【スマートフォン・OnePlus 5】専用ケースをグルーガンで作ってみた。(作り方)

今回は、発売して間もないOnePlus 5のケースをグルーガンで自作してみました。

案外面白くて、簡単に作ることが出来るので、試してみてください(。・ω・。)

OnePlus 5

CPUはXiaomi Mi6やGalaxy S8と同じSnapdragon 835が搭載しています。

一言で言うと、世界一性能の高いCPU(スマホ)を搭載しているということです。

そして、OnePlus5での注目ポイントは何と言ってもカメラです!

前作のOnePlus 3Tではプロのカメラマンも認めるほどのカメラ性能が高く、最新機のOnePlus 5も同様に期待されています。

【GearBest】OnePlus 5 64GB

【GearBest】OnePlus 5 128GB

2017-6-27_20-12-27

 

作る理由

OnePlus 5の様な海外スマホを買っても、日本ではあまりケースを買うことが出来ません。

さらに、発売直後のスマホはケースの種類も少ないため、発売後少ししてから買いたいのが本音です。

 

Amazonでもいくつか売られているのですが、安くなく種類も少ないので、ボクはAliExpressにて注文しました。

例えば、Amazonで販売されているこの2017年7月11日現在1,280円で販売されているケースはAliExpressで購入すると、231円です。

【AliExpress】Oneplus 5 Full Cover Protective Carbon TPU Case

本体はGearBest、ケースはAliExpressで買うとそれぞれ最安値で買えるのでおすすめです(*`・ω・´)

 

グルーガン

グルーガンは、ホットボンドとも呼ばれている接着剤?的なものです。

プラスチックの様な素材の棒を溶かして、30秒位待つだけで固まるすぐれものです。

(エチレン酢酸ビニル共重合体(50 ~ 60%)、炭化水素系樹脂(40 ~ 50%))

誤って、触れてしまっても、大やけどをするほど熱くもないので、安全でもあります。(やけどはします)

※本当はホットボンドが溶かす素材で、その器具をグルーガンと言います。

 

Amazonでは、グルーガン本体とホットボンドが大量に付いて来るセットがたくさん売られているので、それを買ってもいいですし、100円ショップで売られていることもあるみたいなので、近場にある人は覗いてみても良いかもしれません。

【Amazon】グルーガン

【Amazon】ホットスティック(ホットボンド)

 

作り方

まず用意する材料1はサランラップです。

代わりに、大きめのビニールでもOKです。

IMG_20170710_081615

 

そして、材料2はグルーガンです。

IMG_20170710_081550

 

材料3はグルースティック(ホットボンド)です。

大体、ケース1つ作るのに必要な量は、2本前後だと思います。

IMG_20170710_081604

 

まずは、スマートフォン全体をサランラップで包みます。

シーケンス 01.Still001

 

背面は特に綺麗に包みましょう。

シーケンス 01.Still002

 

サランラップが小さくて、結構ギリギリだったので、できれば大きめのタイプを使ったほうが良いかと思います。

シーケンス 01.Still003

 

そして、ホットボンドを載せていくだけの簡単な作業が始まります。

シーケンス 01.Still004

 

角や端は重要なので、しっかりと多めにホットボンドを載せていきましょう。

背面は好きなようにお絵かきしましょう(*`・з・´)

シーケンス 01.Still005

 

出来ました!適当ですが、なかなか良さげです(*´・д・)ノ

シーケンス 01.Still006

 

次は表です。見づらいですが、一応乗っています(* _ω_)

シーケンス 01.Still007

 

最後に側面に乗せて、繋げましょう(*`^´)=3

シーケンス 01.Still008

 

少し時間を置いて乾かしたら、早速剥がしましょう(*´>д<)

ビニールはしっかりとホットボンドとくっついていて取れないので、ちぎりましょう!(*´A`*)

シーケンス 01.Still009

 

そして、はめましょう!(*´ー`*)ーЭ

シーケンス 01.Still010

 

そして、完成です(*^▽^*)

IMG_20170710_101258

 

すごい適当ですがなかなか良さげです(*・ε・*)

IMG_20170710_081349

 

端子部分もしっかりと開いています(*・ノ3・)

IMG_20170710_081335

 

案外簡単に模様をかけるのが面白いです(*’ω`*)ゞ

IMG_20170710_081327IMG_20170710_081311IMG_20170710_081252

 

最終的に全面はこうなりました。

カドッコをしっかりと補強させてあげると、普通のTPUケース並みにしっかりとはまって使えます(*゚∀゚*)!

IMG_20170710_081232

 

外した状態のフォト

IMG_20170710_081148IMG_20170710_081142IMG_20170710_081126IMG_20170710_081121IMG_20170710_081115IMG_20170710_081108

 

作り方動画

【衝撃】驚くべき方法で作られた、手作りスマホケース

 

まとめ

とても簡単にケースを作ることが出来ましたヽ(^ω^)ノ

品質は既製品には及びませんが、自分でケースを作れるというのは、なんだかとっても面白いです(*・ω・*∩

これを使って、仕事や学校に持っていくのはとても勇気が必要ですが、家用なら悪くないかもしれませんね(*゚∀゚)=3

ということは、タブレットなら常用できちゃうかも?(*>艸<)

 

スマートフォンの本体が先に来て、ケースが届かないときは、簡単に作れるので試してみてください(*>∀<)ノ))★

【Amazon】グルーガン

【Amazon】ホットスティック(ホットボンド)

【GearBest】OnePlus 5 64GB

【GearBest】OnePlus 5 128GB

 

関連記事

【スマートフォン・OnePlus 5】関連記事まとめ

コメント