【UMIDIGI Power】バッテリー最強を求めた格安スマホ

UMIDIGI-Power

UMIDIGI Powerのスペックと特徴をまとめました。

UMIDIGIラッシュ

最近のUMIDIGIは新端末が怒涛の勢いで発売しています。
UMIDIGI S3 Proが発売されると思ったら、UMIDIGI F1 Playが発表されて、お次はUMIDIGI Powerです。

今回は、発表されたばかりのUMIDIGI Powerのスペックをチェックしてみましょう。

 

UMIDIGI Power

【AliExpress】UMIDIGI Power

【UMIDIGI】UMIDIGI Power

UMIDIGI Power (1)

 

スペック

基本情報
製品名 UMIDIGI Power
発売日 2019年4月22日
OS Android 9.0
Antutu 約90,000点
デザイン
本体サイズ 157 x 74.5 x 8.8 mm
┣ 重量 190g
┣ 材質  
┗ カラー ブラック
ゴールド
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340x1080px
┗ 比率 19.5 : 9
ハードウェア
CPU MTK, Helio P35, 8xCortex-A53
┣ 周波数 2.3GHz + 1.8GHz
┗ コア数 8コア
GPU IMG PowerVR GE8320, up to 680MHz
RAM 4GB
ROM 64GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット あり
3.5mm Jack あり
カメラ
アウトカメラ 1600+600万画素
インカメラ 1600万画素
通信
対応バンド 2G: GSM 2 /3 /5 /8
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
4G: TDD-LTE 38 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /26 /28A /28B
┗ SIMタイプ NanoSIM
NanoSIM or microSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
GPS GPS
GLONASS
BEIDOU
バッテリー
バッテリー容量 5150mAh
急速充電 18W
その他
付属品 1x Phone
1x Screen Protector (pre-applied)
1x Phone Case
1x Type-C Cable
1x Power Adapter
1x SIM Tray Ejector
1x Quick Start Guide
その他特徴  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度  
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
   
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

UMIDIGI Powerは大容量バッテリーを搭載しながら、薄型形状のスマートフォンです。

UMIDIGI Power (2)

 

スペックはなかなか控えめで、その分お値段もお安くする端末となっているようです。

UMIDIGI Power (3)

 

5150mAhの大容量バッテリー搭載で、普通のスマホの1.5倍ほど大きいです。

UMIDIGI Power (4)

 

NFCもついています。

UMIDIGI Power (5)

 

カメラはまずまずですね。

UMIDIGI Power (6)

 

インカメラもまずまずです。

UMIDIGI Power (7)

 

 

ディスプレイはのっち付きです。

UMIDIGI Power (8)

 

CPUはHelio P35という新しいタイプのCPUです。
Antutuスコアは約9万点と決して高い点数ではありません。
Web系アプリや2Dゲームなら問題ありませんが、3Dゲームは苦手です。

UMIDIGI Power (9)

 

OSは最新のAndroid 9.0です。

UMIDIGI Power (10)

 

対応バンドはお得意のグローバルバンドです。
docomoとSoftbankのプラチナバンドに対応しています。

UMIDIGI Power (11)

 

動画

▼PV

Introducing UMIDIGI Power and Giveaway!

 

▼僕の動画

YouTube

 

ネット上の声

  1. 外回りの仕事をしている状況だと、大容量バッテリー+大画面のスマホは需要があると思う。
  2. これだけたくさんのラインナップを揃えてくれるとユーザーの選択肢が増えてきて、ありがたいです。
  3. HelioP35は少し残念かな。UMIDIGIのいいところは、電池と性能がまぁまぁ良くて安い端末でもUSB C対応というところですね。
  4. F1 Playは高すぎるし、Oneは画面がHD画質なので物足りないと思っていたので、ちょうどいいですね。

 

まとめ

UMIDIGI F1で良くないですかね?
UMIDIGI F1もバッテリー容量5150mAhありますし、お値段も安くてスペックはUMIDIGI Powerよりもハイスペックです。

UMIDIGI Powerの方が優れている点は、お値段が少しだけ安いという点だけでそれ以外はUMIDIGI F1よりも劣っています。
まだ、発売前なので、お値段は確定ではありませんから、実際のお値段次第で化ける可能性はあります。
具体的にUMIDIGI Powerのお値段が15,000円程度なら、かなり良い端末と言えますが、現時点の19,000円だと「う~ん、UMIDIGI F1の方がいいかな?」と思ってしまいます。

続報に期待しましょう。

【AliExpress】UMIDIGI Power

【UMIDIGI】UMIDIGI Power

コメント