Appleさん、新型iPhone12にはイヤホンも充電器を付けず、値上げもするかもしれない。

2020年に発売すると言われている、新型のiPhone12にはなんと充電器とイヤホンが付属しないだけでなく、値上げもされるかもしれないという噂が飛び交っております。

イヤホンと充電器は別売り

まず、こちらのツイートを御覧ください。
これはリークされたiPhone12のトレイの画像らしいですが、なんと充電器もイヤホンも入るスペースがありません。
今までのiPhoneは下のトレイ部分に、イヤホンと充電器が収まっておりましたが、そのスペースがかなり浅くなっています。

 

iPhone12の価格

新型iPhone12は一番安いモデルが約8万円になると言われております。
現在販売中のiPhone11の価格が74,800円ですから、約5000円の値上げになる可能性があります。

 

これに関して、中国メディア雷科技はこの様に言っています。

アップルがアクセサリをカットするという行為は、汚染を減らし、地球を保護し、人類に利益をもたらすという環境保護の概念から100%逸脱しています。

コストを節約せず、利益を増やし、年間10億ドル以上を稼ぐこと、そして、ユーザーに新しい高速課金をさせ資本家の平均利益を生み出す手段を作る。

引用:雷科技

もう、やりたい放題です。

 

学生限定のセール

更にAppleさんは、中国で学生限定のキャンペーンを始めました。
MacかiPadを購入した学生にAirPods2をプレゼントするそうです。

引用:雷科技

Appleさんって、学生ばかり優遇しますよね?
学生以外には、割引もしないし、こういったプレゼントもしないですが、学生には毎年の様に何かしらのキャンペーンを打っています。
おそらくですが、何もわからないときにApple漬けにしておくことで、大人になってから搾取し続けようという作戦何だと思います。
一番最初に使ったスマホとかパソコンって凄い重要だと思うんですよ。
この動画を見ている僕たちの様にガジェットやITに強い人であれば、OSの乗り換えも簡単ですが、一般人にとってはそれはなかなか難しいです。

そして、Appleというとやっぱりデザインです。
使い勝手というよりも、デザインを押し出しているため、何もわからない子どもたちは何も考えず選んでしまうということになっちゃうんですよね。
僕に子供がいたら、絶対にAppleは選ばせません。
おとなになってどういう人生を歩むかわからないのに、Apple製品を選んでしまうと選択肢が絞られてしまいますからね。
Windowsの方が汎用性が高く安い。そしてAndroidは格段に安い。
貧乏なのにAppleに縛れているとより一層貧乏を加速してしまいます。

 

まとめ

Appleさん、もしこれが本当だとすると、ひどすぎませんかね?
昔と比べると、iPhoneってどんどんと値上げを続け、多くの人から高い高いと言われていますよね?
でも、Apple製品でパソコンなど周辺機器を固めている人は、そう簡単にiPhoneを辞めることはできません。

それに漬け込んで、充電器とイヤホンを外して、更に値上げをするというのは、ちょっと普通に人間には考えられないほどあくどいなぁ~と感じてしまいました。

一応、これをする理由としては、iPhone12シリーズは全部5G対応となり、有機ELディスプレイが搭載するため、値段が上がってしまったということが言えるらしいです。
でも、Androidに関しても、Snapdragon 865になってかなり値段が上がったので、5Gを搭載させるというのは、想像以上にコストがかかるのかもしれませんね。

ということで、iPhone12が登場したときに買うべき端末は、iPhoneXとなるかもしれませんね。

正直なところ、みんなiPhoneXくらいのスペックで十分満足していたと思うんですよ。
iPhoneXのときに「スペックが低くて、ゲームが動かない!」「カメラ性能が悪くて写真なんて撮れたもんじゃない!」なんて言っている人は見たことありません。
大体の人はiPhoneXで十分ですし、指紋認証が欲しい人はiPhoneSEを買えばいいんですよ。
Androidに関しても同様で、最新機種を買う必要なんて無いし、ミドルスペックのスマホで十分です。

ということで、今後は最新のスマホを買うという人はどんどん少なくんって、ある程度古いモデルを買う人が増えるんじゃないかと思います。
皆さんは、過去のモデルも含めて、自分に最適なスマホを選んでみてくださいね。

ただし、中古に関してはバッテリーが死んでいる可能性があるので、要注意です。

 

参考文献及び引用文献