【ILIFE A4Sロボット掃除機】1回で取れるゴミの量を検証してみました。

ロボット掃除機を1回動かすと、どれくらいゴミが取れるか気になりますよね。

今回は、海外の激安ロボット掃除機として世界中で人気のILIFE A4Sを使って検証してみました。

ILIFE A4S

ルンバと同じ性能があるのに価格は半額です。

ダストボックスのタンクも大きくて、大量のゴミを一度に掻き込める性能があります。

低価格かつハイスペックのため、世界一売れているロボット掃除機かもしれません。

【GearBest】ILIFE A4S

ILIFE A4S US 価格

 

1回で取れるゴミの量

ロボット掃除機によってダストボックスの容量が変わります。

ILIFE A4Sに関しては、ロボット掃除機の中では大容量タイプの450mlのサイズとなっています。

1回動かすと約2時間は家の中を動き回ってくれるので、大抵の家はこれ1台で十分に家中のゴミをかき集めてくれます。

 

▼1回動かすことでこれくらいのゴミをかき集められます。

 

ILIFE A4Sの良いところ

このロボット掃除機を使い始めて半月がたちました。

毎日深夜0:30にセットした時刻になると、自動的に掃除を始めてくれています。

 

他にもILIFE  V7S Proというモデルがありますが、それよりもゴミ捨ては少しだけし易いと感じています。

ただし、掃除能力的スペックに違いはなく、ILIFE V7S Proには水拭き掃除機能も搭載していますから、そちらのほうが上位機種となります。

【ILIFE V7S Pro・ロボット掃除機】レビューまとめ

 

まとめ

ロボット掃除機として、満点をあげていいくらい毎日活躍してくれています。

大量のゴミを自動的にかき集めてくれて、朝にゴミを捨てる作業だけで、毎日の掃除が完了します。

 

アレルギー持ちで、ハウスダストに弱い僕ですが、ロボット掃除機を使い始めてから、格段にくしゃみをする回数が減りました。

空中から落ちて地面に溜まった塵を夜中にまとめて掃除してくれるため、毎日部屋の空気がリセットされて、空気清浄機を置いているのと同じような効果があると思います。

 

性能的にはILIFE V7S Pro > ILIFE A4Sとなるため、それぞれの値段をチェックしてベストな方を選択すると良いかと思います。

【GearBest】ILIFE A4S

【ILIFE V7S Pro・ロボット掃除機】レビューまとめ

コメント