Ulefone Power 6のスペック情報と特徴まとめ

Ulefone Power 6のスペックと特徴をまとめました。

Ulefone Power 6

店舗 商品 価格
Banggood Ulefone Power 6 17,541円
GearBest Ulefone Power 6 17,438円
AliExpress Ulefone Power 6 19,701円

 

スペック

基本情報
製品名 Ulefone Power 6
発売日 2019年5月
OS Android 9.0
Antutu 約86,000点
デザイン
本体サイズ 75.8 x 159.1 x 10.0 mm
┣ 重量 207g
┣ 材質 ガラス
┗ カラー ブラック
ブルー
レッド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 1080 x 2340px
┗ 比率 19:9
ハードウェア
CPU MediaTek Helio P35 MT6765
┣ 周波数 4×Cortex A53 2.3GHz+4×Cortex A53 1.8GHz
┗ コア数 8コア
GPU PowerVR GE8320
RAM 4GB
ROM 64GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 対応
3.5mm Jack なし
カメラ
アウトカメラ 1600万画素
200万画素
インカメラ 1600万画素
通信
対応バンド

2G GSM: 1900/1800/850/900
(B2/3/5/8)

3G WCDMA: 2100/1900/1700/850/900
(B1/2/4/5/8)

4G FDD-LTE: 2100/1900/1800/1700/850/2600/900/
700/700/800/850/800/1900/850/1700 (B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/66)

┗ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
GPS A-GPS
Beidou
Galileo
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 6350mAh
急速充電 5V 3A
その他
付属品 スマートフォン本体
ケース
保護フィルム(2枚)
充電器(海外端子)
USB Cケーブル
USB C to 3.5mm jackケーブル
SIM PIN
その他特徴 NFC

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
   
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

Ulefone Power 6は名前の通り、バッテリー容量が巨大な格安スマートフォンです。

 

バッテリー以外のスペックもそれなりに高く、ゲームをしなければ快適に遊べるスペックです。

 

バッテリー容量は6350mAhと巨大です。
一般的なスマートフォンであるiPhone Xs Maxのバッテリー容量が3,174mAhですから、約2倍あることになります。
iPhone 8に関しては、1,821mAhなので、約3.4倍も多いのです。

 

Ulefone Power 6から他のスマホにバッテリーを分け与える機能も搭載しています。

 

画面サイズは最近流行りの6.3インチ ウォータードロップノッチ付きディスプレイです。

 

CPUは省電力のHelio P35が搭載です。
動作スペックはあまり高くはありませんが、低消費電力性能が非常に高いです。

 

RAMは4GB,ROMは64GBと十分な大きさです。

 

OSはAndroid 9.0です。

 

アウトカメラは1600万画素+200万画素のデュアルレンズです。
長年の経験上サブレンズはおまけでしょうね。

 

インカメラの画質は、1600万画素です。
実際の綺麗さは撮影してみないとわかりません。

 

 

ロック解除は、指紋認証と顔認証に対応しています。

 

NFCに対応しているため、海外ならGoogle Payが利用可能です。
日本のおサイフケータイには非対応です。

 

GPSは非常に多くのものが対応しています。
地図の精度はかなり高いでしょう。

 

3.5mm Jackは非搭載ですが、音質にも力を入れているそうです。
ただ、コーデックは何が対応しているのかよくわかりません。

 

そして、対応バンドの種類が非常に多いです。
docomoはプラチナバンドにまで対応し、auはVoLte SIMであればおそらく利用可能で、Softbank SIMは当然問題なく利用可能です。
第二のUMIDIGIになる可能性がありますね!

 

カラーはブルー・ブラック・レッドの3種類です。

 

動画

▼特徴まとめ動画

 

▼開封レビュー動画①

 

▼開封レビュー動画②

 

ネット上の声

  1. いいね。これが欲しい!デザインもかっこいい。
  2. 通知ランプはついていますか?
    >>ついていません。
  3. Ulefoneよくやった!OnePlus 7 Proは4000mah 206gなのに、Ulefone Power 6は6350mah 207gだ!
  4. Ulefone Armorシリーズは以前から日本のバンドに対応押していましたが、Powerシリーズも対応してくれたのは嬉しいですね。このお値段を考えるとかなり安い端末です。
  5. モバイルバッテリー機能(リバースチャージ機能)があるので、サブ機としてかなり優秀。メインスマホと一緒に持ち歩くのもいいかも。

 

ポイント

良い点

  1. 安い
  2. 大容量バッテリー(6350mAh)
  3. リバースチャージ搭載(モバイルバッテリー機能)
  4. 全キャリア対応(auのみVolte必須)
  5. デザインがかっこいい
  6. 写真性能が高い
  7. 案外ゲームは動く
  8. docomo,au,softbank対応(auはVolte必須)

気になる点

  1. 3.5mm Jackなし
  2. 動画性能は低い(画質荒い、手ぶれ補正弱い)
  3. OSのチューニングが足りない
  4. 戻る・タスクボタンの位置を変更できない

 

まとめ

これこそ、最強のサブスマホで決定です。
結構ちゃんと動いてくれて、全キャリア対応、そしてモバイルバッテリー機能搭載で、いたれりつくせりですね。

バッテリー容量が大きいので、単純に長時間つかえます。
リバースチャージ機能を用いれば、モバイルバッテリーとして使えます。

写真撮影性能は十分ですね。
格安スマホとしては、不満ないレベルの画質です。

動画撮影性能は微妙ですね。
手ブレ補正も無いですし、画質も荒いです。

動作は思ったよりはサクサク動いてくれます。
antutu8万点なので、ガチゲーマーは厳しいですが、ポチポチゲー(ソシャゲ)なら問題ありません。
ネット検索もYouTubeも長時間使えるので、使い勝手はとてもいい機種でしょう。

全キャリア対応なのも嬉しいポイントです。
ただし、auに関しては、SIMによって相性がある可能性があるため、しっかりと調べてから検討してください。
DocomoとSoftbank(Ymobile)であれば、まず問題ありません。

お値段も安くて、なかなかコスパの高いスマートフォンです。

店舗 商品 価格
Banggood Ulefone Power 6 17,541円
GearBest Ulefone Power 6 17,438円
AliExpress Ulefone Power 6 19,701円

コメント