2万円でおすすめのワイヤレスマイクの開封レビュー【Comica BoomX-D UC1】

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。

スマートフォンのカメラで撮影をするときに困るのがマイクの音質です。
スマホの近くで話せば丁度いいですが、離れると声が小さくなります。
外で撮影すると、風の音が入ってしまい、人間の声はかき消されてしまいます。
そんなときに便利なワイヤレスマイクをご紹介します。

提供:WIMAXIT

Comica BoomX-D UC1

【Amazon】Comica BoomX-D UC1

スペック

商品 Comica BoomX-D UC1
ブランド COMICA
ASIN B0874JFJCD
型番 UC1
TX送信機
無線周波数 2400 ~ 2483.5MHz
送信パワー +10dBm/-86dBm
アンテナ PCB
周波数応答 80Hz ~ 20kHz
サウンド遅延 <20ms
音声入力インターフェース 3.5mm TRS
ポート Type-C充電ポート
バッテリー 内蔵リチウムイオン電池300mAh 3.7V
連続使用時間 5h
動作可能温度 0℃〜+ 50℃
UC RX受信機
無線周波数 2400 ~ 2483.5MHz
送信パワー +10dBm/-86dBm
アンテナ PCB
オーディオ出力振幅 +0dB ~ +12dB
サウンド遅延 <20ms
音声入力インターフェース 3.5 mmインターフェース
インターフェース USB-C
バッテリー寿命 5h
働く温度 0℃〜+ 50℃
UC1パッケージ内容 1 x受信機(UC RX)
1 x送信機(TX)
1 x 3.5mmマイクオーディオ入力ケーブル
1×ウインドマフ
1 x USB A-USB C充電ケーブル
1 xリセットピン
1 xユーザーマニュアル

 

特徴

Comica BoomX-Dには全部で4つのパッケージがあります。
使用するカメラやスマホ、使用人数によって適切なパッケージを選んで下さい。

 

Comica BoomX-Dシリーズは、コンパクトかつ送信機本体にマイクが内蔵したワイヤレスマイクセットです。

 

今回レビューするComica BoomX-D UC1はスマホに特化した、モデルとなります。

 

レシーバーにヘッドフォンを接続すれば、送信機側のマイクの音をリアルタイムで聞きながら、撮影ができます。
カメラマンが音声の品質を確認しながら、撮影ができますから、撮影ミスが少なくなるでしょう。

 

3極タイプピンマイクも付属されており、よくある芸能人が使っているような使い方もできます。

 

レシーバーはUSB C端子を挿すだけで使えるタイプなので、別途固定用のアタッチメントを用意する必要がありません。
持ち物も減り、手軽に撮影出来る点が良いポイントです。

 

マニュアル

 

動画

【YouTube】Comica BoomX-D で検索

 

ポイント

良い点

  • 送信機本体にマイクが内蔵
  • ピンマイクも使える
  • 画面付き
  • 挿すだけですぐ使える
  • レシーバーはバスパワー
  • 感度が良い

気になる点

  • 付属のセットでの音質は素晴らしく良いわけではない
  • 感度の微調整などはできない

 

まとめ

初心者が使うのにとても便利なワイヤレスマイクでした。
約2万円と激安とは言えませんが、カメラ機材というのは値段が高い製品が多いため、この製品が特別高いというわけではありません。

私自身カメラ機材に特別詳しいわけではありませんが、カメラと接続して、送信機の電源を入れたらすぐに使えました。
使い勝手で困ることはありませんが、スマートフォンのカメラアプリによっては、外部マイクを認識しない場合も多くあります。
もし外部マイクが認識しない場合は、「OpenCamera」というカメラアプリを使って下さい。
「設定→ビデオの設定→オーディオソース→外部マイク(接続されている場合)」の順に設定することで、自動的に今回のマイクを認識してくれます。

ワイヤレスマイクの良い点は、常に音量が一定だという点です。
動画を編集するときに、音が大きくなったり小さくなったりすると、編集が大変です。
一定であれば、音量調整がとても楽になり、編集時間の短縮に繋がります。

更に、外部マイクだと風防(風を防ぐふわふわの毛)を取り付けできるようになります。
最近のスマホはマイクが2~3つ付いており、マイクに風防をかぶせることができません。
そのため、風が強いところで撮影すると、風切り音が発生し、人間の話す声が全く聞こえなくなってしまいます。
外部マイクであれば、風防を付けることで、大きく改善しますから、外で撮影するときは外部マイクは必須と言えます。

ただ、このワイヤレスマイクの気になる点は、音量ゲージや音の感度など設定ができないという点です。
すべて自動でいい感じに撮影してくれるのは、初心者にとって嬉しい機能ですが、プロが使うにはちょっと物足りないかと思います。
また、マイク感度が結構高いため、声をしっかり拾ってくれるのですが、マイクとの距離が近すぎると、若干音割れしてしまいます。

開封後は何度か利用して、適切な取り付け位置を探って使うのが良いかと思います。
総評すると、ワイヤレスマイク初心者にとっては選んでみても良いかと思います。

【Amazon】Comica BoomX-D UC1