Teclast T30のスペック情報と特徴まとめ

Teclast T30のスペックと特徴をまとめました。

提供:GearBest

Antutu13万点超えの2万円タブレット

今まで、格安で快適に使えるタブレットというのは、ありませんでした。
ファーウェイタブレレットは快適かもしれないけど、3~5万円。
iPadは高すぎる。
Amazon Kindle Fireタブレットは安いけど、OSがカスタマイズされまくっているし低スペック。

そんなか発売されたのが、Teclast T30です。
わかりやすく言えば、タブレット会のUMIDIGI F1 Playです!

 

Teclast T30

【GearBest】Teclast T30

 

スペック

基本情報
製品名 Teclast T30
発売日 2019年10月頃
OS Android 9.0
Antutu(V8) 約185,000点
デザイン
本体サイズ 249.0 x 166.9 x 8.5 mm
┣ 重量 560g
┣ 材質 アルミニウム
┗ カラー ブラック
画面サイズ 10.1インチ
┣ 解像度 1920 x 1200 px
┗ 比率 8:5
ハードウェア
CPU MediaTek Helio P70
┣ 周波数 4x 2.1GHz ARM Cortex A73 + 4x 2.0GHz ARM Cortex A53
┗ コア数 8コア
GPU ARM Mali-G72 MP3 900MHz
RAM 4GB
ROM 64GB
認証センサー なし
USBタイプ USB C
microSDスロット 対応
3.5mm Jack 対応
カメラ
アウトカメラ 800万画素
インカメラ 500万画素
通信
対応バンド GSM: 900/1800MHz WCDMA: 2100MHz FDD-LTE: 1800/2100MHz
2G: GSM 900/1800MHz
3G: WCDMA B1 2100MHz
4G: FDD-LTE 1800/2100MHz,TD-LTE Band 38/39/40/41
TD-SCDMA: TD-SCDMA B34/B39
┗ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM or microSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.1
GPS A-GPS
Beidou
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 8000mAh
急速充電  
その他
付属品 タブレット本体
充電器
USB Cケーブル
マニュアル
その他特徴  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
     
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
     
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

Teclast T30はHelio P70を搭載していながら、2万円という実用性の高いミドルスペックタブレットです。

 

Helio P70のAntutuスコアはAntutu(V7)だと約14万点、Antutu(V8)だと約185,000点とかなり高い点数です。

 

そのため、荒野行動などの3D ゲームも設定を下げれば問題なく遊べる性能となります。

 

筐体はアルミボディであり、格安なのに高級感も多少あります。

 

厚みも薄く、格安タブレットとは思えません。

 

だいたいこの価格帯のタブレットだと、画面解像度がケチられている場合もあるのですが、Teclast T30はしっかりFHD+の解像度があります。

 

センサーもしっかり搭載しているため、自動的に画面の明るさを調整することもできます。

 

バッテリー容量は8000mAhとケチられていません。
USB もType-Cで、使い勝手も良さそうです。

 

更になんと、SIMカードも入ります。
microSDカードも入りますし、これはありがたいです。

 

OSはAndroid 9.0です。
最新の10ではないですが、9.0なら問題ありません。

 

音質も綺麗らしいですが、ここは要検証が必要です。

 

RAMは4GB、ROMは64GBと必要十分です。

 

Wifiはacまで対応し、GPSも搭載しているため、ナビとしても活躍します。

 

キーボードを買えば、ノートパソコンスタイルで使うことも可能です。

【GearBest】Teclast T30専用ドッキングキーボード

 

ビルドクオリティーも高いそうです。

 

デザインはとてもシンプルです。

 

日本語にも対応しています。

 

評価もなかなか高いです。

 

動画

▼PV1

2019 Teclast Flagship T30 10.1" 4G Tablet PC

 

▼PV2

Teclast T30 Tablet PC Unboxing

 

ネット上の声

  1. とても美しい金属筐体です。画面も綺麗でステレオスピーカーもとてもいいです。実用的です。
  2. コストパフォーマンスはとても高く、キーボード付きのケース(別売り)も良く、ノートパソコンとしても使えます。画面が大きく、ゲームもしやすいです。
  3. 1ヶ月使ってのレビューです。デザインがかっこいい、パフォーマンスが高い、動作スムーズ、バッテリー大きく、かなり長く持つ。
  4. 動画・映画鑑賞とゲーム用で使っています。3時間ドラマを見て、2時間ゲーム、インターネットをしばらく使っても残りバッテリー容量は55%でした。素晴らしい。
  5. SIMをさせるのが良いところ。そして、薄くて軽い。値段の割にスピーカー音質もいい感じ。

 

ポイント

良い点

  1. 万能で使いやすいHelio P70
  2. 十分なRAM4GBとROM64GB
  3. 高解像度のディスプレイ
  4. 安っぽくない筐体
  5. SIM対応
  6. microSD対応

気になる点

  1. タッチパネルの反応が少し悪いかも?
  2. ケースやフィルムの種類はほぼない

 

まとめ

Helio P70の激安タブレットが遂に出ましたね!
僕個人的に、UMIDIGIがこの様なタブレットを出してくれるんじゃないかと思っていたんですが、Teclastが先に出しちゃいましたね。

Teclast はずっと昔からタブレットばかりを発売してきたメーカーなので、特別不思議ではありません。
ただ、過去のモデルでは、当たり外れがあって、いまいち完璧には信用しきってはいないメーカーでもあります。
ただ、今回はHelio P70を搭載しているおかげもあり、OSのチューニングなんて関係なく、CPUパワーでゴリ押しできますから、動作は問題ないかと思われます。

一つになるのは、画面の反応・スクロールがちょっと悪い可能性があるところです。
どの程度悪いのかは、実機で検証してみます。

次回は、実際に製品を開封して使ってみます。

【GearBest】Teclast T30

【GearBest】Teclast T30専用ドッキングキーボード

【GearBest】Teclast T30アクセサリー

コメント