UMIDIGI F1の開封レビュー【スペック情報と特徴まとめ】

UMIDIGI F1のスペックと特徴をまとめました。

提供:UMIDIGI

Xiaomi Pocophone F1のパクリ端末?

世界中で超絶人気のコスパ最強ハイスペック端末のPocophone F1をパクった端末が登場しました。
その名も、「UMIDIGI F1」です。

ネーミングどおり、CPUに力を入れているのですが、Pocophoneよりもお値段は1万円ほどお安くなっています。
そして、それ以外のスペックも案外妥協されておらず、いつもどおりグローバルバンド対応と案外凄いスペックになっています。

 

UMIDIGI F1

 

スペック

基本情報
製品名 UMIDIGI F1
発売日 2019年1月
OS Android 9.0
Antutu 約138,000点
デザイン
本体サイズ 156.9 x 74.3 x 8.8 mm
┣ 重量 186g
┣ 材質  
┗ カラー レッド
ブラック
ゴールド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340 x 1080px
┗ 比率 19.5 : 9
その他特徴 ウォータードロップ ノッチ
ハードウェア
CPU MTK, Helio P60
┣ 周波数 4xCortex-A73, 2.0GHz
4xCortex-A53, 2.0GHz
┗ コア数 8
GPU ARM Mali G72 MP3 700MHz
RAM 4GB
ROM 128GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 搭載
最大256GB
3.5mm Jack 搭載
付属品 UMIDIGI F1
画面保護フィルム(貼り付け済)
スマホケース
Type-C ケーブル
ACアダプター
SIMピン
マニュアル
カメラ
アウトカメラ 1600万画素
800万画素
┣ センサー 6-element lens
1.12 μm pixels
1/2.8″ optical format
┗ F値 F/1.7
インカメラ 1600万画素
┣ センサー 5-element lens
┗ F値 F/2.0
その他特徴 1080p, 720p video, 30fps
通信
対応バンド 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
┣ SIMタイプ Nano SIM x2
┗ DSDS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1
GPS GPS
GLONASS
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
急速充電 18W

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

UMIDIGI F1はPocophone F1のネーミングを丸パクリした、結構ハイスペックな格安スマホです。

 

Pocophoneほどハイスペックではありませんが、大抵のゲームは快適に遊べるスペックが搭載しています。

 

画面も大きく、CPUもハイスペックでバッテリーも大きいです。

 

画面サイズは6.3インチ、19.5:9比率の縦長ディスプレイです。
ノッチはとても小さなウォータードロップタイプなので、通知領域が削られる心配はありません。

 

CPUはHelio P60です。
Antutu約13.5万点と結構良いスペックです。
荒野行動も設定を下げれば快適に遊べるくらいのスペックです。

 

RAMは4GB,ROMは128GBと大容量です。
この価格で128GBというのはかなり良いですよね。

 

カメラは背面1600+800万画素のデュアルレンズです。
低価格スマホなので、期待しすぎないほうが良いでしょうが、写真撮影に関しては満足行くスペックだと思います。

 

OSは最新のAndroid 9.0です。
最新で悪いことはありません。

 

NFCもついていますが、日本のおサイフケータイには対応していません。

 

嬉しい顔認証にも対応しています。

 

カラーは全部で3種類です。

 

 

各種機能はこんな感じです。
USBはCタイプなので、嬉しいですね。

 

サイズはこんな感じです。
ベゼルは細く、重量は186gと一般的です。

 

いつもどおり、ケースと保護フィルムが付属します。

 

開封

それでは、早速開封いたしましょう。

UMIDIGI F1 (1)

 

パッケージは、いつもどおりの同じデザインです。

UMIDIGI F1 (2)

 

UMIDIGIはすべての端末で同じパッケージを流用してコストカットしています。

UMIDIGI F1 (3)

 

カラーはレッドを選択しました。

UMIDIGI F1 (4)

 

当然未開封品です。

UMIDIGI F1 (5)

 

フタを開けるとThank you カード

UMIDIGI F1 (6)

 

その下には本体が入っています。

UMIDIGI F1 (7)

 

更に下にはお手紙入れが入っています。

UMIDIGI F1 (8)

 

その中にはマニュアルとSIMピンが入っています。

UMIDIGI F1 (9)

 

更にしたにはアクセサリーが入っています。

UMIDIGI F1 (10)

 

高品質なUSB Cケーブル

UMIDIGI F1 (11)

 

ハイスペックな充電器

UMIDIGI F1 (12)

 

端子は1ポート

UMIDIGI F1 (13)

 

本体

本体には予めケースが備わっていました。

UMIDIGI F1 (14)

 

表面には保護フィルムが貼り付けられています。

UMIDIGI F1 (15)

 

ケースの作りはかなりいいです。

UMIDIGI F1 (16)

 

皮のような模様が入っていて、若干高級感も感じるかも?

UMIDIGI F1 (17)

 

ボタンも押しやすいです。

UMIDIGI F1 (18)

 

上にはマイクが付いています。

UMIDIGI F1 (19)

 

右下にはストラップホールも付いています。

UMIDIGI F1 (20)

 

ケースの内側は、気休め程度に衝撃吸収してそうな模様が入っています。

UMIDIGI F1 (21)

 

ケースから外してみました。

UMIDIGI F1 (22)

 

シールを剥がすととてもかっこいいです。
アルミ素材のように見えますが、樹脂に塗装がされている状態でした。
ただ、触り心地はとても優しくサラサラよりも滑り止め効果があって、持ちやすいです。

UMIDIGI F1 (23)

 

下側面には左からスピーカー、USB C、マイク、3.5mmJackが付いています。

UMIDIGI F1 (24)

 

UMIDIGIのロゴもかっこいいですね。

UMIDIGI F1 (25)

 

レッド色も綺麗でオシャレです。

UMIDIGI F1 (26)

 

指紋センサーとカメラの位置は一般的ですね。

UMIDIGI F1 (27)

 

カメラは驚くべきことにほとんど出っ張っていません。
ほぼフラットなので、ケースを外して使うのにも適しています。
ケースを外して、机に置いてもガタガタしません。

UMIDIGI F1 (28)

 

右側面には音量と電源ボタンが付いています。

UMIDIGI F1 (29)

 

左側面にはSIMカードスロットが付いています。

UMIDIGI F1 (30)

 

手に持ってみるとこんな感じです。

UMIDIGI F1 (31)

 

保護フィルムも気泡一つはいっておらず、素晴らしい貼り付け具合です。

UMIDIGI F1 (32)

 

ノッチ部分も綺麗に貼られています。
やすいスマホなのに、ここまでしっかりとしているのは嬉しいですよね。

UMIDIGI F1 (33)

 

それでは、早速起動させてみましょう。
きちんと日本語にも対応していました。

UMIDIGI F1 (34)

 

ベゼルも細く、ノッチも小さく、完璧なディスプレイですね。

UMIDIGI F1 (35)

 

画面下の「タスク、ホーム、戻る」ボタンはカスタマイズ可能です。
例えば、iPhone Xシリーズのような使い勝手にも変更可能です。

UMIDIGI F1 (36)

 

ストレージ容量は128GBと超大容量です。

UMIDIGI F1 (37)

 

写真サンプル

UMIDIGI F1 カメラ (1)UMIDIGI F1 カメラ (2)UMIDIGI F1 カメラ (3)UMIDIGI F1 カメラ (4)UMIDIGI F1 カメラ (5)UMIDIGI F1 カメラ (6)UMIDIGI F1 カメラ (7)UMIDIGI F1 カメラ (8)UMIDIGI F1 カメラ (9)UMIDIGI F1 カメラ (10)UMIDIGI F1 カメラ (11)UMIDIGI F1 カメラ (12)UMIDIGI F1 カメラ (13)UMIDIGI F1 カメラ (14)UMIDIGI F1 カメラ (15)UMIDIGI F1 カメラ (16)UMIDIGI F1 カメラ (17)UMIDIGI F1 カメラ (18)UMIDIGI F1 カメラ (19)UMIDIGI F1 カメラ (20)UMIDIGI F1 カメラ (21)UMIDIGI F1 カメラ (22)UMIDIGI F1 カメラ (23)UMIDIGI F1 カメラ (24)UMIDIGI F1 カメラ (25)UMIDIGI F1 カメラ (26)UMIDIGI F1 カメラ (27)UMIDIGI F1 カメラ (28)UMIDIGI F1 カメラ (29)UMIDIGI F1 カメラ (30)UMIDIGI F1 カメラ (31)UMIDIGI F1 カメラ (32)UMIDIGI F1 カメラ (33)UMIDIGI F1 カメラ (34)UMIDIGI F1 カメラ (35)

 

動画

▼開封レビュー

マヂで!?こんなコスパ最強のスマホ誕生しちゃったの!?【UMIDIGI F1 開封レビュー】

 

▼到着前動画

iPhoneはもうパクりません。だって、魅力がないんだもん。【UMIDIGI F1】

 

▼ゲームプレイ検証(PUBG,荒野行動など)

YouTube

 

ネット上の声

  1. 最初電波を拾わず、初期不良かと思いましたが、調べてみるとAPN設定を変えないといけないことがわかりました。調べられない人は購入しないほうが良いです。
    LINEやTwitterの通知が一切来ません。
    >>僕の端末ではきちんと通知が来ます。おそらくマナーモードにしてしまったんだと思います。
  2. 動作の反応が速いです。基本的な性能には満足しています。バッテリーの%常時表示ができません。プラス2万円出してPocophone F1を買ったほうが良いかもしれない。
  3. バッテリー持ちは申し分なく、動きも快適で通信速度も速くなった気がします。楽天モバイルのdocomo,UQのauでDSDVで使っています。
  4. 動作が速く、画面も綺麗です。音も悪くありません。デザインも70点です。バッテリーの充電速度も速くて長く持ちます。ただし、カメラはあまり良くありません。カメラは気にしないのであれば、このスマホはとても良いです。
  5. 2万円ちょいでこのスマホは素晴らしいです。他の方が指摘しているように、カメラ品質はあまり良くないです。それ以外で気をつける点は、apn設定をきちんとしましょう。そうしないと上手く動きませんよ。

 

ポイント

良い点

  1. 結構安い
  2. ノッチがウォータードロップタイプで小さい
  3. ベゼルレス大画面ディスプレイ
  4. 高解像度ディスプレイ
  5. CPUはなかなか良い(Helio P60)
  6. USB Type-C
  7. 全キャリアで使えるグローバルバンド
  8. 大容量なROMは128GB
  9. 大容量のRAM4GB
  10. 指紋認証、顔認証 対応
  11. 大容量バッテリー(5150mAh)
  12. ケースと保護フィルム付属

気になる点

  1. デザインはシンプル
  2. 材質は樹脂
  3. カメラスペックは微妙

 

発売前のまとめ

UMIDIGIのHelio P60の格安機種が来ましたね!
Helioはどうしてもスペック不足を感じる機種が多かったので、これで解決しそうです。
最近はAntutuスコア30万点のスマホが登場してきていますが、実際ゲームを快適に遊ぶだけなら、13万点あれば十分です。
荒野行動が13万点で快適に動きますから、他のモンストやパズドラ、YouTubeなどは更に快適です。

端末のデザインは結構シンプルですね。
ネーミングのF1から筐体のコストを下げてCPUにコストをつぎ込んだモデルなんだとおもいます。
Pocophone F1も筐体は結構シンプルで、似たような材質デザインになっています。
UMIDIGIは結構デザインセンスが高いスマホを多く出しているので、スペックとデザインのどちらを取るか、人によって好みが分かれそうですね。

グローバルバンド対応というのは、流石UMIDIGIといったところです。
全キャリアのバンドに対応していますから、今使っているSIMカードをそのまま差し替えればすぐに使えちゃいます。
海外旅行に行っても、繋がりはバッチリなので、旅行好きの人にも良さげな端末ですね。

そして、バッテリー容量が5150mAhとありえない容量です。
しかも、重量は186gと普通のスマホと同じ重量です。
iPhone Xsの約1.7倍の容量ですからね、やばいです。

さらに、ディスプレイはウォータードロップタイプですよ。
あの、忌まわしきバカデカノッチとはもうおさらばです。
通知領域を圧迫して、情報が少なくなってしまうノッチ問題もこれで解決です。

ただ残念なのは、UMIDIGIスマホはいつも、発売直後の端末はバグが出てしまうというところです。
おそらく、すごいスピードで新端末を出しているので、完成度を上げて発売するのが間に合わないのだと思います。
ただし、バグが出てもすぐにアップデートで解決してくれているので、ある意味安心感はあります。
もし、完全な状態で手に入れたい人は、1~2週間様子を見てから買っても良いかもしれません。

 

入手後のまとめ

普通に使えるスマホでした。
スペックに不満もなく、サイズも大きすぎないので、持ちやすいです。
カメラスペックも案外普通なので、メインスマホとして利用可能です。

2泊3日の車中泊旅行に持っていき、メインスマホとして利用してみました。
UMIDIGI F1にYahoo!カーナビをインストールして、ナビとして使いましたが、非常に快適でした。
GPSがぶっ飛んで使えないということもなく、車のナビと全く同じ精度でした。

カメラスペックもTwitterにアップする程度なら、全く問題ありません。
ブログ用写真や、カメラマンが使うには不足しますが、日常の記録で困ることはないでしょう。
動画撮影スペックは値段なりなので、YouTuberを目指す方は、もうちょっと上のランクのスマホを選んだほうが良いでしょう。

ゲームに関しても問題ありません。
PUBGも荒野行動も遊べます。
画質を落としたほうが良いので、最高画質でプロを目指す方はもっと高い機種を買いましょう。

今の所、UMIDIGI F1にバグは発生していません。
UMIDIGI 端末はいつも最初バグが発生することで有名だったのですが、今回はしっかりとチューニングしてくれたみたいですね。
「カメラの色味が変」と言っている人もいますが、このへんは好みが分かれるところなので、バグなのかそういう設定なのかはよくわかりません。
UMIDIGIスマホは定期的にアップデートもちゃんとしてくれるので、その辺は安心ですね。

筐体のデザインはとてもかっこいいです。
正直、この品質なら、アルミじゃなくて樹脂で良いと思います。
樹脂のほうが軽くなりますし、安くなりますし、滑りづらいし良いことづくしです。
10万円のスマホだと、落とすのが怖くてケース必須ですが、2万円のスマホならケースなしで使ってもいいですよね。

あと、ネットを見ていると「apn設定しないと、ネットが使えない」ということを知らない人が多いという事実を知りました。
apn設定を車で例えると「車を運転するときは鍵が必要」ということになります。
皆さん、シムフリースマホを使うときは「apn設定が必要」ということを覚えていてください。
※apn設定って何?と思った方は、コメント欄に「apn設定って何?」と書くのではなく、Googleに「apn設定ってなに?」と書いてみてください。

総評すると、UMIDIGI F1はコスパ最強!

コメント

  1. 洋ちゃん より:

    カズヒロさんのYouTubeは気になる機能やスペック、動作速度、詳しいカメラ性能が見られてとても参考になるので大好きです。
    本当に有難うございます!
    UMIDIGI F1かなり人気ですよね〰
    全てのキャリアで使える強みとそれなりのスペックでもお安いので欲しかったです。
    残念ながら当方はたまたま子供のスマホと自分用と2台必要だったので断念いたしました。
    しかし現在Ymobileを契約しておりますので、中華SIMフリーでしたら対外はSoftBankメインBandには対応しておりますので今回はGOME U7 miniを2台購入致しました。
    Aliexpressで送料無料にて一台9800円でした(#^.^#)
    BandはSoftBankには全て対応していますがdocomo、AUはちょっとダメですね。
    購入して使った感想はCPUスペック的にはUMIDIGI F1の半分程度のスペックですがビックリする程サクサク動きました。
    エリオX20なので1世代前のCPUですが普通に使う程度ならまだまだ行けますねぇ(^^)
    試しに荒野行動をやって見ましたが問題無く動きました。
    カクツキは自分的には確認出来なかったですが、ゲームをやらないのでどの程度から駄目なのかが判断付かずでした。
    カメラは正直ダメですが記録写真等なら問題無く使えました。
    お弁当など撮影しますとラベルの文字はキッチリ撮れていますが中のオカズやらはかなり荒くて写ってしまいます。
    でも2台で2万円欠けでエリオX20、RAM 4G、ストレージ64G、DSDS対応、micro SD対応、USBタイプC、指紋認証、虹彩認証搭載で筐体も両面ガラスに金属フレームでとても綺麗な端末ですので満足しております。
    虹彩認証は指紋認証よりも速くて精度も問題無く、暗闇でも使えるので顔認証よりも全然良いです。
    日本語も普通に入っておりますし、日本語で設定しますとキーボードはGboard – Googleキーボードなので自動的に日本語キーボードになっていて良かったです。
    動作的にもとてもスムーズで交換前のiPhoneSEよりもミスタップも無く素早くフリック入力出来て最高です。
    アプリの立上りもLINEなどはiPhoneSEよりもかなり高速「タップすれば即使える状態」なのでタイムラグが無くて気に入っております。
    この端末でコレだけ動くのですからUMIDIGI F1はもっと快適なのでしょうね〜ヮ(゚д゚)ォ!
    イイなぁー!
    そう言えばapnなのですが、GOMEにはSoftBankのopenとsmile.worldは最初から入っておりました。
    私はiPhone専用SIMなのでapn設定しましたがAndroidをお使いの方ならそのまま通信出来ます。
    docomoのapnももしかしたら入って居るのかも知れませんが確認しておりません。
    長々と書いてしまいましたがカズヒロさんのYouTubeはとても参考になって気になるツボを本当に良く紹介して下さるので見ていて本当に有難くて楽しいです!
    これからも頑張って下さい!

    • Kazuhiro Kazuhiro より:

      ありがとうございます。

      ソフトバンクSIMは汎用性が高く、便利ですよね~
      僕もそのうち1枚用意しようと思っています。

  2. 匿名 より:

    写真サンプルの追加、ありがとうございます。
    とても参考になりました。
    これからも応援しています。

  3. 池内 康敏 より:

    UMIDIGI F1のmicroSD(256GBまで対応)について教えてください。(購入検討中です)
    128GBを使用の場合、フォーマットは通常exFATフォーマット(32GB以上はSDXCでフォーマット)
    なのですが、exFATフォーマットで認識するのでしょうか?
    (128GBを使用でもFATフォーマットで使えないと他のHPに記載がありました。

    現在,LG製スマホで128GBをexFATフォーマットで使用しており気になりましたので・・・。
    お忙しいところすいませんが、確認していただければ幸甚です。
    よろしくお願いします。