩きながらの撮影も気軽にできますからね。

Wunder360 特徴 (12)

 

FacebookやYouTubeのライブストリーミング撮影でWunder360 C1を使うことも可能です。

Wunder360 特徴 (13)

 

360度動画を1080p動画に書き出すのも簡単です。

Wunder360 特徴 (14)

 

選択した人物を中心に捉えるスマートトラック機能も搭載しています。

Wunder360 特徴 (15)

 

撮影データは自動的に通常の平面スタイルのデータ形式に変換されるため、そのまま動画投稿や動画編集に利用可能です。

Wunder360 特徴 (16)

Wunder360 特徴 (17)

 

簡単に使えるので、日常の撮影にも大活躍間違いありません。

Wunder360 特徴 (18)

Wunder360 特徴 (19)

 

様々なモードで撮影可能です。

Wunder360 特徴 (20)

 

実際の本体写真

Wunder360 特徴 (21)

 

付属品

Wunder360 特徴 (22)

 

おまけ品

Wunder360 特徴 (23)

 

動画

▼PV

The best 360 camera makes you a director:Wunder360 C1 is NOW READY!

 

▼PV

Introducing Wunder360 C1

 

▼スマートトラック(顔追っかけ)の使い方

SmartTrack is ready NOW!

▼トラッキングの仕組み

Auto-tracking(Powered by Evomotion)

 

▼オートパイロット(リアルタイム イベント追っかけ)

Auto-pilot(Powered by Evomotion)

 

▼360度動画を1080p動画に変換

How Reframed Directing works?

 

▼レビュー(英語)

Wunder360 C1 – The Good, The Bad & 10% discount!!! 📸Camera Review

 

▼開封

REVIEW: Wunder360 C1 – 4K 360 VR Camera (Wi-Fi)

 

ネット上の意見

  1. 予想よりも小さかったです。起動も速くて便利です。マダガスカルから感謝します。
  2. 明るところであれば綺麗に撮影できますが、光量が少ないところだと劣化します。ただし、これは良い品です。
  3. 品質が高く、操作も簡単。
  4. セットアップが簡単でした。この価格帯では最高の360度カメラだと思います。64GBのmicroSDカードを使ってエラーが出ましたが、フォーマットしたら直りました。
  5. カメラは非常に高品質です。パッケージはiPhoneの箱に似ています。ロシアまで10日で到着しました。

 

まとめ

製品クオリティーが高いですね!
中華アクションカメラの一つとして含めてしまうのは間違いな気がします。
Insta360,GoPro,THETAそしてwunder360と続いても良いかもしれません。

オートパイロット機能がめちゃくちゃ気になりますね!
映像中のイベント(動きが大きな場面?)を自動的に追っかけて自動的に最適な映像を作ってくれるみたいです。
これが本当に実用レベルであれば、どの360度カメラよりも買うべき端末になりますよ!

撮影した映像ははじめから360度動画として使いやすい形式に変換されます。
安い中華360度カメラは、2つの球体映像で録画されるため、それを360度映像に変換する手間が発生します。
その分安いのですが、やはり最初から編集済みのほうが嬉しいですよね。
wunder360は編集済みデータで保存されるので嬉しいですね。

指定した人物?をポイントすれば、追っかけてくれる機能もあります。
360度カメラの映像をそのままYouTubeにアップロードするよりも、従来の2D(1920x1080px)の映像に編集した方が圧倒的に見やすいので、こういった機能は嬉しいですね。
更に細かい編集をしたい場合も、簡単に行えるのも素晴らしい点です。

安いけど、簡単にしっかり使える360度探している人は是非ゲットして使ってみてください。

次回は、本体の開封レビューを致しますヾ(´ω`)ノ

【AliExpress】wunder360

【Amazon.com】wunder360

 

目次

【目次】Wunder360 C1 , 360度カメラ

コメント