UMIDIGI F1のスペック情報と特徴まとめ

UMIDIGI F1のスペックと特徴をまとめました。

Xiaomi Pocophone F1のパクリ端末?

世界中で超絶人気のコスパ最強ハイスペック端末のPocophone F1をパクった端末が登場しました。
その名も、「UMIDIGI F1」です。

ネーミングどおり、CPUに力を入れているのですが、Pocophoneよりもお値段は1万円ほどお安くなっています。
そして、それ以外のスペックも案外妥協されておらず、いつもどおりグローバルバンド対応と案外凄いスペックになっています。

 

UMIDIGI F1

【公式ページ】UMIDIGI F1

【AliExpress】UMIDIGI F1

 

スペック

基本情報
製品名 UMIDIGI F1
発売日 2019年1月
OS Android 9.0
Antutu 約135,000点
デザイン
本体サイズ 156.9 x 74.3 x 8.8 mm
┣ 重量 186g
┣ 材質  
┗ カラー レッド
ブラック
ゴールド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340 x 1080px
┗ 比率 19.5 : 9
その他特徴 ウォータードロップ ノッチ
ハードウェア
CPU MTK, Helio P60
┣ 周波数 4xCortex-A73, 2.0GHz
4xCortex-A53, 2.0GHz
┗ コア数 8
GPU ARM Mali G72 MP3 700MHz
RAM 4GB
ROM 128GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 搭載
最大256GB
3.5mm Jack 搭載
付属品 UMIDIGI F1
画面保護フィルム(貼り付け済)
スマホケース
Type-C ケーブル
ACアダプター
SIMピン
マニュアル
カメラ
アウトカメラ 1600万画素
800万画素
┣ センサー 6-element lens
1.12 μm pixels
1/2.8″ optical format
┗ F値 F/1.7
インカメラ 1600万画素
┣ センサー 5-element lens
┗ F値 F/2.0
その他特徴 1080p, 720p video, 30fps
通信
対応バンド 2G: GSM 2 /3 /5 /8
2G: CDMA1X BC0,BC1
3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B
┣ SIMタイプ Nano SIM x2
┗ DSDS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1
GPS GPS
GLONASS
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
急速充電 18W

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

CPU
メモリ
ディスプレイ
カメラ
バッテリー

UMIDIGI F1はPocophone F1のネーミングを丸パクリした、結構ハイスペックな格安スマホです。

 

Pocophoneほどハイスペックではありませんが、大抵のゲームは快適に遊べるスペックが搭載しています。

 

画面も大きく、CPUもハイスペックでバッテリーも大きいです。

 

画面サイズは6.3インチ、19.5:9比率の縦長ディスプレイです。
ノッチはとても小さなウォータードロップタイプなので、通知領域が削られる心配はありません。

 

CPUはHelio P60です。
Antutu約13.5万点と結構良いスペックです。
荒野行動も設定を下げれば快適に遊べるくらいのスペックです。

 

RAMは4GB,ROMは128GBと大容量です。
この価格で128GBというのはかなり良いですよね。

 

カメラは背面1600+800万画素のデュアルレンズです。
低価格スマホなので、期待しすぎないほうが良いでしょうが、写真撮影に関しては満足行くスペックだと思います。

 

OSは最新のAndroid 9.0です。
最新で悪いことはありません。

 

NFCもついていますが、日本のおサイフケータイには対応していません。

 

嬉しい顔認証にも対応しています。

 

カラーは全部で3種類です。

 

 

各種機能はこんな感じです。
USBはCタイプなので、嬉しいですね。

 

サイズはこんな感じです。
ベゼルは細く、重量は186gと一般的です。

 

いつもどおり、ケースと保護フィルムが付属します。

 

動画

iPhoneはもうパクりません。だって、魅力がないんだもん。【UMIDIGI F1】

 

プレゼント企画

現在公式ページでは、プレゼント企画が開催中です。
応募口数を増やして当選確率をあげることができて、10名様に抽選で当たります。

【公式ページ】UMIDIGI F1

 

ネット上の声

  1. 能力と値段が釣り合ってない、すごいなんじゃこれ。UMIDIGIぶち込んでくるなぁ~
  2. UMIDIGI One Maxのデザインは良いけど、買うならUMIDIGI F1だよぁ~。値段あんまり変わらないのに、最新OS積んでスペックも上げてるし。でも不良もりもりなんですよねUMIDIGIは…。
  3. OPPOに似ているけど、値段はこっちのほうが安い。RAMとCPUがちょっと残念かもしれないけど、ゲームはこれでもそこそこ動くので全然マシ。カメラも画素数的にはそこそこしっかりしているけど、どれくらい撮れるかはわからんですね。
  4. リーズナブルな価格でエキサイティングなスペック。
  5. UMIDIGIはレベルアップし始めています。新しい端末は高水準になってきているし、中国のXiaomiを打ち負かすレベルです。このスマホも素晴らしいと思います。

 

ポイント

良い点

  1. 結構安い
  2. ノッチがウォータードロップタイプで小さい
  3. ベゼルレス大画面ディスプレイ
  4. 高解像度ディスプレイ
  5. CPUはなかなか良い(Helio P60)
  6. USB C
  7. 全キャリアで使えるグローバルバンド
  8. 大容量なROMは128GB
  9. 指紋認証、顔認証 対応
  10. 大容量バッテリー(5150mAh)

気になる点

  1. デザインはシンプル
  2. 実機映像がまだ無い

 

まとめ

UMIDIGIのHelio P60の格安機種が来ましたね!
Helioはどうしてもスペック不足を感じる機種が多かったので、これで解決しそうです。
最近はAntutuスコア30万点のスマホが登場してきていますが、実際ゲームを快適に遊ぶだけなら、13万点あれば十分です。
荒野行動が13万点で快適に動きますから、他のモンストやパズドラ、YouTubeなどは更に快適です。

端末のデザインは結構シンプルですね。
ネーミングのF1から筐体のコストを下げてCPUにコストをつぎ込んだモデルなんだとおもいます。
Pocophone F1も筐体は結構シンプルで、似たような材質デザインになっています。
UMIDIGIは結構デザインセンスが高いスマホを多く出しているので、スペックとデザインのどちらを取るか、人によって好みが分かれそうですね。

グローバルバンド対応というのは、流石UMIDIGIといったところです。
全キャリアのバンドに対応していますから、今使っているSIMカードをそのまま差し替えればすぐに使えちゃいます。
海外旅行に行っても、繋がりはバッチリなので、旅行好きの人にも良さげな端末ですね。

そして、バッテリー容量が5150mAhとありえない容量です。
しかも、重量は186gと普通のスマホと同じ重量です。
iPhone Xsの約1.7倍の容量ですからね、やばいです。

さらに、ディスプレイはウォータードロップタイプですよ。
あの、忌まわしきバカデカノッチとはもうおさらばです。
通知領域を圧迫して、情報が少なくなってしまうノッチ問題もこれで解決です。

ただ残念なのは、UMIDIGIスマホはいつも、発売直後の端末はバグが出てしまうというところです。
おそらく、すごいスピードで新端末を出しているので、完成度を上げて発売するのが間に合わないのだと思います。
ただし、バグが出てもすぐにアップデートで解決してくれているので、ある意味安心感はあります。
もし、完全な状態で手に入れたい人は、1~2週間様子を見てから買っても良いかもしれません。

【公式ページ】UMIDIGI F1

【AliExpress】UMIDIGI F1

 

目次

 

コメント