Fit Bit Zipの電池交換の方法・仕方

2017年1月19日にとてもコンパクトな活動量計のFit Bit Zipを購入し、レビューしました。

そして、付属の電池が切れそうになったので、電池交換をしてみました。

Fit Bit Zipとは?

以前に開封レビューをしましたので、そちらをチェックしてみてください。

【Fit Bit Zip】すごいコンパクトな歩数計・万歩計・活動量計!を買ってみた

 

電池の種類

▲上の写真の電池はCR 2032形電池なので間違いです。似ていても型番が違う可能性もあるので注意してください。ボクは間違って使ってしまいました。その結果、1ヶ月で電池が切れました。fitbit zipが壊れることはありませんでしたが、故障の原因になるので、しっかりと型番は注意しましょう。

電池はCR 2025 という型番の電池で、ボタン電池の中では最も一般的で、よく使われている電池です。

デジモンなどでも使われていたので、よく知っているという人も多いかと思います。

 

最初に購入したときにも付属していたのですが、サンプルの電池みたいですね。

というのも、本来は1つのボタン電池で4~6ヶ月電池が持つらしいからです。

本日でちょうど1ヶ月しか経過していませんが、電池残量があと僅からしいです。

 

通知

なぜ電池残量が残り少ないかわかったかというと、登録したメールアドレスにメッセージが受信したからです。

このようなメールが本日受信しました。

Zip のバッテリー残量が低めです。できるだけ早くバッテリーを交換してください。

Fitbit Zip は、3V ボタン電池(CR 2025)で動いています。電池を販売店であれば、たいていの場合入手できます。

あなたのZipにあるバッテリーを交換するには:

1. 同梱されている電池交換ツールを使って、背面のふたのスロットに挿入し、反時計回りに回してロックを解除します。
2. プラス(+)側が上向きになるように電池を入れ直し、矢印をロック解除アイコンに合わせて電池のふたを閉めます。
3. 電池交換ツールを使って時計回りに回し、電池のふたをロックします。ふたは本体背面にぴったり収まるはずです。

通常の使用で Zip の電池は 4 ~ 6 ヶ月持続します。 注意:バッテリーの寿命と充電サイクルは使用や設定の仕方その他の要因により変わり、実際の結果には変動があります。

他にもスマホのアプリやFit Bit Zip自体でも残量のチェックはできますが、メールで通知してくれるというのはありがたいですね。

 

交換方法

Fit Bit Zipの画面にも電池がないよっていうマークが付いていますね。

 

 

裏面に電池蓋があります。

 

付属のドライバーを使って開けることができます。

 

溝にはめて回すだけのかんたんな仕組みになっていました。

 

試しに100円玉を当ててみると、ぴったりでした。おそらく合わせて作っているんでしょうね。

 

開けると電池が入っているので、交換して終わりです。

 

まとめ

1分もあればかんたんに電池交換ができました。

そして、その際に専用のドライバーなしでも硬貨で開けられるのもいいと感じました。

専用のものだと、絶対になくしてしまいますからね。

1年に2,3回だけ交換すれば、充電せずに使えますし、電池も100円ショップに行けば売っているので、使い勝手はなかなかいいと感じました。

 

FitBit zip自体も毎日ポケットにつけていますが、非常に小さいため、日常生活に全く支障なく使い続けることができています。

腕につけるタイプのものよりも、僕にはこちらがあっているようです。

時計型ではない、活動量計を探している人におすすめできるかと思いました。

 

あとがき

2017年4月1日現在Fit Bit Zipが一切反応しなくなってしまいました。

電池一ヶ月前にこの記事で書いたように電池の交換はしたので、電池が原因ではないと思うんですよね。

念のために、明日電池を買ってきて検証してみようと思います。

 

2017年4月2日 電池を交換した所直りました。

原因はCR 2032電池を使っていました。

形が同じだったので、普通に入れることが出来て、起動もしていたので気が付きませんでした。

ただし、それでも1ヶ月ちょいは使えたということに少し驚きです。

皆さんは間違った型番の電池を入れないようにしましょう

 

Fit Bit Zipまとめリンク

【Fit Bit Zip】すごいコンパクトな歩数計・万歩計・活動量計!を買ってみた(開封フォトレビュー)

Fit Bit Zipの電池交換の方法・仕方

コメント