世界一売れている、激安3000円のスマートバンドが凄すぎる!【スマートウォッチ , Xiaomi Mi Band 2 , 開封レビュー】

最近はとても人気が出ている活動量計ですが、日本で売られている物を買うとどうしても1万近い金額が必要になってきてしまいます。
しかし、中国製のモデルをチェックしてみると、驚くほど安い製品がありました。

提供:GEAR BEST

NoName2016-7-25-No-003

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

GEAR BEST トップページ

 

Xiaomi(シャオミ)ってなに?

中国のAppleとも言われているほど、中華企業とは思えないほど高品質なスマートフォンやタブレット、そして家電までも製造しているメーカーです。
中国人にとってXiaomiの製品を持つというのは一つのステータスとも言われているらしいですよ。
今となっては、中国だけでなく、アメリカやヨーロッパまで世界各地で人気がある有名なメーカーとなりました。

日本で有名な中国メーカーと言えば、ファーウェイがありますが、それと似たような企業となります。

Xiaomi HP

NoName2016-8-23-No-000.png

 

活動量計ってなに?

NoName2016-8-23-No-001.png

個人的に活動量計と言われて思いつくのはup by jawbonefit bitsony だったりしますけれど、どれを見ても1万くらい、そして高いものになると2万円もの金額になってしまいます。

金額が高い分高機能なのかもしれませんが、大体の計測する内容は大差ありません。

大きな違いは見た目やディスプレイのサイズだったりするところが大きいです。

活動量計の基本機能は以下の3つになります。

  • 歩数計
  • 心拍数
  • 睡眠時間
  • 時計

 

Mi band 2ってなに?

NoName2016-8-23-No-002.png

名前にも2と書かれているように2つ目のMi bandになります。

1つ目のモデルは、ディスプレイ無しのLEDのみのモデルだったため、スマホを見ないと歩数量が見れなかったります。

現在も販売されていて、その分お値段が安かったりもします。

そして、2になると、小さな液晶が搭載されたので、スマホを見ずともその日の分の歩数量などをチェックすることが可能になりました!

 

Mi band 2の活動量計としての機能は

  1. 歩数計
  2. 心拍数
  3. 睡眠時間
  4. 歩行距離
  5. 脂肪燃焼量
  6. 時計
  7. 1時間運動してなかったらお知らせ機能

となっています。

とてもシンプルで活動量計を付ける全ての人がほしいと思える機能すべてが備わっている用な感じです。

そして、更にスマホと連携して使える機能が

  1. 着信お知らせ
  2. アラーム連動
  3. アプリ通知連動
  4. SMS通知

などがあります(一部)

Xiaomi Mi band2 の現在の価格を確認する。

 

スペック

商品名:Original Xiaomi Mi Band 2 Heart Rate Monitor Smart Wristband – BLACK
Bluetooth 4.0
言語:英語,中国語(日本語無し)
防水:IP67(水に入れてもOK)
対応OS:Android4.4 , iOS 7.0以上
バッテリー容量:70mAh
連続使用:20日
フル充電時間:3時間
Dial size: 4.03 x 1.57 x 1.05 cm
Band size: 23.5 x 1.05 cm
重量:17g

1470446590466874.gif 1470446593578404.jpg 1470446594706893.jpg 1470446593742091.jpg 1470446603917313.gif 1470446602122385.jpg 1470446599596417.jpg 1470446606379279.jpg 1470454805906855.jpg 1470446605772353.jpg 1470446610240573.jpg 1470446609285472.jpg 1470446611174561.jpg 1470446613306314 (1).jpg

Xiaomi Mi band2 の現在の価格を確認する。

 

開封

海外から到着することになりますが、Amazonほどではないにしろ、しっかりとしたパッケージングがされています。

IMG_9272.jpg  

 

プチプチ付きのパッケージなので、衝撃にもそこそこ安心です。

IMG_9274.jpg

 

そして、Xiaomi Mi band 2の箱はとてもかっこよく綺麗でした。
3000円で買えるとは思えないくらいしっかりとしていますね。

IMG_9275.jpg

 

このXiaomi Mi Band 2には2つのモデルが存在しています。
1つは中国モデルで、もう一つはグローバルモデル(世界)です。
ただし、この2つの違いは、マニュアルと箱の裏面にかかれている文字が、中国語か英語かの違いです。
物自体は同じなので、安い方を買いましょう。

IMG_9276.jpg

 

さすが、中国のAppleと言われているくらいで、箱の中身もとてもしっかりとしています。

IMG_9277.jpg

 

蓋の内側にはスポンジがしっかりと詰まっていて、梱包剤としても良く、デザインもしっかりとしていて、高級感すら感じます。

IMG_9278.jpg

 

そしてこちらが、Xiaomi Mi Band 2の本体部分です。

IMG_9279.jpg

 

上の部分を上に持ち上げると、バンドが入っていました。

IMG_9280.jpg

 

付属品は、専用充電ケーブル、バンド、本体、マニュアル(中国語)でした。

IMG_9281.jpgIMG_9282.jpgIMG_9283.jpgIMG_9284.jpgIMG_9285.jpgIMG_9286.jpg

 

こちらが、Xiaomi Mi Band 2の本体部分です。
これをバンドに取り付けて使うことになります。

IMG_9287.jpg

 

Xiaomi Mi Band 2は防水になっているため、手を洗う時なども付けた状態で使うことが出来ます。

IMG_9288.jpg

 

厚みはスマホのiPhone5くらいの厚みですね。

IMG_9289.jpg

 

充電する際は、この充電器にセットして、USBで充電することになります。

IMG_9290.jpg

 

充電端子は専用のものなので、なくしたりすると、充電ができなくなります。
この充電ケーブル自体は、百円程度で売っているので、Xiaomi mi band 2を買う際に一緒に呼びを買っておくと断線や紛失したときも安心かもしれませんね。

IMG_9291.jpg

 

そして、このように接続して充電することが出来ます。
一度充電させれば、連続20日使うことが出来るので、頻繁に充電させる必要はありません。

IMG_9292.jpg

 

付属のバンドはシリコン製です。
他にもいろいろなタイプのバンドが別売りされているので、購入する際に一緒に買っておけば、付け替えて楽しむことも出来ますね。

IMG_9293.jpg

 

付属のバンドの質感はとても良くて、触り心地もつけ心地も抜群です。

IMG_9294.jpg IMG_9295.jpg IMG_9296.jpg IMG_9297.jpg

 

腕につけてみました。
腕時計よりは格段に細いですね。

IMG_9309.jpg

 

文字盤も小さめですが、問題なく見ることが出来ます。

IMG_9310.jpg

 

専用アプリが出ていて、日本のスマホでもダウンロードが可能である。
もちろん、Android , iOS(iPhone)で使うことが出来ます。

【Android】Mi Fit

【iOS】Mi Fit

IMG_9298.jpg

 

使用するときは、会員登録をして使うことになります。
これにより、データをクラウドに保存して置けるので、スマホを機種変してもデータを持ち越すことが出来ます。

IMG_9299.jpg 

 

IMG_9300.jpg IMG_9301.jpg IMG_9303.jpg IMG_9304.jpg IMG_9305.jpg IMG_9306.jpg IMG_9307.jpg IMG_9308.jpg IMG_9311.jpg IMG_9313.jpg IMG_9314.jpg IMG_9315.jpg IMG_9316.jpg IMG_9317.jpg IMG_9318.jpg IMG_9319.jpg IMG_9320.jpg IMG_9321.jpg 

Xiaomi Mi band2 の現在の価格を確認する。

 

1週間ほど使った感じ

僕の場合、普段腕時計などは付けていないため、Xiaomi Mi Band 2を腕につけているのは少し違和感を感じました。
特にキーボードを打っているときはじゃまに感じることもあります。

その為、寝る前に付けるのを忘れていたり、丸一日つけていなかったりということもありました。

ただし、普通の腕時計とつけ心地は全く変わらないと思います。

 

運動量は、1時間毎に更に細かく見ることも出来ます。

Screenshot_2016-08-23-03-13-54.png

 

睡眠量はレム睡眠・ノンレム睡眠でしっかりと計測してくれます。

Screenshot_2016-08-23-03-14-11.png

その他にも、平均値を出してくれたり、一日のゴールを設定したりと細かい調整も可能になっています。

 

動画

水に入れても、凍らしても、沸騰させても壊れないタフさ。汚れたら洗えば良いのはいいですね。

 

まとめ

正直ボクはリストバンド型の活動量計はこれで3つ目です。
1つは、up by jawbone,2つ目はAmazonの無名メーカーのものです。
jawboneは4年くらい前に発売された時にすぐに買ったもので、腕のサイズ調整ができないのと、厚みがそこそこあるため、正直今となってはあまりいいものではないと思います。
今もなお同じようなjawboneは販売されていますが、自分の腕にピッタリと調整できないのは使いづらいとしかいえません。

 

その点Mi band 2はバンド部分が柔らかく、薄く、調整も可能なため、キーボードを打つ際もそれほど邪魔ではありません。
ボク自身普段から腕時計は付けないので、腕に物を付ける習慣というものがありません。
そのため、これに慣れるのは少々時間がかかるかと思いますが、それでも、リストバンド型の活動量計の中ではかなり高いコスパがあると思います。

実際、Xiaomi Mi Band2よりも分厚いタイプの活動量計を母親にプレゼントしたところ、喜んで毎日つけています。
邪魔じゃないかを聞いてみましたが、全く邪魔じゃないそうです。
Xiaomi Mi Band 2は活動量計の中でも、コンパクトなモデルなので、普段から腕時計などをつけている人は全く気にならないと思います。

日本で売られている製品は、画面無しだと5000円前後、画面付きだと1~2万という感じなので、画面付きでこの金額はやばいコスパです。

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

※通常バージョン(中国Ver)とINTERNATIONAL VERSIONがありますが、付属のマニュアルが中国語か英語かの違いです。
Xiaomi Mi Band 2本体に違いはないので、その時安い方を購入しましょう。

【GearBest】Xiaomi Mi Band2

 

つづき

【Xiaomi Mi Band 2 , 活動量計】レビューまとめ

コメント

  1. […] 開封レビュー記事:【中華スマートウォッチ】超激安の中華活動量計が安すぎる!Xiaomi Mi Band 2 […]

  2. […] 【中華スマートウォッチ】超激安の中華活動量計が安すぎる!Xiaomi Mi Band 2 […]

  3. […] 【中華スマートウォッチ】超激安の中華活動量計が安すぎる!Xiaomi Mi Band 2 […]

  4. […] 過去記事 […]