1万円でダイソンを買う方法【Dibea C17 , 中華ダイソン , 開封レビュー】

中国のダイソンと呼ばれているDibeaから新型のコードレス掃除機が発売されました。
本場のダイソンは一番安いモデルが4万円しますが、Dibea C17はたったの1万円で買えちゃいます。

GEAR BEST

中華タブレットを買うならまずはこのサイト!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

【GearBest】トップページ

 

Dibea C17

中国のダイソンと呼ばれているコードレス掃除機です。
本場ダイソンの様なメタリックでかっこいいデザインなのにも関わらず、お値段は格安です。
中国だけでなく、アメリカ、ヨーロッパで絶大な人気があります。
そして、最近は日本でも注目を浴びています。

【GearBest】Dibea C17

Dibea C17 現在価格

 

スペック

製品名 Dibea C17
レッド
パワー 120W
バッテリー リチウムイオン
バッテリー電圧 22.2V
バッテリー容量 2200mAh
充電時間 4時間
連続使用時間 弱:40分
強:25分
ゴミタンク容量 350ml
吸い込み力 強:7000Pa
弱:4000Pa
吸い込み方式 サイクロン方式
ノイズ 65dB以下
サイズ 69.00 x 15.50 x 20.00 cm
重量 2.3kg
付属品 掃除機本体
長い棒部分
モーターヘッド
ノズル
ブラシ
収納ブラケット
ACアダプター
コンセント変換(EU,US)
マニュアル(英語)
発売日 2017年7月

 

開封

Dibeaの掃除機は初めてなのでとても楽しみです。

Dibea C17 開封レビュー (1)

 

パッケージは日本の掃除機でもありそうな感じですね。

Dibea C17 開封レビュー (2)

 

そして、段ボール箱を開けると、更にキレイなパッケージが入っていました。
激安掃除機なのに、ここは素晴らしいですね。
今後更に成長して、ILIFEのような存在になる気がしてきました。

Dibea C17 開封レビュー (3)

 

そして、Dibeaのロゴもなかなかおしゃれに見えてきました。

Dibea C17 開封レビュー (4)

 

パッケージ全体のデザインもしっかりとされていますね。
型番はC17というモデルです。

Dibea C17 開封レビュー (5)

 

Dibeaは一つ前のモデルのDibea F6というモデルから一気に有名になりました。
前モデルと比較して、製品のクオリティー、パワーアップがされています。

Dibea C17 開封レビュー (6)

 

早速開封です!
そして、こちらも完璧なほどにしっかりと梱包されていますね。

Dibea C17 開封レビュー (7)

 

すべてのパーツがしっかりと緩衝材で梱包されています。

Dibea C17 開封レビュー (8)

 

更に、書くパーツ毎にしっかりとビニール袋に包まれています。
これなら、このまんまヤマダ電機で売ってもクレーム一つ出ませんね。

Dibea C17 開封レビュー (9)

 

各パーツをチェックしてみましょう。

これは、ブラシ付きノズルです。

Dibea C17 開封レビュー (19)

 

吸引口は広がっています。

Dibea C17 開封レビュー (20)

 

ブラシは硬めのしっかりとした物となっていました。
また、根本は回転させて向きを変えることが出来るようになっていました。

Dibea C17 開封レビュー (21)

 

こちらは、モーターヘッドです。
ロゴをダイソンに変えてしまえば、もはやダイソンですね。

Dibea C17 開封レビュー (22)

 

そして、ダイソンと同様にブラシもカラフルになっています。

Dibea C17 開封レビュー (23)

 

コードレス掃除機の多くは回転ブラシ(モーターヘッド)が付いていないものが多いですが、これには付いています。

Dibea C17 開封レビュー (24)

 

かっこいいですね。

Dibea C17 開封レビュー (25)

 

根本はグルグル柔軟に曲がるので、細いところもクイクイッと曲げて掃除することが出来ます。

Dibea C17 開封レビュー (26)

 

この価格でこのクオリティーは凄いです。

Dibea C17 開封レビュー (27)

 

ブラシ面はこんな感じです。

Dibea C17 開封レビュー (28)

 

ブラシもしっかりとしていますね。

Dibea C17 開封レビュー (29)

 

こちらは、すき間ノズルです。

Dibea C17 開封レビュー (30)

 

差し込んでロックされる機構になっています。

Dibea C17 開封レビュー (31)

 

先端はこんな感じです。
この横にちょびっと溝が入っているのは、空気を逃がすためです。
これがないとカーペットなどにピタッと吸い付いてしまい、掃除がしづらくなってしまうので、こういった一工夫は考えられているなと、思わされます。

Dibea C17 開封レビュー (32)

 

こちらは、収納ブラケットです。
地面においてもいいですが、ダイソンと同様に壁にネジで取り付ければ、おしゃれに壁掛けすることができちゃいます。

Dibea C17 開封レビュー (33)

 

この品質もいい感じですよね。
2つのアタッチメントを取り付けるソケットもついているので、アタッチメントの置き場所に困ることもありません。

Dibea C17 開封レビュー (34)

 

裏面はこんな感じで、ネジは4箇所で止めることが可能です。

Dibea C17 開封レビュー (35)

 

ネジも付属してきて、1本予備がついてきました。

Dibea C17 開封レビュー (18)

 

一つ残念なポイントはコンセントが海外仕様という点です。

Dibea C17 開封レビュー (37)

 

電圧は日本でも問題なく使えます。

Dibea C17 開封レビュー (36)

 

そして、変換アダプターも付属しているので、これで問題なく使えます。

Dibea C17 開封レビュー (16)Dibea C17 開封レビュー (17)

 

こちらは、メタルチューブと呼ばれるホースです。

Dibea C17 開封レビュー (38)

 

ロック機構がついているので、自然と外れることはありません。

Dibea C17 開封レビュー (39)

 

差し込むと自動でロックされ、ボタンを押して引っ張ると抜けます。

Dibea C17 開封レビュー (40)

 

モーターヘッドに電気を送るところも付いています。

Dibea C17 開封レビュー (41)

 

メタルチューブというだけあって、アルミ製だと思われます。
触るとひんやりします。

Dibea C17 開封レビュー (42)

 

差し込む方向は決まっています。

Dibea C17 開封レビュー (43)

Dibea C17 開封レビュー (44)Dibea C17 開封レビュー (45)

 

そして、こちらがゴミタンク部分です。

Dibea C17 開封レビュー (46)

 

ダイソンと同じ、サイクロン方式を採用しているので、吸引力が衰えず、吸い込み力が持続します。

Dibea C17 開封レビュー (47)

 

ここは取っ手と本体を接続するところです。

Dibea C17 開封レビュー (48)

 

Dibeaの文字がかっこいいですね。

Dibea C17 開封レビュー (49)

 

ダストボックスは下からパカっと蓋を開けてゴミを捨てることが出来ます。

Dibea C17 開封レビュー (50)

 

コードレス掃除機はバッテリー電圧によってパワーが大きく異なります。

7.2V~10.8Vはローエンドモデルと呼ばれ、安い分パワーが弱いです。
14.4V~18Vはミドルレンジモデルと呼ばれ、中くらいのパワーとなります。
21.6V以上はハイエンドモデルと呼ばれ、パワーが強いです。

そして、このDibea C17は、22.2Vなのでハイエンド掃除機に分類されます。

Dibea C17 開封レビュー (51)

 

ダストボックス周りも作りがしっかりとしていますね。

Dibea C17 開封レビュー (52)Dibea C17 開封レビュー (53)

 

ゴミ捨てのフタを開けるとこんな感じ。

Dibea C17 開封レビュー (54)

 

実は、ゴミで呼ぼれるところは、全部簡単に分解できちゃいます。

まずは上の部分を外します。

Dibea C17 開封レビュー (55)

 

次にフィルターを外します。

Dibea C17 開封レビュー (56)

 

驚くことに、フィルターには更にフィルターが巻き付いていました。
マジックテープで固定されていたのですが、このフィルターはすごい便利だと思います。
内側のギザギザのフィルターはゴミが詰まりやすくて、定期的に掃除する時、綺麗にホコリを掻き出すのがほんとうに大変なんです。
それをある程度防いでくれるので、簡易的ですが、この心配りは素晴らしいと思います。

Dibea C17 開封レビュー (62)

 

更に、サイクロン機構部分も外します。

Dibea C17 開封レビュー (57)

 

まるごと洗えるので、衛生的ですよね。

Dibea C17 開封レビュー (58)

 

じゃぶじゃぶ洗えます。

Dibea C17 開封レビュー (59)

 

吸込口部分は、逆止弁構造になっているので、一度吸い込んだゴミが逆流することはありません。

Dibea C17 開封レビュー (60)

 

わかりづらいですが、こんな感じ。

Dibea C17 開封レビュー (61)

 

この中にモーターが入っているのかな?

Dibea C17 開封レビュー (63)Dibea C17 開封レビュー (64)Dibea C17 開封レビュー (65)Dibea C17 開封レビュー (66)

 

もとに戻すときは、ご覧の通り、鍵マークに合わせてはめるだけなので簡単です。

Dibea C17 開封レビュー (67)

 

そして、左に捻って完了です。
このマークがあるだけで、すごい便利なんですが、たまにマークがないようなガジェットもあるんですよね。

Dibea C17 開封レビュー (68)

 

そして、こちらがハンドル部分です。

Dibea C17 開封レビュー (69)

 

ハンドルは考えられた、ちょうどいい太さですね。

Dibea C17 開封レビュー (70)

 

そして、ダイソンの最大の欠点である、疲れるトリガーはDibea C17では採用されていません。
長時間掃除をする際、押し続けなければいけないトリガー式はダイソンユーザーの大半から大不評なんですよね。
その声を何故かDibeaが採用してくれました。

ボタンを押すごとに、OFF→弱→強→OFF、と切り替わります。

Dibea C17 開封レビュー (71)

 

ドッキング部分。

Dibea C17 開封レビュー (72)

 

上部にはライトが3灯付いているんですが、これはバッテリー残量表示です。

Dibea C17 開封レビュー (73)

 

底面にはドッキング機構がついています。

Dibea C17 開封レビュー (74)

 

モーターブラシは本体に直接つなげて使うことも出来ます。

Dibea C17 開封レビュー (75)

 

すき間ノズルを付けるとこんな感じ。

Dibea C17 開封レビュー (76)

 

ブラシを付けるとこんな感じ。

Dibea C17 開封レビュー (77)

 

長いノズルとブラシを付けました。
これで高いところのホコリもバッチリです。

Dibea C17 開封レビュー (78)

 

遠目から薄目で見たら、ダイソンですね。

Dibea C17 開封レビュー (79)

 

ポイント

GOOD

  1. 激安(ダイソンの1/4の価格)
  2. かっこいい
  3. 製品クオリティーが高い
  4. 細かい所に気が利いている
  5. アタッチメントが豊富
  6. 電源ボタンをし続ける必要がない(非トリガー採用)
  7. サイクロン方式を採用
  8. モーターヘッド採用
  9. 22.2Vのハイパワーバッテリー採用

 

BAD

  1. コンセントが海外仕様
  2. バッテリー交換は多分不可能(壊れたりバッテリーがヘタったら終わり)

 

まとめ

これで良くないですか?
ダイソンっていります?
と言うか、逆にダイソンって高すぎじゃないですか?

ダイソンで出来ることは、Dibea C17でも全部出来ます。
なぜなら、どちらもただ、ゴミを吸い込むだけですから。
4万円とか6万円出してまで、ゴミを吸い込みたい人もいるかもしれませんが、1万円で吸い込めるなら安いほうが良いですよね。

かっこいいデザインで、吸い込み力が衰えない掃除機と
かっこいいデザインで、吸い込み力が衰えず、安い掃除機なら、どちらが良いですか?

ロボット掃除機を買うなら、ILIFEでほぼ決まりですが、コードレス掃除機はDibeaで決まりの時代が来ちゃいましたね。

次回は、実際に使ってみた様子を動画にしてご紹介しようと思います。

【GearBest】Dibea C17

【GearBest】トップページ

 

つづき

【Dibea C17 , 中華ダイソン , 開封レビュー】レビューまとめ

コメント