Kospet Hope スマートウォッチのスペック情報と特徴まとめ

スマートウォッチだけの生活

外に行く時、スマートフォン持ち歩きますよね?
でも、SIMを入れられるスマートウォッチを持てば、スマホ自体いらないかもしれません。

今回は、そんなスマートウォッチをご紹介いたします。

 

Kospet Hope

【TOMTOP】Kospet Hope

Kospet Hope (1)

 

スペック

基本情報
製品名 Kospet Hope
発売日 2018年12月頃
OS Android 7.1.1
Antutu 約30,000点
デザイン
本体サイズ ダイヤル:49 x 17.5mm
全長:265mm
┣ 重量 71.2g
┣ 材質 金属
セラミック
シリコン
┗ カラー ブラック
画面サイズ 1.39インチ
┣ 解像度 400*400 px
┗ 比率  
その他特徴 AMOLED
シングルタッチパネル
Android 5.1 & iOS 8.0以上とペアリング可能
IP67防水防塵
日本語対応
Google Playストア対応
ハードウェア
CPU MTK6739
┣ 周波数 1.25GHz
┗ コア数 4つ
GPU  
RAM 3GB
ROM 32GB
認証センサー なし
USBタイプ なし
microSDスロット 搭載
3.5mm Jack 搭載
付属品 1 X Smartwatch
1 X Data line
1 X User Menu
1 X Protective film
カメラ
アウトカメラ 800万画素
┣ センサー  
┗ F値  
インカメラ なし
┣ センサー  
┗ F値  
その他特徴  
通信
対応バンド TDD, LTE, B38, B39, B40, B41
FDD LTE:B1,B2,B3,B5,B7,B8,B12,B17,B20
TD-SCDMA: B34,B39
WCDMA: 850 /1900/ 2100MHz
GSM 850/900/1800/1900
┣ SIMタイプ Nano SIM
┗ DSDS 非対応
Wi-Fi 対応(詳細不明)
Bluetooth 4.0
GPS GPS
GLONASS
バッテリー
バッテリー容量 620mAh
連続使用3~5日
急速充電 5V 1A

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
     
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

Kospet Hopeは4G SIMに対応した、ハイスペックスマートウォッチです。

Kospet Hope (3)

 

筐体の品質にはこだわっているらしく、利用者も満足している声が多いです。

Kospet Hope (4)

 

仕事中も利用できるくらいの違和感のないデザインです。

Kospet Hope (5)

 

ディスプレイは円形で、LEDの最高峰AMOLEDディスプレイを採用しています。
解像度も400x400pxとかなり高解像度です。

Kospet Hope (6)

 

4G LTEに対応しているため、このスマートウォッチ単体でインターネットや通話が可能です。
スマートフォンとのペアリングにも対応しています。

Kospet Hope (7)

 

スマートウォッチなのに、RAMが3GB、ROMも32GBとスマホ並の大容量です。

Kospet Hope (8)

 

そして、案外嬉しいカメラ付きです。
500万画素をシステム的に800万画素にアップしているだけなので、画質はそこそこですが、ちょっとメモ程度に撮影するには使える画質です。

Kospet Hope (9)

 

運動する時の記録としても便利です。

Kospet Hope (10)

 

心拍測定機能もついています。

Kospet Hope (11)

Kospet Hope (20)

 

ただ、精度はそこまで高くないらしいので、期待しないほうがいいかもしれません。

Kospet Hope (21)

 

GPSもついているので、スマホを持たずにランニングができますね。
音楽を入れて、Bluetoothイヤホンで音楽を聞きながら走るなんてこともできるかもしれません。

Kospet Hope (12)

 

バンドは2種類付属します。

Kospet Hope (13)

 

IP67防水にも対応しています。
30分水に浸かる程度までは大丈夫ですが、これを付けた状態で水泳できるほどではありません。

Kospet Hope (14)

Kospet Hope (27)

 

ダイヤルは好きな画像に変更することもできます。
これは、個人的に嬉しいですね。

Kospet Hope (16)

 

アプリにも対応しています。

【Android】 WiiWatch 2
【iOS】 WiiWatch 2

Kospet Hope (17)

 

文字盤周りは、セラミック素材なので、高級感があります。

Kospet Hope (22)

 

画面解像度も高いおかげで、おもちゃっぽさもありません。

Kospet Hope (23)

 

ダイヤル画像もいろいろ選べますし、お好きな画像に変更して楽しめます。

Kospet Hope (24)

 

スマホなしでこれ単体で使えるのが一番の特徴です。

Kospet Hope (25)

 

ダイヤル部の厚みは、まだまだ分厚いです。

Kospet Hope (26)Kospet Hope (28)

 

サイズ

Kospet Hope (19)

Kospet Hope (18)

 

動画

KOSPET HOPE 4G Android 7.1.1 3GB/32GB IP67 Waterproof Smartwatch: Unboxing and 1st Look
KOSPET HOPE – Most Powerful Full Android Smartwatch, Any Good?
REVIEW: Kospet Hope 4G Smartwatch (3GB RAM/32GB ROM)

 

ネット上の声

  • エントリーモデルのスマホと同じくらいのスペックで、SIMをいれれば、これだけで電話とネットができます。GPSもついているので、Googleマップでナビもできます。
  • 値段が安いのに、LTE、GPS、心拍測定、カメラが使えて、デザインもかっこいいのでいいと思いました。1番いいAndroidスマートウォッチだと思います。
  • 私は何年間もスマートウォッチが気になっていましたが、今までのは全く使えるしろものではありませんでした。しかし、これはスマホ並みのスペックなのが驚きです。連続使用時間はだいたい24時間でした。
  • 今のスマートウォッチのボトルネックはバッテリーです。RAMもROMもすでに問題じゃなくなりました。
  • 超低消費電力で使えば、2日間電池が持ちます。常に画面の明るさは低くし、夜は機内モードに変更します。SIMは入れず、WIFIもBluetooth、GPS、心拍測定、歩数計も基本OFFです。

 

ポイント

良い点

  1. 高いビルドクオリティー
  2. バンドの取り外し可能
  3. Android OSそのものが入っている
  4. Google Playストアー対応
  5. 4G NanoSIM対応
  6. Wifi対応
  7. バッテリーは少なくとも1日は余裕
  8. RAMとROMが多い

気になる点

  1. 腕を上げて画面点灯の反応が遅い
  2. 水泳ができるほどの防水ではない
  3. Bluetooth接続からの電話呼び出しには非対応
  4. 心拍センサーの精度が微妙
  5. USB経由のファイル転送ができない
  6. カメラ画質が悪い

 

まとめ

Android搭載スマホとしては、なかなか良さげなモデルですね。
サイズは他のモデルと同じですが、スペックはなかなか高いです。
もう格安スマホと同等のスペックが当たり前になりつつあるのは素晴らしいことです。

ディスプレイはかなり綺麗ですね。
AMOLEDディスプレイなので、非常に鮮やかですし、解像度も高いので、本当の腕時計と錯覚してしまうかもしれません。

バッテリーの持ちは、一般的です。
通常利用の場合は、24時間で電池が切れるらしいので、毎日充電する必要があると思います。

最近はスマホのスペックアップが激しく、その恩恵がスマートウォッチ界にも影響していますね。
まだまだ、大満足言えるスペックとまでは言えませんが、明るい未来が近く来そうな気がします。

【TOMTOP】Kospet Hope

【TOMTOP】トップページ

コメント