【GEEK News】アイアンマンの様に空を飛べるスーツがついに完成した!?

映画アイアンマンの様に両手両足にブースターを取り付けて、空を飛ぶ装置がついに実現したようです。

◆Engadgetより一部抜粋

英国人実業家リチャード・ブラウニングが、自作アイアンマンスーツを開発しています。

以下、全文を読む

まとめると

  1. 2015年から構想開始(2年前)
  2. 仕事の後に毎日深夜まで作業をして製造
  3. 家族にもやめろと言われる
  4. レッドブル関連の投資家により、550万円を投資を受ける
  5. マイクロガスタービンは4基搭載
  6. マイクロガスタービンは1基あたり22kg
  7. 商品名「Daedalus(ダイダロス)」
  8. まだ未完成

この装置をうまく使いこなすために、彼は尋常じゃない筋トレをしているようです。

逆立ちで腕立て伏せをしている映像が載っていました。

それくらいの筋力がないと、性格なエンジンの制御が出来ないのかもしれないですね。

 

軍隊に採用してもらうのが1つの目標としているようなので、使用者の筋肉的問題は解決できそうですね。

色々と問題点は山積みかもしれませんが、それでもここまで実現可能となっているのはすごいことですね。

早く一般人でも乗れるくらいに技術が進歩することを願います。

 

▼製造過程

British entrepreneur invents, builds and files patent for Iron Man-like flight suit

 

▼PV

コメント