【中華スマホ・OUKITEL K10000 Pro】カメラ機能 徹底検証編

10000mAhの大容量バッテリー搭載のこのスマホのカメラスペックを徹底検証してみました。

OUKITEL K10000 Pro

バッテリー容量が10000mAhのスマートフォンというだけで、「あのスマホか」と思ってしまったあなたは、すでに中華スマホ通です。

そして、今回のスマホはそのスマホのPROバージョンです。

1年半の月日を経て、大幅にグレードアップしたようです!

2017-6-28_0-22-56

【GearBest】OUKITEL K10000 Pro

 

写真

クリックで拡大してみることが出来ます。

明るい昼間

IMG_20170628_142235

▲ファイル情報
ファイル容量:3.51MB
ファイルサイズ:4160×3120
F値:1.8
露出時間:1/1302秒
ISO:39
焦点距離:4mm

 

IMG_20170628_142245IMG_20170628_142257IMG_20170628_142301IMG_20170628_142307IMG_20170628_142319IMG_20170628_142324

 

ピクチャーインピクチャー機能

IMG_20170628_142352IMG_20170628_142633IMG_20170628_142639IMG_20170628_142648IMG_20170628_142653IMG_20170628_142700IMG_20170628_142706

 

▼ズーム無し

IMG_20170628_142717

 

▼2倍デジタルズーム

IMG_20170628_142727

 

▼3.48倍デジタルズーム

IMG_20170628_142735

 

IMG_20170628_142806IMG_20170628_142836IMG_20170628_142846IMG_20170628_142853IMG_20170628_142905

 

薄暗い早朝

IMG_20170707_035011IMG_20170707_035016IMG_20170707_035030IMG_20170707_035041

 

▼ズームなし

IMG_20170707_035056

 

▼4倍デジタルズーム

IMG_20170707_035108

 

動画

▼晴れた日の屋外で撮影
ファイル情報
ファイル容量:151MB
ファイル拡張子:3gp
ファイルサイズ:1280×720
ビットレート:9168kbps
フレームレート:30fps
オーディオビットレート:128kbps

【OUKITEL K10000 Pro】カメラ検証編 ベルちゃんの散歩

 

▼室内と屋外でドライアイスを撮影

【OUKITEL K10000 Pro】カメラ検証編 ドライアイスを水に入れた様子

 

▼晴れた日の屋外でピクチャーインピクチャーモードで撮影

【OUKITEL K10000 Pro】カメラ検証編 ドライアイスを水に入れた様子

 

▼まだ薄暗い早朝4時に撮影
ファイル情報
ファイル容量:98MB
ファイル拡張子:3gp
ファイルサイズ:1920×1080
ビットレート:9554kbps
フレームレート:16fps
オーディオビットレート:127kbps

【OUKITEL K10000 Pro】カメラ検証編 薄暗い早朝

 

▼カメラアプリ機能一覧

ZSDというのはZero Shutter Delayで、シャッターボタンを押した瞬間にすぐ撮影出来る機能とのことです。

【中華スマホ・OUKITEL K10000 Pro】 カメラ機能説明

 

▼商品紹介してみた

今回アイリスオーヤマの加熱式加湿器を購入しました。

そこで、このOUKITEL K10000 PROを使って、写真+動画を撮影して記事にしてみました。

【加熱式 加湿器】喉の健康を考えると加湿器は加熱式一択です。

アイリスオーヤマ 加熱式 加湿器

 

まとめ

2万円のスマホとしては十分に活用出来るいいカメラスペックではないでしょうか。

映像も綺麗ですし、音も問題なく撮れています。

特に晴れた日の撮影はかなり高精細でキレイな写真が撮れました。

 

ただ、いつも撮影に使っているXiaomi Mi5sと比べると劣りますね。

これは、Xiaomi mi5sのカメラスペックが高いだけなので、特別OUKITEL K10000 PROのカメラスペックが低いというわけではないかと思います。

 

光量が足りないと、フレームレートが下がってしまうようです。

早朝に撮影した動画は16fpsだったので、再度テストしてみた所、動画解像度をHDに設定して撮影を行っても、暗いと16fpsに落ちてしまうことが確認出来ました。

商品紹介を撮影するときも、ピント調整する場所によって、絵全体が暗くなってしまったり、白飛びしてしまうということもあったので、暗いところの撮影は苦手な様です。

 

超高画質なカメラ撮影として使うのはおすすめできないですが、スマホとしては特別問題なく使えるカメラスペックがあるかと思いました。

【GearBest】OUKITEL K10000 Pro

 

関連リンク

【中華スマホ・OUKITEL K10000 Pro】関連リンクまとめ

コメント