新型タフネス格安スマホがIndiegogogから40% OFFで購入可能!【DOOGEE S70 , スマートフォン】

新型の防水防塵タフネススマホが発表されましたので、情報をまとめてみました。

DOOGEE S70

Band19対応の格安タフネススマホです。
すでに、Doogee S70 LITEという機種は販売されていますが、新しく発売予定の上位機種Doogee S70はゲーミングパッドが付属するようです。

【DOOGEE】DOOGEE S70

【DOOGEE】DOOGEE S70 INDIEGOGO

iPhoneに唯一足りない頑丈さが最強のスマホ【DOOGEE S70タフネス スマホ新情報】

 

スペック

製品名 DOOGEE S70
ブラック
オレンジ
OS Android 8.1
CPU Helio P23;8*Cortex-A53;up to 2.5GHz
GPU ARM Mali G71 MP2 770MHz
RAM 6GB
ROM 64GB
microSD 最大128GB
WIFI 対応
(詳細不明)
SIM 2G:GSM: B2/3/5/8
3G:WCDMA: B1/2/4/5/8; TDSCDMA: B34/39; C2K:BC0/C1
4G:FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20; TDD:B34/38/39/40/41
DSDS 対応
Nano SIM x2
画面 5.99インチ
2160x1080px
カメラ 背面:1200+500万画素
前面:1600万画素
インターフェース 指紋認証センサー
NFC
USB Type-C
GPS GLONASS
GPS
Bluetooth 対応
(詳細不明)
バッテリー 5500mAh
付属品 1 x Cellphone
1 x Charger (12V/2A)
1 x USB Cable
Packing Box, Manual, Warranty Card
1 x Protective Film
サイズ 171.8*80.8*13.6 mm
278g
Antutu 約7万点
発売日 未定

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ
使用可能
au Softbank
Ymobile
使用可能
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。

 

特徴

格安スマホで有名なDOOGEEからタフネススマホの新機種が発表されました。

DOOGEE S70 (1)

 

防水防塵というだけでなく、あるていどのスペックが確保されているため、タフネスですが快適に利用できるスマートフォンとなっております。

DOOGEE S70 (3)

 

ゲーミング

ゲーミングを謳っているため、ゲームをする上で快適になるように工夫されています。
スペックはそれほど高くはないので、はたして、本当にゲームが快適に遊べるかは疑問です。

DOOGEE S70 (2)

 

ゲームパッド

最大の特徴がこのゲームパッドです。
装着して使えば、PS4の様なコンシューマゲーム機感覚で遊ぶことが可能かもしれません。

DOOGEE S70 (4)

 

ディスプレイ

画面は手袋をつけた状態でも操作が可能のようです。

DOOGEE S70 (5)

 

クーラーシステム

背面のカメラ周りの金属部分は冷却機能も備わっているそうです。
ゲーミングボタンを押すことで、7度程度の温度低下が可能とのことです。

DOOGEE S70 (6)

 

ゲームモード

スマホサイドにある、ボタンを押すことで、一発でゲーミングモードに移行可能です。
ゲーミングモードというのは、アプリやメール、電話通知を無効化してくれるモードです。

DOOGEE S70 (7)

 

GPU

グラフィックボードはゲーミングに適しているそうです。
ただ、CPUがそこそこなので、荒野行動並みのゲームが快適に遊べるかは不明です。

DOOGEE S70 (8)

 

バッテリー

5500mAhと通常のスマホよりも1.5倍程度大きなバッテリーが搭載しています。
画像にはPUBGの画像が表示されているので、遊べるスペックが搭載されているのかもしれませんね。

DOOGEE S70 (9)

 

防水防塵

最大のIP68対応なので、水中でも利用可能です。
筐体も頑丈なので、落としても大丈夫そうですが、重量は278gと結構重量級です(汗)

DOOGEE S70 (10)

 

カメラ

カメラスペックもそこそこ良さそうです。
ただし、この価格帯のカメラスペックは、写真は綺麗でも動画はちょっと微妙なことが多いです。
手ぶれ補正やカメラアプリの動きはCPUスペックにも関係するので、そこまで期待しすぎないほうが良いかと思います。
でもTwitterや日々の日記として撮影するには十分な写真は撮れると思います。

DOOGEE S70 (11)

DOOGEE S70 (12)

 

インカメラは1600万画素と高い画質があります。
カメラの綺麗さは画質だけではないですが、画質は一つの重要な要素なので、汚いということは無いと思います。

DOOGEE S70 (13)

DOOGEE S70 (14)

 

ネットワーク(SIM)

この部分はかなり優秀でした。
Band19に対応しているので、docomoに対応しています。
格安SIMのほとんどはdocomoですから、とっても重要なことです。

DOOGEE S70 (15)

 

アプリ

予めアウトドアで活躍しそうなアプリがプリインストールされています。
特別嬉しいとは思いませんが、あると便利なのかもしれません。

DOOGEE S70 (16)

 

デザイン

筐体はなかなかのゴツさです。
このスマホを使っていると注目されること間違いなさそうですね。

DOOGEE S70 (17)

 

DOOGEE S70 LITEとの違い

大きな違いは、この3箇所です。
それほど違いはありませんが、S70はゲームパッドが対応(付属)しているのが重要なポイントとなりそうです。

RAMが4GBから6GBにアップグレード
背面カメラが1300+800万画素から1200+500万画素にダウングレード?
前面カメラが800万画素から1600万画素にアップグレード

背面カメラが少しスペックダウンしており、他は少しアップグレードしています。
スペックはそれほど大きな違いはないので、価格はちょっとだけ高くなると思います。
DOOGEE S70 LITEは23,790円でした。(ページがあるが販売(発送)はしていないのかもしれません)
個人的予想はコントローラーセットで3万弱かな?

【AliExpress】DOOGEE S70 LITE

DOOGEE S70 現在価格

 

動画

▼PV(ゲーミングパッドはDOOGEE G1と言うみたいです)

DOOGEE G1 Exquisite Gamepad for S70 Gaming Rugged Phone

 

▼プロトタイプ

Doogee S70: rugged-phone (IP68) with MediaTek Helio P23 and 5500 mAh

 

▼オレンジとブラックの違い

Doogee S70 Hands on&First Look/Quick test/Overview/Rugged phone IP68 Android 8

 

INDIEGOGOで出資開始予定

近いうちにINDIEGOGO(クラウドファンディング)にて出資開始が予定されています。
通常価格よりも40%お安く手に入るらしいので、気になる方は、下記リンクよりチェックしてみてください。
メールアドレスを登録すると、新着情報が手に入るようです。

【DOOGEE】DOOGEE S70 INDIEGOGO

 

まとめ

デザインがかっこよい、タフネススマホとしてはなかなか高いコスパのスマートフォンでした。
背面のレザーもいい味を出していてかっこ良いと感じました。
クーラーシステムはどういった冷却技術が入っているか不明ですが、CPUの温度を下げることができれば、それだけスペックがアップしたのと同等の意味があるので、とても興味深いです。

CPUとAntutuスコアより、それほど高いスペックではありません。
このスペックでは、荒野行動、PUBGモバイルを快適に遊ぶのは難しいと思います。
Antutuスコア的には最低限11万点は欲しいところですからね。
なので、このスペックでゲーミングコントローラーというのはちょっと疑問にも思います。
まだ、発売していないので、詳しいことはわかりませんが、2DのRPGを遊ぶ為には便利かもしれません。

長年の経験より、この価格帯のカメラは写真は良くても、動画は今ひとつということが多いので、このDOOGEE S70も同じかと思います。
スマホで動画を超快適に撮影して、満足を得るためには最低でも4万円以上のモデルをおすすめします。
更に防水防塵となると、同等スペックよりも値段が高くなるので、タフネスが必要ないという人は、普通のスマホを買った方が安いです。
タフネススマホは重量も重たくなるので、すべての人にお薦めできるスマートフォンではありません。

DOOGEE S70 LITE自体も悪くないスペックでBand19にも対応しているので、ゲーミングパッドが不要という方は、そちらでも良いかなと思いました。
Badn19対応でタフネススマホは3万超え、下手したら4万円機種も多いので、そこそこのスペックでも良いという人はDoogee S70かS70 LITEはコスパが高いです。

 

【DOOGEE】DOOGEE S70

【DOOGEE】DOOGEE S70 INDIEGOGO

コメント

  1. 匿名 より:

    liteの購入を検討中の者です。
    liteの背面カメラが1300+800万画素という情報のソースがどちらでしょうか?