iPhone Xsを真似た1万円のスマホの特徴まとめ【UMIDIGI A3 / A3 Pro】

今回は、UMIDIGI A3 Proの特徴をまとめてみました。

提供:UMIDIGI

目次

【目次】UMIDIGI A3

A3とPro

A3はiPhone Xsが発表された直後に発表され、話題となりましたが、いつの間にかProというネーミングのモデルも発表されていました。
違いは、ディスプレイとRAM+ROMだけで、実は大きな違いはありません。
念のために、詳しくスペックをチェックしてまとめてみます。

 

UMIDIGI A3 / A3 Pro

iPhone Xs発表会後に発表された、iPhoneXsシリーズをパクったスマホ第1段です。
激安ですが、docomoのBadn19に対応した、グローバルバンド対応スマホです。

【UMIDIGI】公式ページ

【Amazon】UMIDIGI A3

【AliExpress】UMIDIGI A3

 

【AliExpress】UMIDIGI A3 Pro

【Amazon】UMIDIGI A3 Pro

 

スペック

製品名 UMIDIGI A3 UMIDIGI A3 Pro
スペースグレー
ゴールド
左と同じ
OS Android 8.1  
CPU MT6739 Quad core 1.5GHz  
GPU IMG 8XE 1PPC @ 420 MHz  
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 32GB
microSD 対応  
WIFI 802.11 a/b/g/n  
SIM

NanoSIM x2

2G : GSM B2/3/5/8
3G: WCDMA B1/2/4/5/8
4G: TDD-LTE 38/40/41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /19 /20
VoLTE

 

DSDS 対応  
画面 5.5インチ
1440 x 720 px
5.7インチ
1512 x 720 px
カメラ 背面:1200+500万画素
前面:800万画素
 
インターフェース 顔認証
指紋認証
トリプルスロット
microUSB
3.5mm Jack
 
GPS GPS
Glonass
 
Bluetooth 4.0  
バッテリー 3300mAh
5V 1A
 
付属品 1x UMIDIGI A3
1x 画面保護フィルム
1x 高品質なケース
1x microUSBケーブル
1x ACアダプター
1x SIMピン
1x マニュアル
 
サイズ 147.2 x 70.2 x 8.5mm
186g
187g
Antutu 約44,000点  
発売日 2018年11月11日頃  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ
使用可能
au Softbank
Ymobile
使用可能
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。

 

特徴

UMIDIGI A3 ProはA3よりもディスプレイを広げたモデルです。

 

ディスプレイとRAM、ROM以外は全く同じです。
CPUスペックはあまり高くありませんのでご注意ください。

 

CPU

CPUはMT6739 Quad core 1.5GHzです。
Antutuスコアは約44,000点とあまり高くありません。
ゲームをするためのスマホではないので、Web閲覧やYouTube、SNSをメインで使うのに最適です。

 

メモリ

メモリは最低限の3GBとストレージも32GBです。
A3はRAM2GB,ROM16GBと更に小さいので、この違いでどちらにしようか検討してみると良いでしょう。

 

ディスプレイ

ディスプレイは19:9のノッチ付き縦長ディスプレイです。
サイズ自体はA3と全く同じなので、サイズも小さく持ちやすい大きさです。
横幅は70.2mmと、かなり細いので、片手操作がしやすい端末と言えます。

 

カメラ

カメラは全面1200+500万画素です。
画質自体は結構高いので、写真は綺麗に撮影できることでしょう。
動画に関しては、使ってみないことにはわかりませんが、この価格帯ですからあまり期待しすぎないほうが良いでしょう。

 

前面カメラは800万画素と案外ハイスペックです。
最近のスマホはインカメラスペックが高いので、これも普通に使えるでしょう。

 

バッテリー

バッテリー容量は、3300mAhです。
容量的には一般的なので、1~2日位は使えると思います。
ただし、充電スピードは5V 1Aと低スピードなので、早めの充電を心がけましょう。

 

ネットワーク

そして、最大の特徴がこのグローバルバンド対応という点です。
日本を含めた世界中で使えるモバイルネットワークに対応しています。
日本だとdocomoとsoftbankのプラチナバンドに対応しているので、田舎に行ってもしっかりと電波をキャッチできる性能があります。

 

更に、SIM2枚入れた状態で、microSDカードも入れられるトリプルスロット対応です。
最新のスマホでもなかなか対応していない機能をいち早く搭載させるUMIDIGIのこういうところが個人的に大好きです。

 

セキュリティー

背面には指紋認証センサーが搭載されていて、全面にはFace IDも搭載されています。
お好きな方法でロック解除できるのでとても便利ですね。

 

その他

OSはAndroid 8.1を搭載しています。
最新ではありませんが、ほぼ最新と言えるOSなので、安心ですね。

筐体

筐体カラーはゴールドとスペースグレーの2種類です。
背面はiPhoneXsと同じガラスデザインを採用しています。
格安スマホではなかなか見られないデザインというだけでなく、ガラスは指が滑りづらいので持ちやすいというメリットもあります。

 

端子類も充実しています。
下側面に3.5mmJackとmicroUSBポートを搭載しています。

 

 

サイズはこの様になっています。

 

 

11月11日がチャンス

11月11日は中国では独身の日という記念日として、主にAliExpressで大規模なセールが開催されます。
たった1日で2兆円の売上が立つほど、とんでもない量商品が買われる日となっております。
最近では日本のニュースでも取り上げられていますので、知っている人も多いかもしれません。

そして、当然スマートフォンもこの日に購入するのが最大のチャンスです。

AliExpressのページをチェックしていただくと、11月11日の価格が通常よりも500円ほどお安いですよね。

購入方法は簡単で、事前に会員登録を済ませておき、事前に商品をカートに入れておきます。
そして、カートに入れた状態で11月11日まで待ち、セール日当日に急いで購入するだけです。

 

動画

iPhone Xsを真似た1万円のスマホの特徴まとめ【UMIDIGI A3 / A3 Pro】

 

ポイント

良い点

  1. 超激安
  2. 画面が大きい
  3. サイズが小さい(5インチサイズ)
  4. トリプルスロット対応
  5. グローバルバンド対応
  6. 3.5mm Jackを搭載
  7. 指紋認証を搭載
  8. 背面ガラスパネル

気になる点

  1. A3もA3 Proも動作はほぼ同じ
  2. A3でもいいかもしれない。
  3. CPUスペックがしょぼい

 

まとめ

いよいよ発売になりますね!
A3かA3 Proにしようか迷っている人も多いと思います。
RAMとROMの違いしかないのと、microSDカードも入るので、A3のほうが人気があるんじゃないかと個人的には思っています。

CPUスペックは結構低いです。
これで荒野行動を快適に遊ぶことは不可能なので、ゲーム目的で買うのはおすすめできません。
とは言っても、モンスト・パズドラ・ツムツム程度の2Dゲームは遊べますから、スピーディーな動作を要さないゲームアプリは使えますよ。

Web閲覧、YouTube、Twitterやインスタ、Facebook利用がメインならこれでもOKです。
欲を言うと、更にスペックの高いモデルのほうが更に快適ですが、そのへんはお財布と相談してください。

グローバルバンドに対応しているのは素晴らしいですよね。
docomoの格安SIMを使っている人は多いと思いますが、どうしてもプラチナバンドに対応している中華スマホが少ないので、悩んでいた人も多いことでしょう。
UMIDIGI A3/A3 Proは最安値で買えるグローバルバンド対応スマホですから、とにかく安くて電波がつながりやすいスマホが欲しい人に最適です。

カメラスペックも欲を出さなければ普通に使えると思います。
最近のUMIDIGIスマホは案外写真は綺麗で、動画はそこそこですからね。
もちろん、Galaxy やiPhoneのほうが綺麗ですから、カメラスペックも妥協したくない方はプラス9万円出して、そちらをご購入ください。
9万円だせば、10年位使える結構いい一眼レフカメラ買えちゃいますけどね(汗)

 

  • 10万円出して超ハイスペックで何でもできるiPhoneXsを購入するか
  • 1万円で一応使えるスマホ+9万円分の他のものを購入するか

どうぞお好きな方をお選びください。

 

次回は、UMIDIGI A3の開封レビューをお届けいたします。

【UMIDIGI】公式ページ

【Amazon】UMIDIGI A3

【Amazon】UMIDIGI A3 Pro

【AliExpress】UMIDIGI A3

【AliExpress】UMIDIGI A3 Pro

 

目次

【目次】UMIDIGI A3

コメント

  1. noise より:

    USB OTG 対応なら即予約なんですが、公式サイトに記載が無いのに一部非公式情報サイトでは OTG 対応になっていたりで悩んでます。