8人の声を高音質で同時録音可能な素晴らしいマイク【eMeet OfficeCore M2 , GEEK News】

eMeet officeCore M2

最強のAIスピーカー「eMeet OfficeCore M2」の新情報です。

eMeet OfficeCore M2発売後の反応

eMeet OfficeCore M2がリリースされてから1ヶ月が経過しました。
Amazonで購入可能なモデルはOfficeCore M2です。
※日本ではまだ発売されていませんが、Amazon.comにて購入可能です。
今後更に、2つのモデルを投入予定です。
(OfficeCore M2ce、OfficeCore M2 Record)

eMeet officeCore M2 (1)

 

OfficeCore M2のレビューには「スマートなデザインとLED AIマイクの機能が大好き」「音楽を楽しむのにも便利」「多人数の会議通話ができるアプリが無い」というものがありました。

【eMeet OfficeCore M2】公式ページ

【目次】eMeet OfficeCore M1 , スピーカーフォン

 

特徴

  • VoiceIA™ 人工知能搭載
  • 高感度MEMSデジタルマイクロフォンにより使用可能距離と最大利用人数(5~8人)の増加
  • 4つのマイク、AIポジショニングシステムにより、あらゆる角度からの音も集音可能。
  • 様々なプラットフォームに対応:Skype, Avaya, Gizmo Project, Wechat, Google Gtalk ,Gotomeeting
  • ほとんどのAIアシスタントにも対応(Siri, Cortana or Google Now)
  • Bluetooth Chip: Qualcomm CSR 8670
  • Digital Signal Processing Chip: XMOS
  • MEMS Microphone: ST
  • 連続使用時間は最大12時間

eMeet officeCore M2 (2)

 

まとめ

個人で利用するには最適とまでは言えませんが、ビジネスで利用するには最適でしょう。
一つの小さなマイクで複数の人を記録できるので、最小の機材で録音環境を作ることが可能です。
議事録づくりにも活躍してくれるでしょう。

リアルタイムで議事録を取るのは、なかなか難しいものがありますが、スマホのマイクでは、遠くの声は録音しきれなかったりします。
テーブルの中央にこのOfficeCore M2を置いておけば、電源を入れてすぐに録音する環境が出来上がります。
バッテリー内蔵ですから、使い勝手も簡単です。

日本ではまだ発売されていませんが、一つ前の機種がお安く販売されているので、気になった方はチェックしてみてもいいかもしれません。

【eMeet OfficeCore M2】公式ページ

【目次】eMeet OfficeCore M1 , スピーカーフォン

コメント