UMIDIGI S3 PROのスペック情報と特徴まとめ

UMIDIGI S3 PROのスペックと特徴をまとめました。

カメラスペックも最強に

スマホでカメラが重要かどうか、というのは人によってだいぶ変わりますよね。
僕個人的には凄い重要視しています。

そして、大人気のUMIDIGIからカメラスペックを最強にしたスマホが発表されました。
それが、UMIDIGI S3 Proです。

 

UMIDIGI S3 PRO

【Indiegogo】UMIDIGI S3 PRO

【公式ページ】UMIDIGI S3 PRO

【AliExpress】UMIDIGI S3 PRO

【Amazon】UMIDIGI S3 PRO

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (1)

 

スペック

基本情報
製品名 UMIDIGI S3 Pro
発売日 2019年3月頃
OS Android 9.0 Pie
Antutu 約145,000点
デザイン
本体サイズ 157 x 74.65 x 8.5 mm
┣ 重量 216.6g
┣ 材質 セラミック
┗ カラー ブラック
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340 x 1080 px
┗ 比率 19.5 : 9
その他特徴 ウォータードロップノッチ
NFC
ハードウェア
CPU MTK, Helio P70
┣ 周波数 4xCortex-A73, 2.1GHz & 4xCortex-A53, 2.0GHz
┗ コア数 8個
GPU ARM Mali G72 MP3 900MHz
RAM 6GB
ROM 128GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 搭載
最大256GB
3.5mm Jack 搭載
付属品 1x スマートフォン
1x 保護フィルム(貼り付け済み)
1x ケース
1x Type-C Cable
1x Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
カメラ
アウトカメラ 4800万画素
1200万画素
┣ センサー Sony IMX586
S5K3M5
┗ F値 F/1.8
F/2.2(2倍ズーム)
インカメラ 2000万画素
┣ センサー Sony IMX376
┗ F値 F/2.0
その他特徴 光学2倍ズーム
通信
対応バンド 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
┣ SIMタイプ Nano SIM x2
┗ DSDS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
GPS GPS
GLONASS
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
急速充電 18W急速受電

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

UMIDIGI S3 PROの最大の特徴はカメラです。
スマホ史上最強とも言える4800万画素 Sony IMX586を搭載しているのです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (2)

 

光学2倍ズームにも対応しているため、遠くの景色も劣化なく撮影可能です。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (3)

 

今ままでのUMIDIGIスマホは暗いところが苦手でしたが、それに関しても克服されました。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (4)

 

自撮りのレンズも2000万画素 Sony IMX376でハイスペックです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (5)

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (6)

バッテリー容量は5150mAhと妥協ありません。
ワイヤレス充電Qiには非対応なのが残念ですが、18Wの急速充電に対応しているので、充電スピードも高速です。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (7)

 

CPUはHelioシリーズ最上位モデルのHelio P70を搭載しています。
まだ正確なAntutuスコアは出ていませんが、リーク情報によると145,000点だそうです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (8)

 

画面は今流行りのウォータードロップノッチディスプレイです。
通知領域が最大限利用できるため、大好評のデザインです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (9)

 

Android OSは9.0 Pieです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (10)

 

NFCにも対応しています。
日本のおサイフケータイには対応していません。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (11)

 

筐体は高級感のあるセラミックボディーです。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (12)

 

もちろんグローバルバンドにも対応しているので、docomo,au,softbankの全キャリアに対応しています。

UMIDIGI S3 Pro 特徴 (13)

 

デザイン自体は前作のUMIDIGI F1とほとんど同じですね。
全体スペックがアップし、筐体の材質が向上しています。

can3

 

付属品もUMIDIGIおなじみですね。
保護フィルムとケースが付属しているので、すぐに使えます。

can4

 

動画

▼開封レビュー動画

YouTube

 

▼発売前動画

最大の弱点を克服したUMIDIGIスマホにもう欠点が無さすぎる!【UMIDIGI S3 PRO】

 

▼PV

Officially introducing 48MP UMIDIGI S3 Pro & Giveaway!
Experience the Luxury Ceramic on UMIDIGI S3 Pro!

 

▼カメラスペックチラ見せ

UMIDIGI S3 Pro takes 48MP photos!

 

ネット上の声

  1. Umidigi S3 proを、ついにポチってしまった。
  2. Umidigi S3 pro の重量は216.6g。うーむ、重い。
  3. umidigi s3 proという中華スマホが気になっている。4800万画素は無理しすぎてはないかとは思うがソニー製のセンサーだし、実際の画質を早く知りたい。ところで動画撮影はどうなんだろうか?動画の場合は画質より手ぶれ補正が大切。ブレブレの動画は見ているだけで気分が悪くなるからね。
  4. UMIDIGI S3 PROのWiFiはac対応しとる。Qiは未対応だけど、気にしなーい。これはぶっちゃけ買いじゃないのか。
  5. UMIDIGI S3 Proってリアカメラ48Mもあるのか…それもSONYセンサーって…でも中華端末の場合、大手以外はスペックだけで判断するのは危険だからなあ。でもB19とかにちゃんと対応してるのはえらいよね

 

ポイント

良い点

  1. カメラスペックは超ハイスペック
  2. 光学2倍ズームレンズ付き
  3. CPUスペックはなかなかハイスペック(Antutu14.5万点)
  4. 筐体のクオリティーが高い(セラミック)
  5. ウォータードロップノッチ
  6. RAM6GB
  7. ROM128GB
  8. ケースと保護フィルム付き
  9. 全キャリア対応(docomo,au,softbank)
  10. 大容量バッテリー(5150mAh)
  11. 急速充電18W

気になる点

  1. 重たい(216g)
  2. 写真と動画サンプルがまだ無い
  3. お値段はUMIDIGIとしてはお高め(約3万円ちょい)

 

まとめ

今までのUMIDIGIスマホは非常にコスパの高い機種ばかりでした。
しかし、すべてが最高スペックというわけではなく、最低限困ることのない性能にお安い価格というのが特徴でした。
それ故、カメラ部分は削られがちだったのです。

UMIDIGI S3 Proはそのカメラ性能を最大限スペックアップしたモデルとなりました。
イメージセンサーはSony IMX586の4800万画素を搭載し、他のあらゆるスマホをも凌駕する性能です。
しかし、スマホカメラで重要なのはイメージセンサーだけではなく、ソフトウェアです。
ソフトウェアがしっかりと作り込まれていなければ、動画撮影が厳しくなります。

最近のスマホはきちんと照明を点けて、カメラを固定すれば結構綺麗に写真撮影ができます。
しかし、動画撮影となると話は別です。
1秒間に30回も連続で写真を取り続ける動画というのは、かなりスペックが必要なハードな作業なのです。
そのため、1~2万円のスマホと4~5万円ののスマホでは圧倒的に綺麗さ、手ぶれ補正、解像度、そしてマイク音質などが変わってきます。

特に重要なのが、手ぶれ補正です。
ソフトウェアが優秀だと、1万円程度のスマホでも強力な手ぶれ補正を搭載させることも可能です。
しかし、過去のUMIDIGIスマホは正直手ぶれ補正は微妙です。
この点を、改善できているかどうかで僕の買うべきか買わないべきかの判断が変わります。

写真メインという方であれば、おそらく相当綺麗な写真が撮影できると思います。
動画メインという僕のような場合は、サンプルを見てみないことには判断できません。

ともあれ、非常に気になる端末であることには間違いないので、期待したいですね。

【Indiegogo】UMIDIGI S3 PRO

【公式ページ】UMIDIGI S3 PRO

【AliExpress】UMIDIGI S3 PRO

【Amazon】UMIDIGI S3 PRO

コメント

  1. kyo より:

    ぱっとスペック見ると普通にえげつないな
    umidigiはあんまりwifiのacに対応することないから対応してるのはなかなか嬉しい
    後はBluetoothが5.0だったら最高だったかな~オーディオジャックがあるから必須ってわけではないけど

  2. やきなす より:

    いつもコアな中華スマホの紹介楽しみにしてます。
    僭越ですがS3が世界初のIMX586搭載スマホではないと思いますよ~

    年末年始にリリースされた、
    huaweiのhonor View20とNova4が既に搭載。

    つい先日発表されたxiaomi Mi9も586みたいです。

    これからは低価格のスマホでも4800万画素が当たり前になるかもしれないですね。
    ホントすごい時代です。

  3. ぐー より:

    防水機能早く来ないかな?