今週のおすすめ.Still003

今流行のVRは大体どれも10万円くらいします。

そう簡単に購入できるものではないですが、なんとかして楽しみたいものです。

そういった時に、このVRヘッドセットなら激安で楽しむことが可能です。

Soundsoulとは?

オーディオメーカーSoundPEATSののブランドだと思います(たぶん)。

おそらく、ヘッドフォン以外はこのブランドで製品を出しているんだと思います。

今回の商品は、SoundPEATS様よりご提供いただきました。

SoundPEATS HP

 

VRヘッドセットでも楽しめるの?

以前ボクは激安のVRヘッドセットを購入してみました。

有名なのだと、ダンボールで作れるGoogle Cardboardがありますが、その時購入したのはそれをプラスチックにしたようなものでした。

ハコスコのプラスチック板VRヘッドセット1700円

今回のはレンズの距離や焦点を変更できるようなので、その辺を確認してみようと思います。

 

スペック

商品名:SoundSOUL(サウンドソウル) 【メーカー直販/1年保証付】3D メガネ VRヘッドセット スマホ対応シアターゴーグル 焦点距離調整可能 ヘッドバンド付き 3D映像/ゲーム/映画鑑賞 G3
型番:Soundsoul_G3
対応スマホサイズ: 3.5から6.0インチ
保証1年間(12ヶ月)
重量:345g+レンズ(+スマホ)

 

開封

今時のかっこいい箱が届いた。

soundSoul-VR001

soundSoul-VR002

 

内容物は本体とマニュアル、クロス、そして自作VR映像用のアタッチメント。

soundSoul-VR003

soundSoul-VR004

soundSoul-VR005

 

これが本体。なんだかかっこいいなぁ。

soundSoul-VR006

soundSoul-VR007

soundSoul-VR008

 

前に使ったのと違って、調整ダイヤルが上部に備わっている。これがないと映像がぼやけてしまうのだ。

soundSoul-VR009

 

顔に密着する部分はゴムタイプになっている。それでも、長時間の使用は顔が痛くなってくる。

soundSoul-VR010

 

ヘッドバンドと自作VR動画作成用のレンズ。

soundSoul-VR011

 

ここにスマホをはめ込む。

soundSoul-VR012

 

下のゴム部分を左右に広げることでお好きなスマホサイズに調整できる。

広げた状態

soundSoul-VR013

 

狭めた状態。

soundSoul-VR014

 

ゴムを取ることもできる。honor 6 plusは5.5インチだが、このゴムを取らないと入らなかった。スペック上だと6インチまで対応と書いてあったけれど・・・。

soundSoul-VR015

 

ダイヤルを回すと、本体が伸びて、焦点距離を調整することができる。

伸びた状態。

soundSoul-VR016

 

縮まった状態。

soundSoul-VR017

 

VRをやるならこのアプリ「VR Bike」がお勧め。

画面を傾けるだけの簡単操作だけれど、視野全体に画面が広がって楽しむことが出来た。

soundSoul-VR018

 

まとめ

VRってやっぱり面白いね!

本当はViveだったりOculus、Sony VRだったりを購入したいけれど、あちらは10万近い金額がして手が届きません。

そういった機器よりはリアリティが少ないかもしれないが、なかなか楽しむことができる。

 

今回の製品に関しては、目の間隔と焦点距離2箇所を動かすことができるので、自分の目にあったピント調整ができる。

使ってみてわかったが、VRにこの機能は必須だと感じた。

ピントがピッタリと合うか、すこーしぼやけるかは全く違う映像品質になる。

 

VR自体まだ発展途上であり、アプリもまだまだ少ないので、ながーく遊ぶと飽きてしまうというのが現在の課題だと思う。

今後の時代の変化を体験したい人は試しに購入してみても良いかもしれない。

Pocket