【中華GoPro・ThiEYE T5e】クリップマウントを使って、100円ショップに行ってみた。(車載映像)

車の内側に取り付けて車載映像を採りました。また、クリップマウントも付けて撮影もしてみました。

 ThiEYE T5eとは?

中華GoPro市場でもかなり高品質なカメラとして結構人気のモデルです。

発売は1年ほど前ですが、今回レビューする製品は最近リニューアルされたNewバージョンです。

新バージョンにはなんと!外部マイク端子が搭載しているのです!

読み方はディー↑アイ↓ ティーファイブイーです。

【GearBest】ThiEYE T5e

 

使った機材

車載映像は吸盤で取り付けるマウントです。

真空状態にするタイプのものであれば、ガラス面にしっかりとひっつくので、安心です。

IMG_20170523_095649IMG_20170523_095639

 

▼こんなのに入っています。

 

クリップマウント。結構大きくて強力なクリップです。これは1年ほど前にGearBestで買ったものです。

IMG_20170523_095543

 

結構大きい

IMG_20170523_095546

 

上の三脚ネジマウントは上のGoProアクセサリーグッズに入っていたものです。

IMG_20170523_095551

 

ここが変形して回転するのがポイント。お陰で斜めがけバッグにも取り付け出来ます。

IMG_20170523_095559

 

クリップ部分はびっしりとギザギザが付いているので、食い込んでずれません。

IMG_20170523_095616

【GearBest】TELESIN Backpack Clip

 

動画

【中華GoPro・ThiEYE T5e】クリップマウントを使って、100円ショップに行ってみた。(車載映像)

・元動画ステータス(1920×1080,60fps,手部r補正EIS-ON)

 

まとめ

結構良い感じに撮影ができましたね。

車のフロントガラスに貼り付けて撮影しただけなんですが、ブレもなく良い感じの映像でした。

カメラは逆さ状態になりますが、動画編集時点で回転させています。

 

手ぶれ補正に関してもしっかりと補正されていますね。

ヌルヌルとまでは行かないですが、衝撃は吸収してくれています。

更にぬるっとした映像にしたい場合は、Googleフォトアプリを使ってスタビライズを行うと良いかと思います。

 

今回使ったクリップマウントは取り外しが非常に簡単で使いやすいですが、チェストマウントにしたほうがよりブレが抑えられます。

クリップマウントは、ショルダーバッグの肩紐に取り付けているだけなので、体にガッチリと固定するチェストマウントよりはブレやすいです。

簡単に取りはずし出来るのがクリップマウントの特徴なので、その辺を使い分けるとより便利かと思います。

【GearBest】ThiEYE T5e

 

関連リンク

【中華GoPro・ThiEYE T5e】まとめリンク集

コメント