Oculus Rift , HTC Viveは今買うべきではない最大の理由!最新のVRヘッドセットがついに登場!【PIMAX 8K】

クラウドファウンディングの最大手である、KickStarterにて現在出資受付中のPIMAX 8Kが凄いことになっています!

開始数時間で1億円の出資を集め(目標は2000万円)、現在も増え続け、現在2億円を突破しました。

この凄すぎるVRヘッドセットのスペックなどを主要なVRヘッドマウントディスプレイと比較してみました。

VRヘッドマウントディスプレイとは?

VRヘッドセット、VRHMDといろいろな呼び方がありますが、パソコンと接続して使えるハイスペックなVRヘッドセットのことを言います。

スマートフォンを装着して遊ぶものは、VRゴーグルなどと呼ばれていますが、それとは比較にならないほどハイスペックになっているため、VRを完璧に楽しむためにはこちらのVRHMDは必須のガジェットです。

VRHMD

 

 

有名VRヘッドセットと比較

みなさんが想像するVRヘッドセットといえば、Playstation VR、Oculus RiftそしてHTC Viveですよね。

PIMAX 8Kがどれだけ凄いかをスペック表にしてまとめてみました。

【KickStarter】PIMAX 8K

  PIMAX 8K PIMAX 5K Playstation VR Oculus Rift HTC Vive
値段

ヘッドセットのみ
499ドル
(約57,000円)

全部セット
799ドル
(約90,000円)

ヘッドセットのみ
399ドル
(約45,000円)

全部セット
699ドル
(約79,000円)

ヘッドセットのみ
48,578円

50,000円
全部セット

84,110円
全部セット
解像度 7680×2160
(3840×2160 x2)
5120×1440
(2560×1440 x2)
1920×1080
(960×1080 x2)
OLED
2160×1200
(1080×1200 x2)
有機EL
2160×1200
(1080×1200 x2)
有機EL
リフレッシュレート

90Hz
Brainwarp時180Hz

90Hz
Brainwarp時180Hz

120Hz, 90Hz 90Hz 90Hz
応答速度

15ms

15ms  記載なし  記載なし 記載なし
同梱物 コントローラーx2
カメラx2
コントローラーx2
カメラx2
イヤホン
プロセッサーユニット
カメラ
Xbox Oneコントローラー
トラッキングカメラ
Oculus Remote
コントローラー x2
ベースステーション x2
視野角 200度 200度 100度 110度 110度
ヘッドフォン アンロックで付属 アンロックで付属 イヤホンのみ 3Dヘッドホン一体型
(着脱可)
イヤホンのみ
位置トラッキング あり  あり PlayStation Camera 赤外線カメラ付属 Lighthouse
最大対角線5m
ハンドトラッキング あり  あり PS Move コントローラー
(別売 1個5,378円)
Oculus Touch
(別売 23,800円)
SteamVR コントローラー
(付属)
動作マシン
(別売り)
10万円以上目安  10万円以上目安 PlayStation 4
(税別29,980円)
Oculus Ready PC
(10万円以上目安)
SteamVR Ready PC
(10万円以上目安)
プラットフォーム PIPlay
Steam VR
Oculus Home
PIPlay
Steam VR
Oculus Home
PS Store Oculus Store
Steam VR(一部)
Steam VR

 

▼出資額の到達金額ごとにおまけがついてくるみたいです。

KickStarter での目標

 

Playstation VRは別物

正直Playstation VRはVRヘッドセットと言っても完全に別物です。

別売りのハンドトラッキングセンサー付きのコントローラー(両手に持つ棒状の物)はありますが、ほとんどのゲームは通常のゲームコントローラーで操作することを前提に作られています。

そのため、本来のVRの面白さである両手を動かしてWiiやSwitchのリモコンのように遊ぶと言った使い方は出来ません。

 

Oculus RiftやViveで言われていた弱点

解像度が荒い

やはり言われてきたのは、映像が荒いというところです。

FHD(フルHD)に対応していると言っても、目の近くで液晶を見ることになるため、ドットがどうしても見えてしまいます。

画面が荒いと、リアル感が損なわれてしまいますし、酔いの原因にもなります。

▼見て分かる通り、圧倒的に綺麗ですよね。

PIMAX 画面の綺麗さ

 

画角が狭い

スマートフォンを差し込むタイプのVRゴーグルの画角は90度です。

Oculus Rift 、Viveはそれよりも広いですが110度しかありません。

そして、人間の視野角は片目それぞれ約100度、両目で200度くらいあります。

そのため、Oculus ,Viveだと視野角全部をカバーすることが出来ません。

 

しかし、PIMAX 8Kは驚きの200度の画角があるため、人間の視野すべてをカバーすることが出来るのです!

これだけでも、購入する理由としては十分すぎますよね。

▼110度の画角だとこれくらいですが。

PIMAX 8K の視野角 (1)

 

▼200度になるとこれほどまで広くなります。

PIMAX 8K の視野角 (2)

 

高いリフレッシュレート

PIMAX 独自の機能として左右のリフレッシュレートタイミングをずらすことで、擬似的に高速なリフレッシュレートを実現させることが出来る技術が搭載しています。

リフレッシュレートと言うのは1秒間に何回画像が切り替わるかを示したものです。
数値が高いほど、映像がヌルヌルに動いてくれて、酔いづらくなります。

通常のVRヘッドセットのリフレレッシュレートは90Hz(1秒間に90回、画像が切り替わる)です。

PIMAXはこのBrainwarp技術を用いることで、150~180Hzという驚異的なリフレッシュレートを実現することが出来たとのことです。

Brainwarp

 

コンテンツ

基本的に、Oculus Riftは、Oculus HomeとSteam VR(一部)コンテンツに対応しています。

Viveは、Staem VRコンテンツにしか対応していません。

しかし、PIMAXに関しては、どれにも対応しています。

これって凄いことで、例えるなら、PS4独占タイトルも、Xbox 360独占タイトルもどちらも遊べるということなのです。

VRコンテンツ

 

アウトサイド-イン、インサイド-アウトに対応

Oculus Rift ,Viveはトラッキングセンサーを部屋の端っこに置いて位置情報を取得させます。

PIMAX 8Kも仕組みは同様なんですが、更にインサイドアウト方式も採用しているため、トラッキングセンサーなしでも位置情報を取得させることが出来てしまいます。

カメラを設置して正確な位置情報を取得させることも出来ますし、カメラ無しでライトな感覚で使う事もできてしまうというのは本当に凄いです。

また、このInside-OutのカメラはLeapMotionと同等の機能も有しているらしいで、本当に凄いとしか言えません。

Multiple Tracking Solutions

 

そもそもPIMAXってなに?

世界には謎の企業が沢山あります。

PIMAXというブランドを初めて聴いたことがある人も多いと思います。

実際、本当に信用して良いのか、これほどまでいい情報ばかりで本当なのか心配する人も多いと思います。

しかし、PIMAXとパートナーシップを締結しているブランドは僕達が見たことのある企業ばかりです。

PIMAXが謎の信用できないブランド・企業だったとしたら、このような大手がパートナーとなっているのはありえませんよね。

PIMAX パートナー

 

PIMAX 8Kは三代目

PIMAXというVRヘッドセットは実はこれで3機種目となります。

過去のノウハウが蓄積されて、ついに完成されたVRヘッドセットに到達したということですね。

意外としっかりとした企業だったりするのです。

pimax の歴史

 

動画

▼KickStarter PV

Pimax 8K VR Headset – kickstarter open

 

▼説明(英語)

8K Virtual Reality @ Pimax IFA 2017 !

 

▼デモプレイ

IFA Berlin: Pimax 8K VR (Review in description)

 

▼徹底レビュー・インタビュー(英語)

PROJECTIONS, Episode 24: Pimax 8K VR Headset Hands-on!

 

▼解像度の細かさ

Project car 2 in Pimax 8K VR

 

▼Inside-Outデモ

Hands-On With The Pimax 8K Headset

 

▼アタッチメント等

Coming soon! The World's First 8K VR Headset "Pimax 8k" modular design

 

使った人の感想

海外のPIMAXを使った人の感想を一部まとめました。

 

HTC Viveでスキーゲームをした際は、スキーゴーグル越しに映像を見ている感覚でしたが、PIMAX 8Kはスキーゴーグルなしで見ているように感じました。

Pimax 8K headset first try: Virtual reality has never looked this good

 

8Kの解像度は次世代に感じました。

スクリーンドア効果(ドットの間の黒い隙間)はゼロでした。

オブジェクトは完全にオブジェクトに見えて、エイリアシング(シャギー)もありませんでした。

本当の世界がそこにあるように感じました。

 

PIMAX 8Kを使ったあとに、Oculus Riftに戻ると、前の世代のVRヘッドセットを装着しているように感じました。

iPhoneのRetinaディスプレイを見たあとに、初代iPhoneを見たときのような感覚です。

Pimax 8K VR Review

 

PIMAX 8Kはどうやってもピクセルを識別することは出来ませんでした。

Oculus Rift やViveは識別できました。

Hands-on: PiMAX’s 8K Headset Proves that High FOV VR is Coming

 

 

まとめ

凄すぎる次世代のVRヘッドセットですね。

完全に今までのVRヘッドセットを過去のものにしたスペックとなっています。

VRで欠点と言われ続けてきた、リフレッシュレートや視野角の問題をものの見事に解決しているのは、凄いとしか言いようがありません。

 

重量も軽量とのことですから、長時間装着して使いやすいというのも素晴らしいポイントだと思います。

VRヘッドセットって、使っているとどうしても締め付けのせいで、疲れてきてしまいます。

明確な重量は表記されていませんでしたが、Oculus Rift,Viveよりも軽いとのことです。

重量が軽ければ、それだけ締め付けも軽くすることが出来るので、結果としてつけ心地が良くなります。
※重たいヘルメットよりも軽い帽子の方が軽くて長時間付け続けられますよね。

 

PIMAX 8Kの一番の凄い点は、8Kと視野角200度というところです。

他のVRヘッドセットは4Kも無いのに、それを凌駕する8K搭載というのは、凄いとしか言いようがありません。

これは、まるでiPhoneが発売されたときくらいの衝撃です!

また、視野角が200度と言うのは、完全に3Dグラフィック、VRの世界に入り込むことが出来ます。

人間のしや全てがゲームの世界と言うのはあまりにもすごすぎます!

今までは、ゴーグル越しにVRの世界を覗いている感覚がどうしても拭い去ることが出来ませんでした、それが一気に解決してしまうのです。

 

KickStarterの終了日は2017年11月4日 02:02です。

クラウドファウンディングは実際に製造に失敗して、配送されないリスクもあります。

しかし、PIMAXに関しては、過去にも実績があり、ありえないほど出資者が多く、すでにプロトタイプも完成しています。

そのため、ほぼ確実に配送されると言っても良いかと思います。

時間を開けて、GearBest等で販売されるとは思いますが、特典がとても多いので、KickStarterで出資するメリットも十分にあると思います。

また、KickStarterは日本語にも対応しましたから、投資もしやすくなりました。

 

確実に、今VRヘッドセットを買うなら、Oculus Rift や ViveはやめてPIMAX 8Kにしたほうが良いです。

【KickStarter】PIMAX 8K

コメント