Aftershokz OpenMove 開封レビュー

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今回は約1万円で購入できる、割と安めの骨伝導ヘッドフォンを手に入れたので使ってみました。

提供:Aftershokz

Aftershokz OpenMove

【公式サイト】Aftershokz OpenMove

 

スペック

商品 AfterShokz OpenMove
ブランド AfterShokz
ASIN B08CKBVNK2
型番 AS660
最大使用時間 最大連続6時間
待機時間 240時間
防水 IP55
サイズ 12.15 x 10 x 4.55 cm
重量 29g
充電 USB C
形状 オープンイヤー
仕組み 骨伝導
Bleutooth 5.0
同時ペアリング 2台
マイク ノイズキャンセリング
サポート 2年保証
30日返品保証
日本語サポート

 

特徴

定価は9999円でした。

 

Bluetooth5.0なので接続性も省電力性も高いです。

 

耳をふさがないので、環境音がそのまま聞こえます。

 

耳をふさがないので、耳の中がジメジメしません。

 

音質もとても良く、音楽も楽しめます。

 

重量も軽く、装着感も良いです。

 

連続使用時間も長いです。
充電はUSB Cなので、スマホ用充電器と併用できます。

 

多少の雨や汗くらいはへっちゃらです。

 

マイクも内蔵されております。

 

3つの音質プリセットも搭載です。

 

2つの機器に同時接続可能です。

 

充電部分にはパッキンの蓋がついています。

 

付属品はこちら。

 

 

開封

それでは、開封していきましょう。

 

おしゃれなパッケージです。

 

日本語のサポートもバッチリだそうです。

 

付属品はこちらです。

  

 

USB Cケーブル

 

巾着タイプのポーチ

 

 

環境音が聞こえますが、逆に聞きたくない場合は、耳栓をすることでイヤホンの音がより大きく聞こえるようになります。

 

マニュアル

 

サイズはこんな感じです。
とても軽いです。

 

側面はこんな感じ。

 

チタンフレームは結構柔軟性が高いです。

 

耳に当たる部分はサラサラとしていて、触り心地がとても良いです。

 

技適にもしっかりと対応しています。

 

ネット上の声

  • 前モデルのTitaniumをつけたままシャワーを何度も浴びていますが、壊れず3年間使えているので、こちらの製品も動揺に軽いシャワー程度なら大丈夫だと思います。(自己責任)
  • 充電ポートは、汎用性の高いUSB Cポートで、専用ケーブルを必要としません。左側に多機能ボタン、右側に音量ボタンがついていました。
  • 骨伝導は本当におすすめです。スポーツや日常生活の妨げになりませんし、疲れないし、安全です。音楽が生活の一部になる気がします。イヤホンやヘッドフォンにはない体験が楽しめます。何より軽量で装着感が自然で開放感があって、とても好きです。
  • AirPods Proを使用していたが、ポロポロ落ちるし、1時間位で耳が痛くなる。骨伝導を検討してみて買ってみたところ、普通のイヤホンと同じくらいの音質でしたが、重低音は出ませんでした。1日装着していても疲れないくらいフィット感はよく、筋トレなどしても外れません。バイクのフルフェイスヘルメットはかぶれませんでした。
  • 初めての骨伝導ですが、カナル型よりは軽い音質ですが、意外と悪くはありませんでした。つけ心地も悪くなく、ランニングもできました。後ろの部分が浮いた状態になるため、背もたれにもたれかかったり、寝っ転がって使うのは厳しいです。
  • 今までカナル型イヤホンを使っていましたが、夏場の耳内の湿気がひどく、耳垢を貯める原因にもなっていたので、骨伝導を購入しました。音は少し漏れますが、電車内では外の音がうるさくておとんど使えませんでした。

 

動画

 

まとめ

耳を塞がない画期的な新しいタイプのイヤホン(ヘッドフォン)です。
耳の穴が開放された状態になるので、環境音がそのまま聞こえます。
最近のイヤホンはパススルー機能という名前で、環境音が聞こえる機能が搭載しているイヤホンが増えてきたので、それに近い機能がついていると言ってもいいでしょう。
しかし、パスするーは一度イヤホンのマイクから外の音を収集して、その音をイヤホン内で再生するという仕組みなので、どうしても不自然な音になりがちです。
Aftershokz OpenMoveの場合は、耳自体の音を塞がないので、耳の近くにスピーカーを置いて、音楽も環境音もどっちも聞こえるという状態を作れるのです。

また、耳をふさがないので、開放的な点と、耳の中がジメジメしないという点も良い点になるでしょう。

デメリットとしては、外が騒がしいと音がかき消されて聞こえなくなってしまうというところです。
そういうときは、耳栓をしてあげることで、音楽だけを聴くことができます。
(先程の開放的なメリットは失われてしまいますが、汎用性もあると言えます)

今までのイヤホンでは、つけ心地や長時間使用時の圧迫感に悩まれてきた方はチェックしてみてください⸜( •ᴗ• )⸝

【公式サイト】Aftershokz OpenMove