【速報】Android,iOSついに敗北!Huaweiの新OS HongMeng OSの圧勝です。

記事

Huawei会長のRenさんは、新OSである「HongMeng OS」がAndroid 、iOSよりも強いと発表しました。

内容をまとめると

  1. HongMeng OSの方が動作スピードが早い
  2. 処理遅延は5ms未満
  3. IoTや自動運転にも完全対応
  4. アプリ数は負ける
  5. 2019年10月に格安スマホから搭載開始

感想

ついにファーウェイ自身からの情報が来ましたね!
ホングメングOSはAndroidの根本的な部分から修正されたOSだと思いますから、スピードアップはかなり期待できそうです。
でかくなりすぎたAndroid OSの根本を修正するのは無理ですから、新たに作り上げられた新OSの方が、その点は有利なのは間違いありません。

しかし、アプリの絶対数は、圧倒的に負けた状態からスタートするので、Windows Phoneの様に、アプリが少なすぎて糞!という結果に終わらないか心配です。
個人的に、新しいOSが増えるのは面白くて、楽しみですが、OSの種類が増えると乗り換え、データ移行、そして課金データが消えるリスクを考えるとあまり嬉しいことではありません。

英語・日本語・中国語の様にいろんな種類の言語があるよりも、全世界日本語に統一してくれれば楽なのに~という考えと同じです。

HongMeng OSが登場しても、僕はしばらくAndroid OSを使い続けることになると思います。
※iPhone SE2が発売しなければ。

【Amazon】現在のスマホランキング

コメント

  1. 通りすがり より:

    どうでもいいけど、「HongMeng OS」は「ホンメン オーエス」だよ
    (例:香港[ホンコン]=Hong Kong)

    Androidアプリに互換性があるっていう触れ込みだけど、googleのサービスやアプリが絡むアプリは全滅だろうね
    っていうか、そもそもARMのAPUが使えなくなる可能性があるから、他のMPUアーキテクチャ使わないと無理って話で、しかも米国の特許が絡んでないMPUアーキテクチャでないといけないという…
    その場合、Androidアプリは直接ARM APUを叩かないアプリか、ARMをエミュレートしないといけない

    こんなんAndroidっぽい別OSでしかない