【メカニカルキーボード】Amazonで買える9000円のちょっと良い青軸メカニカルゲーミングキーボードを2ヶ月使ってわかったこと(FKBN91MC/NFB2)

念願のメカニカルキーボードを手に入れて2ヶ月が経過しました。
そこでわかった良い点と悪い点をまとめてみました。

 スペック

商品名:FILCO MajestouchBLACK  FKBN91MC NFB2
型番:B004X4PDKQ

 

開封動画

アマゾンで買える1万円の超コスパ最強青軸ゲーミングキーボードを買ってみた!

 

ポイント

・良い点

  • キーの押した感じが軽くて、長時間の入力に適している。
  • 音が気持ちいい
  • キーを外す機械もついている

 

・悪い点

  • 押し始めに少し引っかかりを感じる
  • 音がうるさい
  • 他の人がいる空間では使えない

 

まとめ

キーボードは完全に個人個人で感じ方が大きく変わってしまうものだったりするので、万人におすすめできるものではなかったりします。
しかし、2000円位の安いキーボードと比較をするとあらゆる点で勝っていると言うのは断言できます。
キーを押す際に、安い物だとキーの端っこを押してしまうことで、キーが引っかかってしまいきちんと押せなかったりということが起こったりします。

 

また、安いキーボードだと同時に複数のキーを押しても3個以上は認識してくれないこともあります。
これは、普段使いではあまり大きな問題ではないですが、ゲームをする人にとっては死活問題です。
キーの同時押し非対応のキーボード(非ゲーミングキーボード)を使うというのは、ゲーマーを名乗ってはいけない、それくらい最重要ポイントだったりするのです。

 

一日に1時間くらいしかパソコンに触らない。そしてキーボードで文字なんてあまり打たない、という人には1000円位のキーボードで十分だと思います。
しかし、1日に3時間以上、そして頻繁にキー入力をしているという人なら、安物のキーボードを使うというのは大きな損失です。
たくさんの時間をキーの入力に捧げているのにもかかわらず、安物を使ってしまうというのは、時間的・精神的・娯楽的様々な要素に悪影響を与えます。

 

ゲームをする人なら、良いキーボードを使うことで、ご入力が防げて、より楽しむことができます。
Twitterブログなどで文字をたくさん打つ人なら、キーの入力スピードが上がり、より効率的に大量の文章を入力できることができます。
そして、文字を打つという行為が楽しくなるのです。
∞プチプチというおもしろおもちゃがありますけれど、それに近い感じもあるかもしれません。

 

キーボードというのはそれくらい、人によっては重要なものだったりするのです。
正直、1万円のキーボードはキーボード界ではまだ高級とはいえません。
高級を名乗って良いのは2万円からです!キリッ!

 

ということで、文字入力に悩みを持っている人は、良いキーボード選びからするというのは一つのポイントかもしれません。
より快適な毎日を送るなら、キーボードを変えると良いかもしれないです。

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

 

日記

※最近ボクが気になった事を毎回記事の最後に書いています。

キーボードは人生

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント