UMIDIGI BISON Pro【開封レビュー, 動作検証, カメラ性能】

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今回は、格安なのに結構スペックが高いタフネススマートフォンをご紹介します!

提供

UMIDIGI BISON Pro

【AliExpress】UMIDIGI BISON Pro

【公式サイト】UMIDIGI BISON Pro

 

スペック

スマホ博物館のスペックリンク

 

特徴

UMIDIGI BISON ProはUMIDIGI BISONシリーズの3機種目です。

  価格 Antutu 機能
UMIDIGI BISON 1.7万円 17万点(v8)  
UMIDIGI BISON GT 2.7万円 31万点(v9)  
UMIDIGI BISON Pro 1.8万円 約22万点(v9)? 温度計

UMIDIGI BISON 特徴

 

開封

それでは実際に開封していきましょう。

 

充電器は最大18Wでした。

 

充電ポートは1つでした。

 

カメラはトリプルカメラです。
非接触温度計が付いていました。

 

下側面にはUSB ポート、マイクが搭載しています。

 

左側面にはカスタマイズキー、指紋認証、SIMカードスロットが搭載しています。

 

SIMスロットはnano SIMが2枚もしくはnano SIM + microSDカードが入ります。

 

上側面には3.5mm Jackが搭載しています。

 

右側面にはカスタマイズキー、電源ボタン、音量ボタンが搭載しています。

 

保護フィルムは予め貼られておりました。

 

docomo 5Gとrakuten mobileのSIMを入れてみました。

 

データ通信のSIM設定ができました。

 

音声通話のSIMも設定できました。

 

SMSのSIMも設定できました。

 

起動

プリインストールアプリは少しだけです。

 

重量は257.6gでした。

 

設定項目確認

カスタマイズキー

カスタマイズキー1のライトは画面OFFでも機能した。しかし、その他の機能は画面をONにしないと機能しなかった。
カスタマイズキー1のライトは画面OFFでは機能しなかった。(画面を一度ONにしてからじゃないとカスタマイズキーが動作しない。

ナビゲーションキー

3パターンから選べました。

初期ストレージ容量

128GB中18.11GB利用で、109.89GB利用可能でした。

技適

技適に対応していました。

グローブモード

グローブモードをONにすると、多少グローブをした状態でも反応するような気がするが、明らかに反応が良くなる感じではない。

 

ゴムタイプのグローブだと反応しなかった。

 

また、もう片方の手で持った状態のほうが反応が良くなった。机においた状態で指先だけで操作はほとんど反応しなかった。
つまり、グローブモードはあまり使えないと思った。

 

認証スピード

指紋認証 10回中10回認証してくれる精度だが、一般的な右側面ではないため、右利きの場合、指を押し付ける角度などが少しむずかしい。
認証スピードは十分速いが最速レベルではない。
顔認証 10回中10回認証してくれる。
認証スピードはワンテンポ遅れるが不満に感じるほどではない。
画面が起動した瞬間1度のみ認証してくれるようで、画面が起動したあとに顔を合わせても認証してくれず、スワイプしてパスコードを入力画面にしないと再度認証してくれない。つまり、画面を見ながら画面を付ける必要がある。
持ち上げて画面起動 搭載
持ち上げた瞬間自動的に顔認証してくれるため、使い勝手良好

 

Web検索スピード

サイト 快適度
Yahoo! 80点
スマホ博物館 80点
YouTube

75点
音量は大きく不満なし
音質は最大にすると少しこもった感じがする

 

SIMカード検証

SIM名 検証結果
docomo 5G
(APN設定方法)
電話:利用可能
データ通信:利用可能
楽天モバイル
設定方法

電話アプリにて「*#*#4636#*#*」と入力します。
「LTE only」を選択します。

電話:利用不可
データ通信:利用可能

いつもUMIDIGI端末はVolteをONにできたのですが、今回の端末はMIUメニューしか表示されず、設定ができませんでした。今後のアップデートで改善されるのでしょうか?

Softbank データ格安SIM
HIS mobile
データ通信:利用可能

MTK Engineering Modeで設定しようとしたが、MTUメニューしか表示されず、Volte設定できなかった。

 

ゲーム検証

アプリ 動作
3D雨雲ウォッチ 60点
もっさり
ダンマクカグラ 30点
タッチの反応がちょっとずれて快適に遊べない
ポケモンGO 70点
そこそこ快適
ウマ娘 読み込み時カクカク
70点
放置少女 快適
90点
原神 カクつくがプレイ可能
60点
PUBG Mobile ディスプレイのタッチ解像度が低く、AIMの微調整ができない
30点
Identity V 70点
たまにカクつくと気軽が遊ぶ上で問題なし
Call of duty Mobile ディスプレイのタッチ解像度が低く、AIMの微調整ができない
30点
モンスターストライク 快適
90点
パズドラ タッチサンプリングレートが低いため多少遅延がでてしまい、上級者になるのは厳しい。
50点

 

カメラ検証

写真:撮影した写真を見ながら解説する
動画:各レンズ、各解像度で撮影(1080p,4K,30fps,60fps,スローモーション)
歩きながら「現在は1080p 30fps 通常レンズで撮影しています」と喋る

アウトカメラ

 

インカメラ

 

ベンチマーク

Antutu

Antutuスコアは156,637点と低いのですが、その理由は、GPUスコアの計測ができなかったからです。
Antutuアプリの仕様なのか、今回のHelio G80では計測不可でした。(Antutu9.0, 9.1, 9.2で試してみましたが、どれもGPU計測ができませんでした)
Antutu v8であれば計測可能みたいで、その時の点数は20万点です。

Geekbench

3D Mark

PCMark(バッテリー検証)

後ほど検証します。

 

WideVineレベル

WideVineレベルはL3でした。
Amazon Prime Videoの画質はSD画質でした。

WideVineとは?

 

ネット上の声

  • 3日間使用した感想です。非常に美しく、優れたスマホです!快適にゲームがプレイでき、きれいに撮影でき、優れたディスプレイ、優れた価格、製品、およびサービスです。私の質問にも紳士に強く答えてくれました。本当に良い買い物をしました。私はこのスマホを強くお勧めします。
  • 製品品質に不満はありません。フラッグシップスマホレベルです。ディスプレイは最高とは言えないが、メディアを見る程度なら十分です。
  • カメラ性能は昼間ならきれいに撮れますが、夜はだめです。
  • 動作パフォーマンスは、エンタメ用途であれば優れたパフォーマンスを発揮します。ただし、PUBGやCoD Mobileのようなゲームは遊ぶことはできても、快適にプレイできるわけではありません。
  • メモリは4GBと8GBの2バージョンありますが、価格差があまりないので、私は8GBを買うことをおすすめします。
  • バッテリーは1回の充電で1日使えました。ネットやゲームを連続で7~8時間は使えます。充電速度は18Wと高速では無いです。
  • UMIDIGI BISON Proは日常用とと中レベルのゲームプレイにおすすめのスマホです。

 

ポイント

良い点

  • かっこよい強そうなデザイン
  • 大きめのバッテリー(5000mAh)
  • 日常とでは十分なSoC性能(Helio G80)
  • 完全防水
  • 指紋認証&顔認証
  • オーディオジャック
  • カスタマイズキー2個
  • 温度計
  • 激安(1.6万円)

悪い点

  • タッチサンプリングレートが低い(FPSゲームに不向き)
  • カメラ性能はそこそこ
  • 楽天モバイルに非対応

 

動画

 

まとめ

まとめると、1.6万円でこの性能はコスパ最強ですね!
最新のAndroid 11を搭載し、変にカスタマイズもされていないので、ほぼピュアAndroidとして利用可能です。

デザインも素晴らしく、落下テストしてみましたが、さすがタフネスというだけあって、壊れることがありませんでした。
コンクリートに落としても、傷は付きますが、なかなか壊れることは無いでしょう!

カスタマイズキーも2つ付いているのは貴重です。

気になった方は、お値段が激安の内に購入してみてはいかがでしょうか(,,^ω^,,)

【AliExpress】UMIDIGI BISON Pro

【公式サイト】UMIDIGI BISON Pro