【UMIDIGI スマートウォッチ UWatch】バッテリー持続時間検証

提供:UMIDIGI

目次

【目次】UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

 

バッテリー持続時間検証

 

経過時間 時刻 バッテリー残量
0日 2018年12月3日 3時49分 100%
約23時間 2018年12月4日 2時05分 76%
約2日と8時間 2018年12月5日 12時05分 21%
約3日と5時間 2018年12月6日 9時16分 14%
約4日と6時間 2018年12月7日 10時37分 7%
約4日と8時間 2018年12月7日 12時ごろ 0%

 

 

UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

明るさ設定は中間で設定して使っていました。
お風呂以外は常に腕につけていました。
腕を持ち上げると画面がON。
その状態で4日+αというのはなかなか良い結果になったと思います。

メーカー公称値は7~10日ですが、これはちょっと誇張しすぎなように思えます。
この日数持たせるためには、明るさ最低、腕を持ち上げたときに画面ON設定をOFF、通知表示もOFFなどにしないといけないと思います。
逆に極限まで省電力設定にすればそのくらい持つポテンシャルは秘めていると思います。
使いやすい設定にしても4日くらいは持つというのはかなり良い結果です。

Apple Watchでさえ、良くて2,3日なので、かなり良い結果ということがわかります。
お値段は1/16以下ですからね。
Twitterの通知も教えてくれますし、腕を上げたら画面がついてくれますし、睡眠時間の計測も想像以上に正確でした。
腕につけていれば、勝手に寝たかどうか検知して、計測してスマホアプリを立ち上げて同期してあげれば、スマホに読み込まれます。

オーダーメイドレベルで腕にフィットするので、寝ているときも気になりませんでした。
金属バンドでここまでフィット感の良い腕時計はなかなか無いので、つけ心地を気にする人にも良いかもしれません。

次回は、その他検証情報をまとめてみようと思います。

 

目次

【目次】UMIDIGI スマートウォッチ UWatch

コメント