【GEEK News】ヤマトがAmazonの当日配送から撤退を決めたらしいぞ。

時間外労働をしちゃう労働者の心理がわからない。

◆JIJI.comより一部抜粋

宅配便最大手のヤマト運輸は7日、大口顧客であるインターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)から請け負っている「当日配達サービス」を段階的に撤退する検討に入った。

以下、全文を読む

まとめると

  1. 2017年4月7日
  2. ヤマト運輸がAmazonの当日配送(当日お急ぎ便)から徐々に撤退
  3. 当日お急ぎ便は514円でその日に配送されるサービス
  4. 夕方から夜間に集中し、ドライバーの負担となっていた
  5. 大口顧客であるAmazonには割引運賃で対応していた

 ついに折れたかという感じですね。

今まで、なんとか労働者を無理やり働かせてきたけれど、ようやく無理だと悟ったということでしょうね。

よくこの問題で「誰が悪いか」を討論されていますが、特別悪い人がいるとは思えません。

ヤマト運輸が時間外労働をお願いして、それに従ってしまう労働者がいるというのが一番の問題なのです。

 

嫌なら働かなければいいのに、働いてしまう日本人の体質はなんなんでしょうか。

日本でストライキって起こらないのはなんででしょうかね?

時間になったら帰ればいいのに、もしくは上司に言うとか、話し合いはしているんでしょうかね?

会話をせずに裏で馬鹿にするというのは一番愚かな行為だと思います。

 

僕も昔、ヤマト運輸で少しだけアルバイトをしたことがあります。

そのときは、何故か執拗に正社員にならないかと勧められました。

その時は、辞めたくなったらやめればいいしなってみようかな、なんて考えたりもしましたが、何時に出社して何時に帰るか、そして年間どれくらいの休日を貰っているかを、インターネットではなく、働いている人(正社員)に聞いてリサーチしました。

すると、想像以上の長時間労働、そして肉体労働ということが判明したので正社員になるのは止めました。

目の前に聞ける対象がいるのに聞かないというのは、日本人の気持ちの悪い体質だと思います。

そういう空間にいると吐き気をもよおして気持ちが悪くなるので、僕は働けません。

コメント