ZTE nubia Xのスペック情報と特徴まとめ

Nubia-X-サムネイル

ZTE nubia Xのスペックと特徴をまとめました。

Androidは革命が起こっている

最近、Androidスマートフォンは凄いことになっていますね。
Vivo NEX Sの画面指紋認証から始まり、インカメラが飛び出るFind XやXiaomi Mix 3。
そして、次は背面にセカンドディスプレイを搭載し、インカメラを廃止したスマートフォンが登場しました。

その名も、ZTE Nubia X(エックス)!

 

ZTE nubia X

【AliExpress】ZTE nubia X

 

スペック

基本情報
製品名 ZTE nubia X
発売日 2018年11月
OS Nubia UI 6.0
(Android 8.1)
Antutu 約275,000点
デザイン
本体サイズ 73.3 x 154.1 x 8.4 mm
┣ 重量 181g
┣ 材質 背面ガラス
┗ カラー ブラック
ブルー
バイオレット
画面サイズ 6.26インチ
背面:5.1インチ
┣ 解像度 2280 x 1080 px
背面:1520 x 720 px
┗ 比率 19:9
その他特徴 ゴリラガラス3
Dolby サラウンド7.1
ハードウェア
CPU Qualcomm Snapdragon 845
┣ 周波数 4×2.8 GHz Kryo 385 + 4×1.8 GHz Kryo 385
┗ コア数 8
GPU Qualcomm Adreno 630 710MHz
RAM 6GB
8GB
ROM 64GB
128GB
認証センサー 側面指紋認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 非搭載
3.5mm Jack 非搭載
付属品 スマートフォン
Type-Cケーブル
SIM ピン
マニュアル
充電器
カメラ
アウトカメラ 1600万画素
2400万画素
┣ センサー 不明
不明
┗ F値 f/1.8
f/1.7
インカメラ なし
┣ センサー
┗ F値
その他特徴 背面にディスプレイがあるため、アウトカメラが実質インカメラの機能を持つ
通信
対応バンド 4G LTE
B1 (2100), B3 (1800), B4 (1700/2100 AWS 1), B5 (850), B7 (2600), B8 (900), B20 (800), B34 (TDD 2100), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500)
3G
B1 (2100), B2 (1900), B5 (850), B8 (900), B34 (TD 2000), B39 (TD 1900+)
2G
CDMA BC0 (800), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)
┣ SIMタイプ Nano SIM x2
┗ DSDS 対応
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.0
GPS A-GPS
Beidou
GLONASS
GPS
バッテリー
バッテリー容量 3800mAh
急速充電 Quick Charge 3.0
9V 2A

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
     
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

ZTE Nubia Xは革新的な背面ディスプレイを搭載した、完全ベゼルレスディスプレイ搭載のフラッグシップスマートフォンです。

 

CPU

CPUは最上位のSnapdragon 845が搭載しています。
あらゆるアプリがサクサク動作するため、困ることはまずありません。

 

メモリ

メモリは、RAM6,8GBとROM64,128GBモデルと大容量です。
microSDカードスロットは非対応なのは残念ですね。

RAM ROM メモリ

 

ディスプレイ

最大の特徴はディスプレイです。
今までにはあり得なかった、前面だけでなく背面にもディスプレイが搭載しています。

 

そのため、ケースを買える感覚で、背面のデザインを変えることが可能です。

 

イベントに合わせて、お好きな文字を表示させることも可能です。

 

背面もタッチディスプレイなので、ゲームなどでL,Rボタンに割り当てて使うということも可能なようです。

 

カメラ

ZTE nubia Xにはインカメラが存在していません。
背面にもディスプレイが付いているため、アウトカメラが実質インカメラの役割を果たしてくれるのです。
そのため、自撮りする際も超ハイスペックなカメラで撮影が可能となりました。
これは素晴らしいアイデアですよね。

 

バッテリー

バッテリー容量も大容量の3800mAhです。
ディスプレイを2枚備えているのに、バッテリーはケチっていないというのは素晴らしいです。
厚みも、普通のスマートフォンとほとんど変わらない8.4 mmですし、横幅も73.3mmと想像以上に細いため、持ちやすいでしょう。

 

セキュリティー

指紋認証センサーは側面に搭載しています。
そして、なんと左右にそれぞれ指紋センサーが搭載しているのです。
2本の指で認証を行うため、通常よりも更に高いセキュリティー効果が見込めるということです。

左右それぞれ、ホームや戻るボタンを割り当てて使うことも可能です。
両サイドを同時押しすることで、ディスプレイを切り替えることも可能とのことです。

 

OS

OSはAndroid 8.1をベースにしたnubia UI 6.0+ETというものが搭載しています。
使い勝手はAndroidとほとんど同じなので、使う上で困ることは無いでしょう。

 

筐体

カラーは全部で3種類です。
現在はまだブラック色しか予約開始していないようです。

 

こちらが、少し明るめのブルーカラーです。
筐体は光沢感の強いガラスパネルなので、非常に高い高級感を感じられます。

 

濃いめのバイオレットもかっこいいですよね。

 

動画

結局Androidの大勝利。敗北を知りたい【ZTE nubia X】

 

ネット上の声

  1. 電車で児童ポルノを見てて、間違ってボタンを押して反対側に表示されちゃう事故が起こりそう
    >>それ私も思ったww
    >>両方の画面に同じ映像を同時に表示させることはできないと思いますから、その心配はないと思いますよ。
  2. Appleは指紋センサーを取り除き、Nubiaは更にセンサーとディスプレイを追加しました。Appleは次、画面を削除するのかな?
    >>ww
  3. 画面が1つ割れても、もう一つ予備があるので問題ないですねw
    >>しかし、画面が割れる確立は2倍になります。
  4. 最近Samsungが折り曲げるスマホを発表したが、この電話も新しいレベルでクレイジーだぜ!
  5. 一見すると、奇妙に見えるかもしれませんが、ノッチがあるよりも遥かに優れていますね。
    >>そのとおりだね
    >>スライドして飛び出すインカメラは画質が悪いから、こっちのほうが良いね。

 

ポイント

良い点

  1. 超ハイスペックなCPU
  2. カメラスペックが高い
  3. セルフィーも高画質のレンズで撮影可能
  4. 背面ディスプレイという最先端の技術が楽しめる
  5. 両サイド指紋認証
  6. 美しすぎる筐体
  7. 大容量のRAMとROM
  8. バッテリー容量も大きめ(3800mAh)

気になる点

  1. お値段はそこそこ
  2. ケースの種類は少なそう
  3. docomoプラチナバンド非対応

 

まとめ

最近は、Androidの進化が目まぐるしいですが、それらを覆すような革新的なスマートフォンですね。
インカメラが飛び出るスマホたちも素晴らしく良いですが、こちらのほうが実用的な気がします。

CPUスペックは最高レベルなので、困ることはないでしょう。
最近はゲーミングスマホなども出てきたので、それと比べると冷却性能は劣ります。
とは言っても、体感できるほど困ることはまず無いと思います。

カメラはフラッグシップモデルとしては十分なスペックが搭載しています。
夜間の撮影はiPhoneXsの方が若干明るく撮影ができるようです。
インカメラ性能はそのままアウトカメラが使えるので、他のスマホと比べても圧勝すると思います。

背面には、実用レベルの大きなサブディスプレイが搭載しています。
背面デザインを自由に変更して遊んだり、前面ディスプレイと同じ様に使えるらしいのですが、実際使う用途としては自撮りする際のミラー代わりでしょうね。
それ以外で、あえてこちらを使うメリットは無い気がします。
セルフィーだけが取れれば良いのであれば、ディスプレイはもっと小さくても良い気がしますが、ハイスペックなアウトカメラで自撮りできるというのは素晴らしいですね。

筐体の品質は光沢感のあるデザインなので、とてもかっこいいです。
ガラス製なので、落としたらすぐ割れそうですが、ケースの種類は少なくなりそうですね。
すでにケースは発売されているらしいのですが、どこで買えるのかはわかりません。

Badn19非対応という点と、お値段がそこそこするので、コスパ最強とは言えませんが、今後背面ディスプレイ搭載かつインカメラ排除は普及しそうな気がします。

店舗 商品 価格
Amazon ZTE nubia X
GearBest ZTE nubia X
TOMTOP ZTE nubia X
geekbuying ZTE nubia X 78,095円
AliExpress ZTE nubia X 66,944円

コメント