格安SIMで機種変更する方法【お母さんのスマホデビュー、OnePlus 5に機種変更編】

今までOUKITEL U16 Maxを使っていたお母さんですが、今回OnePlsu 5に機種変更することになりました。

お母さんのスマホデビュー

今までスマートフォンを使ったことがない母親がスマホデビューすることになりました。

その過程をまとめたものです。

※現在進行系で進んでいるので、その都度、記事を追加して行きます。

【お母さんのスマホデビュー】関連記事まとめ・リンク集

 

機種変更

通常docomo,au,softbankのスマートフォンを機種変更するときは、各ショップ(お店)やヤマダ電機、ビッグカメラ、ヨドバシカメラに脚を運んで、好きなスマートフォンを選んで、手続きをしますよね。

ただし、今回の機種変更はすべて自宅で行い、なおかつ一瞬で完了しました。

 

通常スマホ契約だと、機種自体に分割や割引が毎月適用されているため、最低限2年間使わないと損をする仕組みになっています。

しかし、SIMフリー端末+格安SIM(MVNO)であれば、自分の好きなタイミングで好きな機種に自由に切り替えることが出来るので、本当に便利です。

 

また、一般的なスマホ契約だとスマートフォンを持ち込んで契約することが基本的に出来ないか、すごい損をしてしまう内容になっています。

原則、大手携帯会社はスマートフォンの端末+契約を紐付けて、どうにか長期契約をさせ、解約しづらい方法を推し進めているため、このような事になっています。

最近だと4年契約というアホみたいな長い契約プランも出てきて、人生の途中でハプニングが起きたときに対処がしづらくなってきました。

 

家で例えるなら、大手携帯会社は別荘で、格安SIMは賃貸といったところです。

大手携帯会社は一軒家ではありません、別荘です。

出来ることは賃貸と同じだけれど、無駄に家賃(費用)が高いという点で似ていますよね。

一軒家も無理やり例えるなら、Ymobileでしょうかね?

店舗(Shop)もあって、格安SIMよりは安くないけれど、通信の安定性は格安SIMより上。

でも、長期契約がありますから、津波が起こったら全部おじゃんです。

賃貸だったら、津波や地震が来ても、引っ越せば良いだけです。

 

家と同じように、地震や津波が多くて、土地の価値も上がらない今の時代、金銭的に一軒家を買うメリットは無いのと同様に、スマホもわざわざ通常契約をするメリットというのは基本的にありません。

金持ちは一軒家に住んでいるイメージがあるかもしれませんが、そうでもありません。

買うとしても価値が下がりにくいタワーマンションだったり、基本的に賃貸のように契約する場合が多いです。

金持ちだからと言っていつ事業が失敗して貧乏人になるかわかりませんからね。

土地の価値が上がっているときなら売ればいいだけですが、そういう時代でもありません。

 

同様に金持ちほど、大手携帯会社を使っているかというとそれも異なります。

下の図のように、金持ちほど格安SIMを使っているのです。

理由としては単純で、格安SIMは大手携帯会社と同じサービスを安く提供しているからです。

大手携帯会社にしか無い特別なサービスを利用したいのなら、利用スべきですがそのようなサービスは特にありません。

平均の通信速度は大手のほうが速いのかもしれませんが、僕自身は困ったことがありませんし、インターネット上でも困っていないという意見も非常に多いです。

2017-11-3_20-4-15_No-00

 

機種変更方法

まずは機種変更する端末を用意しましょう。

今回、僕が使っていたOnePlus 5(右)をXiaomi Mi Mix 2(左)に機種変更したので、OnePlus 5が余りました。お古ですね。

格安SIM 機種変更方法 (1)

 

そのため、使わずに置いておくのも、もったいないため、母親が使っていた、OUKITEL U16 MaxからOnePlus 5に機種変更することになりました。

そして、更に余ったOUKITEL U16 Maxは従兄弟にあげることになりました。

とりあえず、必要そうな情報はバックアップして、OnePlus 5のデータを削除しましょう。

格安SIM 機種変更方法 (3)

 

本当にバックアップし忘れていないかを確認して削除しましょう。

写真とか連絡先とか、Googleで管理している人であれば、常に自動バックアップされているので楽ちんですが、そうでない人は何かしら作業が必要です。

格安SIM 機種変更方法 (4)

 

一度消すともとに戻せませんから、何回も確認してきます。

格安SIM 機種変更方法 (5)

 

次に、右のOUKITEL U16 Maxから左のOnePlus 5にSIMカードを入れ替えます。

格安SIM 機種変更方法 (6)

 

SIMを入れるときは、電源を切っておきましょう。

格安SIM 機種変更方法 (7)

 

SIMを取り出して入れ替えます。SIMのサイズも異なる場合がありますから、必要であればSIMアダプターを用意しましょう。

格安SIM 機種変更方法 (8)

 

SIMを入れて起動させてセットアップしましょう。

格安SIM 機種変更方法 (9)

 

契約している格安SIM(MVNO)のAPN設定をしましょう。

今回は楽天モバイルのSIMを使いました。

格安SIM 機種変更方法 (10)

 

完了です。

ついでに、先々月8月と先月9月の明細をチェックしてみると、8月が3円、9月が232円でした。

更に、余っていた楽天ポイントを自動的に使ってくれるので、実際支払った金額は、ほぼ0円です。

やっぱり格安SIMは安くていいですね(*´ω`*)

格安SIM 機種変更方法 (11)

 

4Gも問題なくつながっています。

格安SIM 機種変更方法 (12)

 

まとめ

格安SIMは本当にお得です。

大手携帯会社よりも楽で、便利で安いですからね。

「でも、携帯電話のことは、よくわからないよ・・・」

そういった人は、近くのちょっと携帯に詳しかったり、すでに格安SIMを使っている人に1万円あげて、変更手続きをしてもらうと良いと思います。

1万円払ったとしても、変えたほうが全然安いです。

僕なら、知り合いだとしたら、1万円で喜んでMNPから携帯電話選び、SIM入れ替えまで作業しますよ 笑

むしろ、今回は家族なので端末代もあらゆる作業を無料ですからね。

 

そして、格安SIMを使うメリットはお古の端末を使いまわせれるということです。

今回のように定期的に機種変する人がいると、古い端末は余るんです。

僕の場合、いろいろなスマホがありますが、親戚にあげています。

格安SIMならお古の端末を貰えばタダですからね。

お父さんのお古のスマホを、お母さん ▶ 姉 ▶ 弟と1年毎にスマホを交換しても、2年毎に全員が機種変するよりもだいぶお得です。

お古を利用すれば、4年で4台買えばいいだけですが、2年毎に全員が機種変更すると、4年で8台新品を高い金額で買わないといけません。

圧倒的に無駄ですよね。

 

大手携帯会社で契約すると、大体機種代金込みで2年間で20万円かかるんです。

格安SIMだと2年間で約4万円+機種代なんです。

4人家族だと、4年間で20万x8で160万円かかりますが、格安SIMだと4万x8=32万円+ハイスペックスマホ5万円 x 4台=20万円(例OnePlus 5)で合計52万円となります。

つまり、大手携帯会社だと4年で160万円。

格安SIMだと4年で52万円しかかかりません。※4人家族

サービス内容は同じで、これです。108万円も違うんです。

格安SIMにしておけば、4年毎に車が買えます。

 

家族全員が超スマホマニアではない限り、普通の人は電話とメールと検索とユーチューブとちょっとしたゲームができればいいので、4年前の当時ハイスペックスマホであれば、問題ないんです。

今でも、4年前のNexus 5は実際使えますからね。

 

だから、頭の良い金持ちは、更に節約して無駄なお金を払わないで、更に金持ちになっていくんです。

残念なことかもしれませんが、何も考えずに計算しないで、よくわからないから、大手携帯会社を使うというのは非常にもったいないことなんです。

考えて計算した上で、そちらを選択肢ている人も多いですから、100人いれば全員事情が違いますから、全員格安SIMの方がお得というわけではないかもしれません。

ですが、大半の人は確実に格安SIMの方がお得になります。

ちなみに、iPhoneの最新機種が欲しいという場合でも、大手携帯会社よりも、格安SIM + シムフリーiPhoneを買ったほうが安いですし、2年契約縛りもないですし、凄いお得です。

格安SIM + 海外の激安スマホで無駄なお金はカットしましょう(*´ω`*)

【GearBest】OnePlus 5

 

つづき

【お母さんのスマホデビュー】関連記事まとめ・リンク集

コメント