2018年度最安値コスパ最強スマートフォンが決定しました!【UMIDIGI One Pro】

UMIDIGI-One-Pro-サムネイル

UMIDIGIは日本ユーザーの救世主ですね

AliExpress

中国の大手メーカーアリババが運営するインターネットショップです。
日本で言う楽天の様なショップ形態をしているため、欲しい商品を検索するといろんな店の商品がヒットします。
日本では手にはいらないような、怪しいガジェットまでありとあらゆるものが手に入るのが特徴です。

【AliExpress】トップページ

 

UMIDIGI One Pro

2万円を切る価格なのに、機能はiPhone Xに追従する勢いのすごい端末です。
CPUスペックだけに目をつぶれば、ほぼすべての人が満足できるスペックです。

【UMIDIGI】UMIDIGI One Pro 公式ページ

【Amazon】UMIDIGI One

【Amazon】UMIDIGI One Pro

UMIDIGI One Pro (2)

 

スペック

製品名 UMIDIGI One UMIDIGI One Pro
トワイライト
カーボンファイバー
トワイライト
カーボンファイバー
OS Android 8.1 Android 8.1
CPU MediaTek Helio P23 (MT6763T)
Octa-Core
MediaTek Helio P23 (MT6763T)
Octa-Core
GPU ARM Mali-G71 MP2 ARM Mali-G71 MP2
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB 64GB
microSD 最大256GB 最大256GB
WIFI 802.11 a/b/g/n 802.11 a/b/g/n
SIM 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /8
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
DSDS 対応
Nano SIM + Nano SIM
対応
Nano SIM + Nano SIM
画面 5.9インチ
19:9比率
1520 x 720 px
5.9インチ
19:9比率
1520 x 720 px
カメラ 背面:1200+500万画素
前面:1600万画素
背面:1200+500万画素
前面:1600万画素
インターフェース 3.5mm Jack
microSDカードスロット
USB Type-C
指紋認証センサー
3.5mm Jack
microSDカードスロット
USB Type-C
指紋認証センサー
Qi
NFC
GPS GPS
GLONASS
GPS
GLONASS
Bluetooth 4.2 4.2
バッテリー 3550mAh
有線:10W
3250mAh
有線:18W
Qi無線:15W
付属品 1x Phone
1x Screen Protector (pre-applied)
1x High-Quality Case
1x Type-C Cable
1x Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
1x Phone
1x Screen Protector (pre-applied)
1x High-Quality Case
1x Type-C Cable
1x Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
サイズ 148.4 x 71.4 x 8.3 mm 148.4 x 71.4 x 8.3 mm
Antutu 約8万点 約8万点
発売日 2018年8月頃 2018年8月頃

UMIDIGI One Pro (1)

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ
使用可能
au
使用可能
Softbank
Ymobile
使用可能
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。

 

特徴

UMIDIGI One / One Proの2種類がありますが、大きなスペックの違いはありません。
一部機能の違いがあるのみです。

UMIDIGI One Pro (3)

 

iPhone Xと同じノッチ付きのディスプレイに、各種スペックがまんべんなくハイレベルになっています。

UMIDIGI One Pro スペック (4)

 

ディスプレイ

5.9インチ、19:9比率の狭額縁ディスプレイです。
画面サイズは大きいですが、実際の本体サイズは5.2インチスマホと同じなので、片手でも持ちやすいです。

UMIDIGI One Pro スペック (5)

 

CPU

CPUスペックはそれほど高くはありません。
ミドルスペックなので、ほとんどのアプリやゲームを遊べます。
PUBGや荒野行動などのマルチプレイ3Dゲームはちょっと厳しいかもしれません。

UMIDIGI One Pro スペック (6)

 

カメラ

カメラスペックは結構高いです。
解像度だけではなんとも言えませんが、写真に関しては満足できる撮影ができると思います。
背面:1200+500万画素 

UMIDIGI One Pro スペック (7)

インカメラ画素数も高いため、綺麗な撮影が可能だと思われます。
前面:1600万画素

UMIDIGI One Pro スペック (8)

 

この価格帯だと、動画撮影時の手ぶれ補正がしょぼい可能性が高いです。

UMIDIGI One Pro スペック (9)

 

ワイヤレス充電Qi

UMIDIGI One Proには超高速のワイヤレス充電に対応しています。
UMIDIGI Oneには対応していないので、必要な方はProを手に入れてください。
UMIDIGI One Pro スペック (10)

 

高速充電

同様にOne Proには18Wの有線による高速充電に対応しています。
Oneもそこそこ速い10Wです。

UMIDIGI One Pro スペック (11)

 

指紋認証

低価格スマホとしてはかなり珍しい、側面の指紋認証センサーが搭載しています。
認証精度とスピードが気になりますが、側面のセンサーはかなり実用性が高く、かなり気になります。

UMIDIGI One Pro スペック (12)

 

顔認証

画面を見るだけでロック解除可能なFace Unlockにも対応しています。
インカメラの簡易的な物だと想うので、高いセキュリティーを求める方は指紋認証を使いましょう。

UMIDIGI One Pro スペック (13)

 

ステレオスピーカー

なんと、ステレオのスピーカーに対応しています。
スマホで音楽やYouTube、映画を楽しむ方にとってはかなり嬉しい機能だと思います。

UMIDIGI One Pro スペック (14)

 

SIM

驚くべきことに、docomo,au,softbank(Ymobile)の全てに対応しています。
ただ対応しているだけでなく、普通はめったに対応してないBand28にも対応しているため、日本で売られているスマートフォンと全く同じレベルで電波をキャッチできます。
下手すると、日本で販売されている格安スマホよりも電波のつながりが良いです。

UMIDIGI One Pro スペック (15)

 

NFC

One ProにはNFCも対応しています。(Oneには非対応)
NFC=おサイフケータイではありませんので、日本では余り使う機会がありませんが、Bluetoothスピーカーなどのペアリングで使える場合があるので、無いよりはあった方が嬉しいです。

UMIDIGI One Pro スペック (16)

 

カラー

カラーはグラデーションが美しいトワイライトとかっこよすぎるカーボンファイバーです。
あくまでもデザインなので、本物のカーボンファイバーではないらしいです。

UMIDIGI One Pro スペック (17)

 

OS

OSは最新のAndroid 8.1です。
高いに越したことはないので、これは嬉しいポイントですね。

UMIDIGI One Pro スペック (18)

 

デザイン

正直、文句なしにかっこいいです。

UMIDIGI One Pro スペック (2)

 

個人的にカーボンファイバーがすごいかっこいいと感じました。

UMIDIGI One Pro スペック (3)

 

トワイライトも虹のようで美しいです。

UMIDIGI One Pro スペック (22)UMIDIGI One Pro スペック (23)UMIDIGI One Pro スペック (1)

 

サイズ

サイズは横幅がかなり細いです。
これなら、片手操作もかなりしやすそうです。

2

 

インターフェース

3.5mm Jackも省かれておりませんし、USBもType-Cです。
電源ボタンは指紋認証センサーと共通になっています。

3

 

付属品

予め、保護フィルムが貼られており、高品質なケースも付属しています。
別途買うと1000円以上するかもしれませんし、買うのも面倒だったりするので、これは嬉しいですね。

4

 

動画

▼PV

Introducing UMIDIGI One|One Pro

 

▼PV 2

UMIDIGI One|One Pro First Hands-on

 

▼UMIDIGI One Pro VS HUAWEI Honor 10

UMIDIGI One Pro VS Honor 10

 

▼開封(英語)

UMIDIGI UMI ONE PRO Unboxing & Review(Antutu Test)

 

▼ワイヤレス充電器 UMIDIGI Q1

UMIDIGI Q1| Unbox the World's Fastest Wireless Charger 15W

 

ネット上の点

  • このスマホは美しいです。動作も早く嬉しいです。ただ、3~4時間使っていると熱を持ってきます。
  • カーボンを注文しました。とっても素敵なカーボンでした。
  • 素晴らしいスマホだ!ありがとう!
  • まさに素晴らしいスマートフォンです。そしてお値段も素晴らしいです。
  • Wi-Fiは802.11acは対応していない。qiはしっかり充電した。しかしこれで2万円とかすごいなぁ。液晶もすごくきれいです。umidigi応援したくなっちゃったなぁ

 

 

まとめ

情報をまとめればまとめるほど、神がかった端末と思えてきました。
デザインは満点の美しさですし、インターフェースもすべて搭載しています。
液晶も大きく、サイズも持ちやすく、不満がありませんね。

ただ、液晶はFHDではなくHD画質になっています。
過去の経験上、この画面サイズであれば、HD画質でも全く不満がないので、個人的にはむしろバッテリーの消費電力が落ちるので嬉しいとも捉えられます。
人間の目にも限界がありますから、特別注意する必要もないと思います。

CPUスペックは満足できるかどうか人によって変わると思います。
3Dゲームを中心に遊ぶなら、4万程度のスマホを買うべきですし、そうではない人は満足すると思います。
インターネット、YouTube、2Dゲーム(モンスト、パズドラ)、アプリ、この辺は全く問題なく遊べるスペックが搭載しています。

カメラ性能は写真に関しては満足行く人が多いと思います。
iPhoneを超えるということは無いでしょうが、十分綺麗な写真が撮影できるでしょう。
動画は使ってみないとわかりませんが、そこまで期待しないほうが良いと思います。

Qi充電も嬉しいですね。
格安スマホでQi対応スマホなんて存在しないので、無線充電を使ったことがない人はぜひ、One Proを選んでみてください。
One も One Proもそんなに値段の差が無いので、個人的にはOne Proをおすすめします。
とはいえ、Oneも十分以上にコスパが高すぎるので、Oneもおすすめです。

総評すると、現時点でコスパ最強のスマートフォンはUMIDIGI OneとOne Proで確定しました。

次回は、開封レビュー致します。

【UMIDIGI】UMIDIGI One Pro 公式ページ

【Amazon】UMIDIGI One

【Amazon】UMIDIGI One Pro

 

目次

【目次】UMIDIGI One Pro スマートフォン

コメント