全機能搭載!世界最強のゲーミングスマホ登場!【Black Shark 5開封レビュー!】

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今回は、Black Shark 5を開封して使ってみた感想をご紹介致します。

提供

Black Shark 5 記事一覧

Black Shark 5 記事の一覧はこちら

Black Shark 5

【公式ショップ】Black Shark 5

 

スペック

基本
ブランド Xiaomi
シリーズ Xiaomi Black Shark
型番 PAR-A0
OS Android 12 (JOYUI)
SoC Snapdragon 870
ROM 128GB(UFS 3.1)
RAM 8GB(LPDDR5)
発売日 2022年07月17日
antutu v9.3.9 714,738点
発売時価格 69,800円
本体
サイズ 163.8 x 76.3 x 10 mm 218g
防水 IPX2
カラー ブラック, ホワイト, グレイ
スピーカー ステレオ(Hi-Res)
認証 指紋(側面) / 顔
ディスプレイ
解像度 2400 x 1080
サイズ 6.67 インチ (OLED) (15.4×7.0 cm / 20:9)
リフレッシュレート 144 Hz
タッチサンプリングレート 720 Hz
インカメラ位置 パンチホール
バッテリー
容量 4650 mAh
充電 有線 120W
アウトカメラ
カメラ1 6400 万画素, F1.79, 通常レンズ
カメラ2 1300 万画素, FOV120°, F2.2, 超広角レンズ
カメラ3 200 万画素, F2.4, マクロレンズ
インカメラ
カメラ1 1600 万画素, F2.45, 通常レンズ
ネットワーク
対応キャリア au,docomo,Softbank
WiFi a / b / g / n / ac / ax
SIM
サイズ nanoSIM
枚数 2
DSDS DSDS, Volte
機能
GPS A-GPS, GLONASS, Galileo, QZSS, Beidou, GPS
Bluetooh 5.2
USB USB Type-C
NFC, 技適
特長
ディスプレイ (E4 AMOLED, 感圧ディスプレイ, MEMC, DCI-P3)
特殊ボタン (物理LRボタン)
放熱システム (サンドイッチベイパーチャンバー, 5320m㎡)
コントラスト比 (5,000,000:1)
バイブレーション (X軸リニアモーター)
画面輝度 (1300nits)
付属品
スマホ本体, 充電器(120W), USB Cケーブル, SIMピン, ケース, ステッカー, クイックスタートガイド, 画面保護フィルム(貼付け済み)

引用:スマホ博物館

 

開封

パッケージはブラックシャークらしいかっこいいデザインですね!

 

BLACK SHARK 5

 

HI-Res AUDIOに対応しています。

 

側面

 

反対側

 

 

底面

 

日本版なので、日本のバンドにしっかり対応しています。
お好きなSIMで、ご利用可能です。

 

それでは、開封してみましょう!

 

SIMピン、マニュアル、ステッカー、ケースが入っていました。

 

マニュアル

 

ケースはブラックカラーで不透明なTPUタイプです。

 

音量ボタンが誤操作防止で出っ張っておりません。

 

BLACK SHARK 5は側面両端にスピーカーがついているので、その部分も穴が空いています。

 

充電器は120Wのものが付属しています。

 

この充電器だけを買おうとしても、普通に5000円くらいしそうですね。

 

ポートは1つです。

 

120Wで充電するには、付属の充電ケーブルが必要なので、なくさないようにしましょう。

 

こちらが本体です。

 

背面は光沢感のある筐体です。

 

全体的にシンプルですが、強調しすぎない感じがいいですね👍

 

DESIGNED BY BLACK SHARK

 

BLACK SHARKのロゴと文字が書かれていますが、反射がすごくて写真だと分かりづらいです。

 

かっこいいデザインです。

 

下側面には、スピーカー、USB C、マイク、SIMスロットが付いていました。

 

SIMはnanoSIMが2枚入ります。

 

microSDカードには非対応です。

 

docomo SIMを入れて使ってみましたが、全く問題なくSIMを入れただけで、すぐに使えました。

 

側面にはポップアップトリガー(LRボタン)電源ボタン(指紋センサー)が搭載です。

 

ポップアップトリガーは、ギザギザのボタンをスライドすると、飛び出します。

 

反対側も同じ構造です。

 

スライドスイッチは飛び出ていますが、ポップアップトリガーは引っ込んでいます。

 

飛び出すとこのくらい飛び出ます。

 

上側面には、マイクとスピーカーが搭載していました。

 

左側面には、マイクと音量ボタンが搭載していました。

 

マイクが3箇所にあるため、集音性もバッチリですね。

 

ケースを付けるとこんな感じです。

 

カメラ横のマークは光ります。

 

LRボタンは、ケースを付けても押しやすい構造になっています。

 

ベゼルは下側が少し厚みがあります。

 

セットアップ

Black Shark はXiaomiのブランドで、MIUIがベースの独自のUIであるJOY UIを搭載しています。
ゲーム用に最適化された、独自の機能が搭載しています。

 

日本語に対応しています。

 

日本の地域に対応しています。

 

日本語に対応しています。

 

JOYUI使用条件ポリシー

 

MIUI使用条件ポリシー

 

SIMカードは日本の全キャリアに対応しています。

 

Wi-Fiの設定

 

アプリとデータのコピー

 

指紋を追加

 

追加設定

 

壁紙カルーセルという機能は、自動的におすすめの画像をダウンロードして、ロック画面に表示してくれる機能です。

 

いろいろなきれいな壁紙を見たい人におすすめです。

 

以上で初期セットアップ完了です。

 

起動後の画面はこちらです。

 

初期ストレージ容量は約108GBです。
JOYUI 13 22.05.06 Base on MIUI 13
Androidバージョンは12でした。

 

技適も認証済みです。

 

型番はSHARK PAR-H0、RAMは8GBです。

 

ショルダートリガー

ショルダートリガーは、各種機能を割り当てることで、ゲーム以外の時も活用できます。

 

好きなアプリの起動も割当できます。

 

ファーストインプレッション(第一印象)

過去最高に使いやすいゲーミングスマホでした。

スマートフォンとしては、何ら問題なく動作は完璧です。
ハイスペックであるため、遅延は全く感じられず、普通のスマートフォンとしての用途も問題が出ることはないでしょう。

カメラ性能に関しても、ゲーミングスマホだからといって劣化しているわけでもなく、Xiaomi特有の丁寧なチューニングが施されており、きれいに撮影できました。

フラッグシップ並の手ぶれ補正や望遠レンズは搭載していませんが、メインレンズと超広角レンズは十分ハイスペックですから、ほぼすべてのユーザーは満足できるでしょう。
少なくとも、2~3万円の格安スマホよりは圧倒的にハイスペックです。

そして、Black Shark 5を購入するべき最大のポイントは独自のカスタマイズボタンです。
Black Shark 5には3種類のカスタマイズボタンがあります。
1つはLRボタン(マスタートリガー)、もう一つは感圧画面(マスタータッチ)、そしてもう一つは傾き検知(モーションセンシング)です。

LRボタン(マスタートリガー)は、よくある家庭用ゲーム機(プレステや任天堂)の押し込んで使えるLRボタンがスマートフォンに備わっています。
そのため、スマホなのに家庭用ゲーム機のような快適な操作感で、ゲームが遊べます!

感圧画面(マスタータッチ)は画面をぐいっと押し込むことで追加のボタンが使えるようになります。
指の位置を変えずに追加の操作感が得られるのは、めちゃくちゃ新体験です!
これになれたら、もう他のスマホでゲームはできません…。

傾き検知(モーションセンシング)は、スマホを傾けることで、好きな動作を割り当てることができます。
FPSゲーム(APEX)なら手前に傾けるとリロードに割り当てることができるので、めちゃくちゃ楽しいです!

このように、他のゲームではあり得ない機能が豊富なので、圧倒的にゲームが楽しくなりますし、更に遊びやすくなります!

より楽しく、より快適にスマホでゲームを遊びたい方はぜひとも手に入れてみてくださいね!😆

【公式ショップ】Black Shark 5

Black Shark 5 記事一覧

Black Shark 5 記事の一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました