【耕運機】畑仕事を始めるなら、Amazonで安い耕運機を買おう!!

畑仕事をする季節になりましたね!

東京では畑3畳借りるのに約9000円もするみたいですよw

高すぎるw

東京の畑

僕は北海道に住んでいるので、比較的土地は安いです。

例えば、シェア畑というところの二子玉川体験農園にてはたけを借りるとこのくらいの金額らしいです。

2017-4-7_4-10-35

 

恐ろしく高いですね。

6㎡って3.3畳ですよ!畳3畳分で8888円ですよ!

 

そして、本日僕が耕した畑はこちらで、12㎡です。これで17,776円です。こんな面積だけじゃ、野菜なんてちょびっとしか取れませんよ。

 

スペック

商品:電動耕うん機 菜援くん
ブランド:高儀
ASIN:B00ICFK03C
型番:GCV-110

製造国:中国
エンジン始動:不要
静音
パワー:800W
電圧:AC100V
周波数:50/60Hz
電流:8.2A
耕うん幅:約280mm
耕うん刃サイズ:外径200mm/4枚刃

 

開封

耕運機とは言え、コンパクトタイプなのでちょっと大きめな箱が届きました。

IMG_20170325_070934

 

耕うん機なんですかね?耕運機だと思っていました。

30分の電気代が10円という低コストなところも非常に良いポイント、ガソリンは高いぞ。

IMG_20170325_070940

 

高儀っていうメーカーだけれど、有名なのかな?

IMG_20170325_070949

 

箱を開けるとこんな感じ。

IMG_20170325_071036

 

付属品は、耕運機本体、延長コード、取っ手、マニュアル、取付具等。

IMG_20170325_071130

 

詳しくチェックしたい人用のマニュアル

IMG_20170325_071158IMG_20170325_071212IMG_20170325_071226IMG_20170325_071238IMG_20170325_071249IMG_20170325_071258IMG_20170325_071308IMG_20170325_071317IMG_20170325_071351IMG_20170325_071400IMG_20170325_071409

 

取っ手は結構しっかりとしていますね。

IMG_20170325_071515

 

工具もネジいらずの工夫がされているのは非常に好印象。

IMG_20170325_071600

 

長ーい延長ケーブルは10mのものです。ただし、我が家では距離が足りないので、リール式の延長コードを使っています。

IMG_20170325_071628

 

▼昔から家にあったやつなので、もう売ってはいないけれど、こんなやつ。

 

運転時に持つ所がコチラです。しっかりとしています。

IMG_20170325_071705

 

こちらが耕運機本体です。見た目だけではなんとも言えませんが、すごいかき回してくれそうです。

IMG_20170325_071738

 

刃は4枚です。

IMG_20170325_071752

 

このくらいの長さ。

IMG_20170325_071804

 

横から見た様子。

IMG_20170325_071820

 

動画

東北きりたんが耕運機を買うよ!の巻

 

ポイント

良い点
・軽量
・ハイパワー
・安い

 

気になる点
・ケーブル接続
・連続運転時間

 

まとめ

安いがゆえに色々と気になるところはありますが、買って正解だと思いました。

今までありえないくらいかかっていた開墾作業が驚くほど簡単かつ高速に行えるようになりました。

冗談抜きで3~6倍くらいは速いです!

 

本当はコードレスタイプの物が欲しかったんですが、上を見るとキリがありません。

本当の農業をやる人から見ると、畑の面積は小さいので、毎日チョコチョコと耕すのでこれで十分でした。

バッテリータイプはどうしてもパワーが弱いので、耕うん機を買うなら、有線の電気式かいっその事ガソリン式を買うのが良いかと思います。

ただし、ガソリンの場合はランニングコストや騒音問題、メンテナンスなども考えると広い面積の畑を耕さないと元が取れないかもしれません。

 

コンセントが近くにないという場合は、リール式の長い延長コードを買うか、近くに車を持ってきて、そこから電力をとるなどすると良いかもしれません。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント